最近の大発見

『味噌汁の具は焼き目をつけておくと劇的にウマイ』

正規の大発見ならぬ最近の大発見。

味噌汁作るときの鍋でまず具を炒めると、焼き目の香ばしさやら焼いて水分が飛んだことによる旨みの凝縮やらでとにかく劇的にウマイ。

まぁ味噌汁作るときの鍋はだいたいもう出汁の準備(水+昆布)がスタンバイしてるんだけどね。

そんな時は別のフライパン引っ張り出してでも焼く今日この頃。

だってウマイんだもの。

そんだけ。

ちーーーん

皆様ごきげんよう。
っつってもどうせみんなGWだかなんだかで岩行ってんでしょうね。けっ。超絶渋滞にハマればよい。(極悪人の顔)
私の休みは相変わらず土日だけです。せめて給料もっとほしいわ。やってられん。

昨年からそんな会社にいるわけで、しかも移籍前には聞かされてなかった話だもんで、まぁ初年度は非常に憤慨しましたけれど。

今年はなんと!
先週!

ギックリ首になりました!(゚∀゚)ワーオ
クライミングどころか日常生活に支障!

ある夜ドライヤー使用中、顔にかかった髪をふりほどこうと首振った瞬間なりました。
気のせい…これはきっと気のせい…と言い聞かせるように寝るも翌朝全然気のせいじゃないと知る。
そして普段たいした仕事ないくせによりによってそういう日に絶対休めない案件。もう悲劇。

どうやらギックリってのは歳とか運動不足とか関係なく、なる時はなるようです。
高校生の頃ギックリ腰になったよーなんて人もいました。
あなどりがたし。

そんなわけで、天気良かろうが休みがなかろうが昨年に比べると心穏やかに過ごしております。
そう考えると改めてクライミングって精神衛生上よろしくない趣味よねw

…と言いつつようやく治ってきたのでせめてカレンダー通りの休み(木金)くらいほしかったなぁ…遠い目…

ひとあし早めの

なんか気づいたら毎週末予定が…
この週末は土曜歯医者の日曜記念日レストラン。

記念日レストランはアニヴェルセルで挙式した人限定のイベント。
毎月1回しか開催されないんだけど、4月は我らの入籍記念日のちょうど1週間前。てことで一足お先にお祝いしちゃおうか~と申込み。
だいたいの人は挙式した翌年同月に行くんだろうけど、なかには挙式翌月に行く人もいるとか。
まぁ行って納得だよね~こりゃすぐ行きたくなるよね~。
3分の1くらいは子連れで来てて驚き。キッズスペース完備だし食事中は常に式場スタッフさんが子供たちの相手してくれてるしホント凄い。小っちゃい子連れてフレンチフルコースとかそうそう行けないよねきっと。これは良い試みだなぁとほっこりした。

さて、まずは受付にて空欄だらけの手紙らしきものを少佐と私それぞれに渡される。
なるほど、これ書くために開始時刻よりだいぶ早めの集合時刻だったのねw

半分くらい書いたところで、懐かしのチャペルで記念撮影のお時間。

いやぁ手汗かいたなぁ。

プロのカメラマンが撮ってくれて、帰り際お土産として担当プランナーさんからの手紙とともに渡されました。おぉ、嬉しい。
手紙の残りは他の夫婦の撮影中に書き上げた。

そして挙式当日の流れさながらのガーデンパーティへ。
正直当日はガーデンパーティ満喫する時間全然なかったのでテンションあがったぜ。車で来たのでノンアルで我慢というのが唯一つらいところ。次回は電車で行こう。

ヒマワリの種が入ったバルーンリリース。綺麗やの~。

なんか挙式当日というより式場見学を思い出した。笑
うちらナイトウェディングだったからなおさらね。
あれはあれで綺麗だったけど、明るい時間帯もまた良いね。

からの披露宴会場にてディナー。
会場はフランス館とイタリア館とあるんだけど、今回は懐かしのイタリア館。
とはいえ当日ゆっくり内装見てる余裕皆無だったから、「うちらの時もこんな感じだったっけ?」「さぁ、天井見てる余裕なんかなかったからな…裾踏まないようにすることに全力注いでたし」ていう夫婦の会話。

食事開始前にさきほどの手紙を交換。
私マジメに書いたのに少佐ネタに走っとるwらしさ出すぎw盛大に笑かしてもらいました。

さて、ディナー内容は記念日レストランオリジナルのフルコース。
なんと毎年毎月メニュー変えてるらしい。なんたる探究心…!え、毎月来いってこと?(言ってない
フレンチのフルコースとか全然慣れてないから料理と料理の間そわそわしてた。
新郎新婦にとってはあんなにあっという間だったというのにw

それでは2018年4月の記念日レストランメニューをご覧ください。






どうです。美味しそうでしょう。美味しかったですよ。(ドヤァ)
ただ馬鹿正直に言えば私たちの挙式で選んだコースには遠く及ばぬ…あぁもっかいあれ食べたいマジで。
弟たちの挙式に期待w是非アニヴェルセルでw

帰り際になんと式場見学の時に説明してくださったスタッフさんがあいさつに来てくれた。びっくり!色々お話してほっこり。
しかも手土産として先ほど言及した写真&手紙に加え、記念日レストランオリジナルのマグカップ、口コミプレゼントの今治タオルまで頂いた。
あの食事にあの雰囲気、スタッフの対応、そしてこのお土産たちであの値段はもはや安い気すらしてくる。

担当プランナーさんと会えなかったのは残念だね~と言いつつ帰り支度。
車内から見上げた建物が綺麗で窓開けて撮影にいそしむ私。

これ(夜景)見ると準備やら当日やら思い出すね!

するとこちらに向かって走ってくる人影が…

担当プランナーさんじゃないか!!!
我らが赤いチョロQを見つけて走って来てくれたらしい。
え~嬉しい。急いで車から降りてしばし談笑。
良かったわぁ謎に夜景撮影したりして。笑

そんな感じで100%満喫した記念日レストランでしたとさ。
アニヴェルセルで挙式して大正解だったな。

コビメシレシピメモ1

先週末はついにクーラーを設置しました。
というわけでまたも引きこもりでした。

登りもせず何やっとんじゃ、って、料理です。
ネタがたまりにたまったので記録してゆくよ。

☆鍋・スープ編
★トマトモッツァレラ鍋
材料…トマト缶、トマト、キャベツ、にんじん、玉ねぎ、ブロッコリー、マッシュルーム、ヤングコーン、かぼちゃ、アボカド、ソーセージ、モッツァレラチーズ
コメント…とりあえずトマトとモッツァレラがあれば後はなんでもよい

★とろろ鍋
材料…鍋の具材、長芋
コメント…だいたいの鍋にとろろがむちゃくちゃ合うことを発見した

★ピェンロー

材料…白菜、干し椎茸、鶏モモ、豚バラ薄切り、春雨、ごま油、塩、一味
手順…干し椎茸を多めの水に半日~一晩浸ける→火にかける→白菜の白い部分(繊維に垂直に細切り)投入→鶏モモ(一口大)投入→ごま油投入→豚バラ薄切り投入→白菜の緑の部分(ざく切り)投入→ごま油投入→茹でた春雨投入→ごま油投入
食べ方…取り皿にスープをとり、やや多めの塩と一味をとかす。これをつけダレのようにして食す。シンプルイズベスト!余計な物は入れない!写真イマイチだけど衝撃の旨さ。

★エスニックスープ

材料…大根細切り、干しエビ、おろししょうが、おろしにんにく、ナンプラー、鶏ガラスープの素、スイートチリソース、酢、レモン汁、牛乳:水=1:5、ラー油
手順…ラー油以外の全てを煮込み、器によそってからラー油たらす
コメント…元のレシピは大根じゃなくてもやし

★BCS

材料…ザワークラウト、玉ねぎ薄切り少々、ベーコン、胡椒
手順…全部煮込む
コメント…ベーコンキャベツスープの略

★かぼちゃのカレースープ
材料…かぼちゃ、玉ねぎ、生姜、カレー粉、コンソメ、バター
手順…ざく切りかぼちゃ、薄切り玉ねぎ、すりおろし生姜をバターで炒める→カレー粉をふる→水とコンソメ投入→かぼちゃをフォークでつぶす
コメント…甘いだけのかぼちゃスープに飽きたら是非

★白菜と煮干のスープ

材料…白菜、煮干、青唐辛子、油、味噌、しょうゆ、にんにく、米粉or米のとぎ汁
手順…白菜を茹でたあと手で縦にさいて味噌+おろしにんにくで和える→ちぎった煮干を炒め、醤油加え、さっきの白菜と小口切り青唐辛子も加える→水と米粉orとぎ汁を加えて煮込む
コメント…めんどくさくて白菜茹でる工程飛ばしたらイマイチだった。レンジ加熱でもいいから先にくたっとさせておくべし。

★大根坦々スープ
材料…大根、豚ひき肉、ザーサイ、にんにく、ねぎ、しょうが、豆板醤、練りごま、酢、ラー油
手順…ひき肉を炒め、出てきた脂でにんにく・ねぎ・しょうがのみじん切りを炒める→水投入→千切りピーラーで麺みたいにした大根、細切りにしたザーサイ、豆板醤を加えて煮込む→練りごまをとかし、酢を加え、ラー油たらして完成
コメント…なにこれ超うまい。

★その他
モツ鍋にユズスコ。
おでんにトマトと手羽元。
茄子と舞茸としめじの味噌汁、最初にオリーブオイルで炒めてから水加えたら美味だった。

まただよ

ラーメンネタ。
と言ってもこの週末は出張帰りでお疲れの少佐を残置して前職の後輩とランチしたりエアコンのついてないボロマンションの部屋をどうにかすべく家電量販店行ったりしただけなので過去のネタ。

場所は私がこよなく愛する吉祥寺。
店は「麺Dining セロリの花」https://www.matsuyafoods.co.jp/shop/serori/kichijouji.html
まさかの松屋フーズグループとな。

食べたのは以下。
品数多いのは既に2回来店済だからですw

モッツァレラトマトスープ麺¥680

チーズフォンデュトマト麺¥680

海鮮トマトスープ麺¥830

これらに
茄子チーズリゾットセット¥200
ベーコンチーズリゾットセット¥200
とかを追加したり。
あと写真ないけど塩トマトタンメン¥540

どれも無添加、野菜の旨みを活かす系。
特にタンメンは少佐が絶賛しておった。分けてもらったけど確かに絶品!余計な味付けは皆無、野菜それぞれの美味しさを余すところなく引き出してる。歯ごたえもしっかり残ってるし。まさか外食でこんなにも我が家の味に近いものが食べられるなんてと衝撃。
看板メニューのトマト麺ももちろん文句なしの美味しさ。写真で伝わらないくらい実物は赤くてどろっとしてます。

たまには理系らしさを発揮してみると…
うま味成分と言えばグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸。
ほとんどの日本人が大好きであろう昆布出汁のうま味成分はグルタミン酸。
そしてトマトは熟すに従いグルタミン酸が増加、更に加熱調理で増加するらしい。
そりゃートマト麺美味いと感じるわけだよ。チーズもグルタミン酸豊富だからもうグルタミン酸祭りだよね。あまりにグルタミン酸グルタミン酸書きすぎてゲシュタルト崩壊起こしそうだよ。

さらにつっこんだ話をすると、うま味の相乗効果が発揮される組み合わせはアミノ酸系×核酸系、つまり「グルタミン酸×イノシン酸」「グルタミン酸×グアニル酸」。(グルタミン酸はアミノ酸、イノシン酸・グアニル酸は核酸)
イノシン酸は肉や魚、グアニル酸はきのこ類に多い。だから昆布×煮干or鰹節とか、昆布×椎茸で出汁をとるわけですね。
ただ、ここの店のトマト麺で相乗効果まで出しちゃうとうま味が強すぎてくどくなるんじゃなかろうか。
とか言ってトマトスープ作る段階で肉魚きのこ使ってないかどうかは定かではないんですけども。多分使ってないと思うけどなー…まぁなんでもいいや美味いから。

ところでリゾットセットというと某生ハムフロマージュの悲劇を思い出すけど、案ずることなかれ。
こちらは某生ハムフロ(略)と違って塩分控えめだから麺食べながらスープもごくごく飲めちゃう=残スープ量とご飯のバランスおかしくならないし、何よりトマトをふんだんに使ってるおかげかスープがとろっとしてるのでご飯によく絡むし、さらにリゾットセットはご飯だけじゃなくちゃんとチーズもセットなのでちゃんとリゾット感が出るし、さらにさらに茄子orベーコンも入ってるんだからもう最高よねー。
ま、一言でいうと「某生ハ(略)、ちょっと一回ここの食ってみろ」って感じですかねぇ。馬鹿舌さんにはこの良さがわかんないかもしれませんけどねぇ。うふふ。

先日「モッツァレラトマトスープ麺+モッツァレラトッピング+おろしチーズトッピング、茄子チーズリゾットセット」と注文したのになぜか「「モッツァレラトマトスープ麺+モッツァレラトッピング+茄子トッピング、茄子チーズリゾットセット」が出てきた時は正直どうしようかと思ったけど美味いので多少のミスには目を瞑ることにしましたw

ていうくらい美味かったっす。また行きたいから2回目の来店でポイントカード作った。最初に作れよっていう。笑
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
生活クラブ
Amazon
ICI石井スポーツ
A&Fオンラインストア
カリマー
アウトドア用品宅配買取
楽天
QRコード
QR