わたしトップローパーになるわ

6/17(土) 曇
10時出発、いや10時半出発?毎週徐々に出だしが遅くなる。そして渋滞。
コンビニ経由で到着13時過ぎ。運よく一台だけスペースあり。
いざ不動沢、今日こそ【黄河】10bがんばる。

エリアに着いてみると荷物広げてるのは2パーティほど。
うち1パーティは先週に引き続きなっちゃん&きな&カネヤンでした。

あんまり時間ないし【おしん】だけで心のアップをこなし、早速【黄河】へ。
まだ片手におさまるくらいしかクラック経験のなかった頃、ガメリンにトップロープ張ってもらってまさかの一撃したルート。(ビギナーズラックって恐ろしい)
で、一昨年今度はすーさんにトップロープ張ってもらって疑似リードしてみたらボロボロだったルート。
去年そこそこクラック頑張ったし、今年はちゃんと自分でセットして登りたいなぁと軽い気持ちでチョイス。
どっちが先に登るかという話になった時も、いや私もうTRで登ってるんだけどあなたOSトライしたくないの?じゃあいいよじゃんけんするくらいなら私が先にやる。なーんて意気込んでトライ。
そして瑞牆トポの「使用カムC#03-4」という表記を信用してC#03-4を1~2個ずつ&ナッツ持ってトライ。

出だし結構やばくね~?なんて言ってたけど見事にナッツきまって一安心、木の生えてるとこまで登って驚愕の事実に気づく。

「あ、これ4番じゃスカスカだわ」
OWセクション見た瞬間絶望したよね。
そうか、瑞牆トポ作った方々はこんなとこプロテクションいらないんですね。そうですか。

一応最下部の一番狭いところに4番きめるも、そこにカムがあると一歩立ち込めず、OWに入り込めない。
でもこれより上にはきまらないし、ここにプロテクションとらないと怖すぎでムリ。

行きつ戻りつして結局惨敗。降りた。

続く少佐はもちろん5番まで持って上がり、苦戦しつつも進んでゆく。
最後のハンド&フィストセクションにさしかかるあたりから大苦戦、テンション。体力の限界だった模様。
とはいえ悪戦苦闘しながらも初見でトップアウト。まじかーーーつえーーー。

いや、
えぇぇぇぇー?
去年ずっと同じことしてきたはずなのに何でこんなに差が開いてるの?私どんだけセンスないの?
私と会う前に瑞浪とかで登ってたとは言うけど、それ言ったら私だってガメリンやクロヒゲに三倉とか小川山とか瑞牆とか連れてってもらってたし!

惨めさと哀しみで、カム全部捨ててやりたいくらい最悪の気分。
這う這うの体で自力トップアウトし、スタックした4番を焦りつつもちゃんと回収した少佐を労う余裕など皆無。

今シーズンほんとひどい。
毎週毎週ものの見事にメンタルえぐられてる。
もうクラックしんどい。
もうやだやめたい。

…と言いつつちゃっかりトップロープでもっかい登りましたけどね!ノーフォールで!
改めてTRとリードの格差を思い知る。

つい先日naoちゃんと女性だけでトラッド登れたらかっこいいよねって話したばかりなのに早くもその週末に男性パートナーの手を借りねば何もできない状況に陥り自己嫌悪。
もういいよ私トップローパーになってやるって開き直ったら少佐に「やめなさいw」と突っ込まれました。ちぇ。

そんな感じで意気消沈どころかドン底の私。
こんだけめんどくさい嫁をもらってなお「そんなに凹むなよぉ~」と笑わせてくれる少佐、神。

なんやかんや遅くなり、下山してすぐ晩ご飯。
平日ご飯は私担当ゆえ週末ご飯は少佐担当、本日はパエリアです。
スペインツアー土産のパエリアの素使ったらしょっぱすぎた。やっぱ少佐お手製が一番美味い。

色々のぼった

6/11(日) 晴時々曇時々雨
二度寝三度寝を繰り返しうつらうつらとしていたら来訪者。
えっ誰っ何っとびくびくしてたらまさかのだいっつぁん。
ヨセミテ土産:おトポ様を持ってくれたのでした。うほほほーい、ありがとうござんした!!!!
普通に買ってきてもらったつもりだったのだけど結婚祝として賜った。う、うれしい。
大切に妄想に励みます。(何この日本語)

さて本日はカサメリ。お久しぶりの志賀ランド。
スラブ修行はマストということで私史上最強に難しかった10a(ただしスポートルートに限る)である【スモモもモモ】から。
OSトライを譲る(というか私はもう終わってる)という名目で少佐にヌンがけを託したところ、若干苦戦しつつも(=ビビリつつも?)無事OS。
続く私も落ちるわけにはいかないので無事リピート…と思ったら帰宅後家で過去の岩場記録を見返して衝撃の事実発覚。

リピートじゃなくてRPでした。

記録ノートには何テンとかじゃなくて「× ひさん」って書いてあった。
どんだけできなかったんだ。笑

続きましては【うら庭にワニ】、こちらは10c。
以前水戸組と来た時は決死の二撃。少佐もOSを逃し、二撃。
私は無事リピートできましたとさ。なんかちょっと成長を感じる。

で、因縁の【ボルドー】12a。
2トライしたけど相変わらずトップアウトならず。少佐は2トライ目でトップアウト。
うーん、やはりバランス系明らかに私より圧倒的に上手くて強いわぁ。
いや、バランス系に限らずか。。。(遠い目)

何やら人気ルートらしく何人もトライしてた。
そんななか混ぜてもらえてありがたや。せめて解決したかった…

移動してモツランドへ。
いそのー、ナッツの練習しようぜ。ってことでほぼ確実に落ちない【モツクラック】5.8でも。
まぁ結局2か所しか使ってませんけど。1つはナッツキーないと外れないくらバチ効き、もう1つは微妙でござった。
要修行やね。

そして〆に選ぶは【ジャガバター】、昨年2人そろってRPして歓喜した10dですね。
これで落ちたら凹むよね、イヤでも登れない気だいぶするわ、と謎の盛り上がり。
結論から言うと2人とも割とサクッと再登完了。
この1年間のモカシム修行効果なのか、未だかつてないくらい足に乗り込めた。
保持力とか花崗岩登攀能力は今だいぶ落ちてると思われるので、要因はそれ以外考えられんぬ。

そんな感じで今後も地道に続けていきましょうかね。

お散歩ボルダリング

6/10(土) 晴れだけど寒いし夜ちょっと降った
安定の9時近く起床、先週と違って軽く渋滞にハマるも3時間くらいで不動沢到着。
駐車エリアほぼ満車、こういう時ちいさい車で良かったと思ふ。

ひとまず【おしん 5.8】で肩慣らし、からの【不動沢愛好会ルート 10a】。
愛好会ルートは私が人生初自分でセットして登ったクラックにも関わらず割と本気で心折れそうだった。

何せ寒い!!!!!

暑いだろうと思ってたから超薄着!

おそらく服装と外気温のバランスで言えば極寒の二子よりキツイ。
あれだね、真冬にbickyが私の部屋で「この部屋南極より寒い」って言ってたのと同じ原理。

せっかくビール多めに用意したのに!と嘆く。(そっちか)
夜のビールをより美味しくするために昼間クライミングしてるというのに何この温まらなさ。

おまけに愛好会ルートの終了点の位置難しくね?!どうやってもロープ超絶スレるよ?!
持てる限りのスリングで延長し、ちょっとでもダメージを減らそうとした結果、そのスリング回収するためにもう一度おしん登る羽目に。

そんなこんなでまたしても【黄河】にたどり着けず。じ、次回こそ…

私3本少佐2本で早々に切り上げ、とはいえまだ明るいのでお散歩ボルダーへ。
マット持ってきてないんで最小限の道具(靴、チョーク、足ふきマット)でぶらぶら。トポすら置いてった。笑

インドラならノーマットでいけるよ(2手くらいしかできないから)ってことでそちら方面へ向かう。
途中いいかんじの岩で落ち着く。

端から順に【ナツメの花】【小藪の細道】【峠の坂道】と登って行き、〆は【穴契約社員】とかいうやつ。
出だし悪い!と1手でソッコー着陸するも次のトライでちょっと耐えたらあっさり登れてしもた。
結論、未だかつてないくらい登りやすい3級だった。笑
しかしこれがOS(あるいはFL)か否かの差・・・相変わらずの一撃能力の低さ。まだまだ道のりは長いぜ。
登れてしまえば簡単系をしっかり一撃できるようにするには何をどう頑張ったらいいんだろか。

この日は日帰り水戸組の星さんやザワミさんたち、夜にはあっこさんにホンダさんという謎の再会があり面白かった。ふんす。

登らない週末と登れない週末

今更更新。

6/3(土) 晴れ
夕方からRickie-Gのライブ@長瀞キャンプ場。

事前のマサさんとのやりとりはコチラ。
マサ「二子も13時までは登れるよ!」
私「あ、うちらのアップが完了する時間ですね!」
早起きする気なし。

なんか知らないけど最近常時お疲れな我ら。
どーせうちらがつく頃には暑いだろ~ってことでがっつり惰眠を貪り、夕方長瀞着。
まさかそんな涼しいなんて…くそぅ。まぁいいや。

ライブ好きの少佐に乗っかっただけの私でしたがどちらかというとライブは快適BGM、メインは酒及びシャチョーの焼いてくれる肉でした。

ちょーーーーーうまかった!

ってよく見たらこの写真肉じゃなくて焚き火やん。

そんなわけで登らない週末。

そして翌日は二日酔いで、登れない週末。

ふんす!!!

ただいま

5/28(日) 晴れ
やってきました、二子に次ぐ思い出の地:太刀岡山。
我らが出会った翌週さっそく2人だけで登りに行ったエリアです。
前回こちら↓
2016年3月5日
まさか次に来る時夫婦になっていようとは。

6時に待ち合わせて(今からは考えられない笑)朝から岩場いたのにずーっと喋ってて昼過ぎに登り始めたな~とか、
中高時代の部活とか弟の歳とか共通点めちゃくちゃ多くてビビったな~とか、
当時少佐は完全にボルダラーの登りで一手一手全力だったな~とか、
帰りのインドカレー屋でGWの青巌峡行き決めたな~とか、
なんかもう色々思い出深いのなんのってもう。

しかしほんと2人とも上手くなったわぁ。
ま、2人とも1トライ目でルートキラー登れなかったあたりまだまだなんだけど。笑

私がこの日登ったのは、
【バーボンを片手に 10b】 珍しくハッピーバーボンではなく正規ライン登ったらガチトライと化した。下部悪すぎる!よく昔のド下手時代に登ったな!昔の方が根性あったんじゃね?!笑
【ハッピーバースデー 11a】 バーボンより登りやすい…笑 中間部でチョークべったりのカンテ部分を使うか否かで悩み、結局無視してカチ保持ってド正対でゴリ押した。いいのかこれで。
【ルートキラー 11c】 1年空いたらもうほとんどオンサイト状態。下部にて謎の保持り倒し。レスト中に力尽きてテンションw 上部でもムーブわからずテンションw しかしこの1年でムーブの修正能力と再現性は格段に上がったので2トライ目はまったく落ちる気配なく再登完了。
【go on the bolt 11d】 むっずい!!しょっぱなからルート名無視してルートキラー寄りに登ろうとするも撃沈!でもボルト沿いに行こうとしても結局撃沈!というわけで無念の1ピン敗退。まじか。笑

最後の11dに関しては私の後にトライしてた人見たらやっぱり「こうなのか?これでいいのか?」と予測したムーブだった。保持って立ちこむしかなかった。
つまりはただの根性ナシ。

んーーやっぱなんだかんだクライミング歴の長さに対してスラブ経験値が低すぎる・・・
どこまで賭けに出ていいかとかしくじった場合どうなるかとかわかんなくてチキってムーブ起こせない。
ぐぬぬ。

少佐はルートキラーRP後にハッピーバースデーFL、ゴーオンザボルトは次回にとっておいた。
まぁ触らずとも私同様スラブが課題なのはわかってるので、帰りの車内は2人反省会。
小川山の10台スラブ登り尽くすなりなんなり対策を打たねば!という結論。

出来なすぎてしんどいけど2人だったら楽しいはずや。うん。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR