2017年振り返り

今年の目標なんだったかなと年始の投稿を読み返してみたらそもそも目標立ててなかった。
うん、まぁ正解だよそれどころじゃなかったから。

1月
登り初め3日という意識の高さ。唐獅子核心までノーテンとか調子良かったのね。
穴ムジ触り始める。

2月
城ヶ崎にてありちゃん主催のクライマー新年会。あ、キャデラック触ってる…(遠い目)
足切れてオワタと思ったトライでのエアーダンスRPが印象深い。

3月
人生最強に登れまくったスペインツアー。移動込み(しかもロシアの陰謀に引っかかったしw)で10日間と思えないくらいの大充実。帰国後、あんだけ苦労してた穴のムジナをRP。私生活に手を出す。
そして新卒入社した会社を辞め、休みも給料も激減する悲しい転職。しかしそれと引き換えに少佐との暮らしを手に入れた。
それに伴い愛車VEZELを手放した。

4月
記念すべき少佐の好色RP!!
苗字と本籍が変わりました。わっしょい!!!

5月
今だから言える、初・御前岩。APAと蒙古タンメンのRPはとても嬉しかった。
二子納めからの小川山、湯川、思い出の地・太刀岡山。

6月
不動沢で登った後マット持たずにお散歩ボルダーを嗜んだ。
結婚式準備を始める。

7月
バンパイアを一撃し、クラックのOSグレードが10c(が1本だけ登れたことがある状態)になった。まぁ5.9のコークスクリューでテンションかけてるから「クラックは未だ5.9もままならない」と公言してるけども。
黄河が全然できずに荒れる日々。いつになったら「クラックも10台だったら登れます」と言えるようになるのか。

8月
ブラック&ホワイト、ジャーマンスープレックスをどちらもOSならずRP。
イエロークラッシュを割とサクッと再登できてちょっと嬉しい。

9月
小川山ワイン会で絶賛二日酔い。辛かった。
ギガント余裕の再登で改めてグレードに疑問を覚える。面白い課題だと思うんだけどな…とりあえず初段というグレードが欲しい人々の集う場所になっててなんかヤな感じ。
瑞牆にて去年敗退したカラクリをRP、あんまり登ってないけど何かしら成長はしてたらしい。

10月
念願のヨセミテ新婚旅行!クライマーの聖地キャンプ4!五つ星ホテルのアワニーも2泊!
そしてヨセミテにて人生初の捻挫を体験した。つらかった。

11月
本気のラインが本気でヤバイことを確認。ていうか捻挫した足で岩場行くもんじゃない。
そして迎えた結婚式。捻挫した足でヒール履くもんじゃない。でも想像をはるかに上回る楽しさだった。
捻挫やら式の準備やらでめっきり弱体化した状態で初の北川。11aのRPでいっぱいいっぱいだった。

12月
御前岩解禁に向けての最終整備手伝いにてわがままボディOS。
クリスマスイブに今シーズン初二子。クレーターが全然登れない悲劇。

振り返ってみると前半は意外と登れてた。スペインがピークだった感が否めないが。自分でいうのもアレだけど今からは比べものにならないくらい強かったなぁ…(遠い目)
ただ後半はもうほんと登ってないね、ジムも含めて。
結婚式で動く人数と金額が予想よりも大きすぎて、ハンパなことできないと謎の気合が入ってしまいクライミングスイッチオフ。
まぁ一生に一回(と思われる)だし、どうせやるなら全力で楽しみたいし楽しませたいと思ってたし実際そのようにできたので後悔はない。

正直、今ならこのままクライミングやめられそうだなと思った年だった。

と言いつつ2018年の目標はクライマーに戻ること。

…うん?笑

残念な登り納め

12/30(日)、珍しく当日に更新
今シーズン2日目の二子。前回より1時間遅れで昼頃着。結婚式で「もう少し早く岩場につけるように努力しますので…」て言っておきながら結局午前中に登り始めたの1日しかない笑
意外にもチコちゃんエイちゃん夫婦にお久しぶりの再会。めちゃ話し込んでしまったぜ。

まずは悪魔、風強くてもフリース着て登るとさすがに暑い。
で、次はノース。ドキドキだぜ。でもフツーに登れた。あれれ、持久力とか壊滅的に落ちてると思ったのに。
オララーに引き続き、全然登れてない年のシーズン最初のトライで再登できると嬉しいねぇ。

で、問題の私生活。
もうね全然前回と変わってない、というか前回落ちずにこなせたところで落ちる悲劇。
そして相変わらず1ピン目で落ちること。

さらには初日から昨シーズンと大差ないくらいまで行ってた少佐まさかの1ピン目でロープに手を引っ掛けて落ちる事件発生。
グラウンドだけはさせまいと一瞬の隙にロープ引こうと試みるも、なんせビレイヤー側のロープに手を引っ掛けたのでほとんど引けず。

結果、少佐は無事だったが私は顔面真っ正面から少佐の平手打ちを食らうという面白い事態に。鼻が痛かったぜ鼻が。
2017年最後にまたネタを増やしてくれてありがとう。とりあえずお互い(ほぼ)何もなくて良かった。
気を取り直して登り直すも前回より高度落ちてた。

登ってる写真ないから「ちいさい堀江さん」と化した私の写真でも載せておきますね。

ドヤァァァァ全身赤だぜ!

そんな感じの登り納め。

なんだろう、ガバで登り続ける持久力はちょっとやそっとでは落ちないのね~私は。結婚式終わって復帰一発目の御前岩ではわがままボディOSできたし、オララーもノースも落ちずに登れたし。

ただしボルダリーなルートだと顕著に落ちてる。
これは平日ボルダー長モノじゃなく純粋なボルダー課題やるべきかしらね。

うん、今更だね。笑

夜は調べず向かった両神温泉やっておらず、行きたかったモツ鍋屋は予約でいっぱいで、結局2週連続のアガノ。
タリアータ(牛肉の洋風タタキ、らしい)がめちゃくちゃ美味かった。キノコのウニクリームパスタはキノコの旨みがすさまじくてウニの気配を1ミリも感じなかった。あれホントにウニ入ってんの?笑
少佐の頼んだワタリガニのトマトクリームパスタの蟹をバリバリと喰らって終了。まさか店員さんも蟹があそこまで解体されて返ってくることになるとは思いもしないだろう。

コビッキーのコは小細工の小

金曜夜に空いてるジムで登って土曜日ゆっくり家事とかやらなきゃならんこととかして日曜岩場という週末の過ごし方に味を
占めた我ら。まぁ先々週末は日曜朝起きたら10時だったので岩場諦めたんですけどねw

23日は家に余ってた板チョコでトリュフケーキ作ったり、その残りのチョコ割ってオーブンで焼いて燻したり、コーヒー燻し
たり、コインランドリーでダウン洗ったり。
24日は朝ケーキと燻製コーヒーで優雅な朝ごはんからの今シーズン初二子。

ケーキ美味すぎ事件発生。

12/24(日) 晴れ
珍しく午前中に着いたぜ。しかし人少なっ。

まずは悪魔でアップ。さすがに半年間毎週末×2シーズンやってたら忘れないもんですね。
なぜか手のひらをざっくり切る少佐。なにがおきた。

で、次はオ・ララー。
シーズン初日にてオ・ララーのマスタートライってしぬんじゃないかと思ってたけど普通に登れた。なにがおきた。

で、次は少佐のクレーターに便乗。
すごいよ!2手目からもう忘れてるよ!迷うことなくテンションかけたよ!
なにがおきた。

で、M代さんに便乗する少佐に便乗して私生活。
うん。予想通りの各駅停車。まぁシーズン初日の1トライ目なんてこんなもんよ。ふふ…(涙
なんて思ってたら2トライ目もほぼ同じ。まじか。まず出だしができひん。まじか。
ふと気づいたけど二子通いを初めてからまともにトライしてシーズン持越しの宿題はこれが初。
どんだけ苦手だよ。
対して少佐はあっという間に昨シーズンの高度に追いつく。えぇーマジカヨ。

寒いので私生活2トライずつで終了。
夜はアガノにてクリスマスディナーコースなのだぜ。
前日夜に思い立って予約したので20時開始。日の入りの早いこの時期、ゆっくり両神温泉1時間浸かっても19時に着いてしまって暇だったので車内で仮眠。
コース料理なんていう珍しい食べ方をしてみたけど、あれ、料理と料理の間に何していいかわかんなくて挙動不審になるね。笑
全部美味かった!特に1品目のチーズブリュレがお気に入り。
ノンアルワインも思いのほかイケてましたわ。

あ、ちなみにブログタイトルの小細工は私の登りのスタイルに関して。
自分で思い立って言っておきながらなんでこういう話になったかもう覚えてないっていう。
持久力とパワーと小細工があればある程度登れると思うんだけどいかんせん今パワーと持久力が壊滅的。

しかしまぁ暖かいというのに二子の人の少なさは衝撃的。
昨シーズンで大きめの宿題片付いちゃった人多かったからかなぁ。

なんかちょっぴりさみしい感じ。

そわそわ

12/9(土)
再公開後最初の週末ということでそわそわして行っちゃいました御前岩。
今回は義弟も交えて3人で。ピックアップ予定時刻を30分も過ぎたのは、にーちゃんが全然起きないせいですw
てことで駐車場は当然満車、とはいえトラウトカントリーの方にも停められるので問題なし。17時までっていうのを見かけた気がしたので駐車料金払いに行った時に尋ねたら、下の駐車場(受付すぐ前)は17時でゲートがしまるけど上の駐車場(トイレ横)は問題ないとのこと。ふむ。
ちなみにクライマー用駐車場、MAX3台縦並びになってしまうの大丈夫かな~なんて思ってたけど大丈夫だったんですかね?私たち早め撤収だったので若干気になるところ。

気になって来ちゃいましたよ~なんてノブさんに話しながら入山ノート開いたら既に20~30人いる模様。
岩場行ってみるとほどよくばらけていい感じ。このくらいの人数で推移してくれるといいなぁ。

しかし日なたと日陰の温度差がすごい。
あったかいイメージだったドラゴンロックでアップを試みるも、【ドラゴンホール 6b】で「岩つめたい…」と心折れかけ、以前OSしたはずの【ジャガークロス 6c+】出だしでテンション。
さむい、さむすぎるぜ。おまけに相変わらず治る気配のない足首が痛いぜ。
一方の少佐&れおくんは兄弟そろって下部安定してこなすも上部でテンション。御前岩の洗礼や。

さてどうしたものかと、とりあえず日の当たるドラゴンロック左端に移動。
よく見たら前回登った【キープフォレスト 6b】の左にも【スタンガン 6c+】というルートがあるやないか。てことでトライ。
3-4ピン間がやたら広いのは多分落ちない前提なんだろうなと読んで取りついたらえらいことになった。

…全然できません、ていうか次のホールドどれ。何をめざせばいいのん。

下見て「これはつっこんだらアカンやつや…」と思って2~3手クライムダウンして「落ちるよ」と声かけてから落ちたにも関わらず、地面まであと約1m。
突っ込んでたらグラウンドフォールですやん!!

ただでさえ逆層なのに加え、まだあまり登られていない岩特有のサラサラ感が嫌らしい感じ。
これ、「7aはまだちょっと敷居が高いからまずこのくらいを頑張ろう」レベルのクライマー(今の私w)がとりついたら危険すぎる。

ボルト乱打とかプリクリとか、危険を排除しすぎるのはあまり好きではない派です、私。
だから最低限のボルトしか打ってない御前岩とか二子とかがお気に入りだし、鳳来の禁セプはプリクリせず登ったものよ。

でも「今の」御前岩で何が一番優先されるべきか?と考えると、やっぱり「事故を起こさないこと」だと思う。

これ危ないからボルト増やした方がいいのでは、なんて安易に言いたくないけど、でも万が一にもこのルートでグラウンドフォールがおきたら私絶っっ対後悔する。
ということで悩んだ結果ノブさんに「ボルト足すか、3-4ピン間で落ちるとグラウンドの危機ありって注意喚起した方がいいと思う」と伝えておきました。
APAのOSトライで読み誤って10mくらい大フォールした私が言うってことはちょっと考えなきゃな~的な流れになったので、ひとまず私の役目は終了。笑

ちなみにヌンチャクは隣のルートから回収しました。奥多摩クライミング委員会メンバーが事故ってたら冗談じゃ済まないからなw

寒いし時間迫ってるしこれだけで撤収。

夜はお待ちかねだいっつぁん&ミハエルの結婚ぱーちー!
うちらが言うのもなんだけどなかなか濃ゆいメンバーでしたね。笑
突如名前を呼ばれて前に出た少佐がもぐもぐしてる間「嫁、繋げ!」って無茶振りされたときはどうしようかと思ったw わたくし普段こんなつらつら文章書いてるけど即興は大の苦手なんですw
ご飯美味しかったし手紙もスピーチもステキだったしじゃんけん大会盛り上がったし、あっという間。終電の縛りさえなければ最後までいたのに…無念。
3時就寝、日曜は実家に荷物取りに行ったりとか非クライマー友達と飲みとか。

ついに

再公開されました、御前岩。

月曜夜にblog書こうとしたけど、これはロクスノの記事読んでからにしようと保留にしたままもう金曜。
とはいえ内容はロクスノ読む前後であまり変わってない。所詮私は御前岩に関しては新参者。なにかを語れる立場じゃござんせん。
たまたま良いタイミングでこっちの方に引っ越してきて、カランバに登りに行き、二子でマサさん等が私の名前を出してくれてたおかげでノブさんと話す機会があり、御前岩の話を聞かせてもらい、春に一度整備を手伝ったに過ぎない。
なんという棚ボタっぷり。

それでも、経緯を聞いたり苦労を垣間見たりしたわけで、無事再公開となった時は少なからず心を動かされた。
今だから言えるけど実は今回もまた再公開は見送られるんじゃないかと思ってましたw そのくらい難しい案件だったってことですよ!
だからこそ、なんというか、ロクスノを手に取って改めて「おぉ…!」と感動した次第。
こんな新参者ですらこんななんだもの、長年関わってる面々の想い、推して知るべしって感じ。
(なんか最近うまい日本語が全然出てこない。本読んでないからか。)

はい、ということで12/2-3の週末は御前岩の公開前最終整備のお手伝いしてきました。
何を隠そう我ら夫婦も奥多摩クライミング委員会の一員。

これまで結婚式準備で全然なにもできてなかったのでさすがにこの日こそはと久々の早起き(にも関わらず集合時刻に30分ほど遅れたのは何故)。
エリア周辺の集落をお掃除したり、センターの看板取り付けたり、排水溝の目詰まりをほじほじしたり。

いじけてるわけではない。

昼過ぎ整備完了記念集合写真。

前列約2名、慣れない土曜早起きで顔死んでます。

夕方ちょろっと時間あったので各々登りにゆく。

半ばリハビリクライミングの私、前回来た時にOSしたはずのルート2本ともテンションかける残念っぷり。前腕が張るとかじゃなくて単に頑張れないというある意味重症な感じ。これどうしたもんか。大問題や。
少佐は問題なく登るも前回登った記憶がないとかよくわからないことを言い出す。いや絶対2人で登ってるし。

早々に切り上げてセンターに戻り、早々に飲み始める。

どういう経緯か忘れたけどなぜかガチ語りが始まりなぜか泣く私。
いろんな意味で濃い夜だった…

そして迎えた絶賛二日酔いの日曜日。
とりあえず岩場へ行く。そして寝る。建物内で寝てるくらいなら岩場で寝る、それがクライマー。(え?)

7時半に起きるも結局岩場で昼過ぎまで寝て、どうにか復活。
ドラゴンロックの左端の簡単なやつ登って(名前忘れた)、【ハートブレイカー】再登して、その左・前回来た時は無かった【わがままボディ 7a】をOSトライ。もちろんマスター。
核心以外のとこで何回か心折れそうになってたけど、そこ越えたからこそ核心は「ここまで来たらもう絶対登る」精神で乗り切った。
というわけで無事OS。よっしゃ。だいぶカンが戻ってきた気がする。

そういえば初めてOSした7aは、人生初海外ツアーのスペイン、モンサンにて。
当時はコンペクライマーを脱したばかりで全然岩登れなくて、それでも頑張れば7台だってマスターでOSできる(課題もある)んだ!って光が見えたのをよく覚えてる。コンペティターをやめた、ロッククライマー・コビッキーの原点かも。
そんな感じで7aは「始まり」のグレード。

結婚式云々でばたばたして弱体化した私がクライマーとして再始動するタイミングで、
長年の禁止期間を経て再公開されることとなった御前岩にて、
7aをOSすることができてうれしい。

当然、グレードだけじゃなくて中身の面白さが伴ってなきゃ私は興味ない。
その点これは長いし内容濃いし、更に上部ほどボルト間隔が長くなってくのはシビれますね~。
前ちゃん、いいルートありがとう!

写真もありがとう!!

そんなわけで普通にクライミングも満喫した週末でしたとさ。

長~いルートもあればみじかしい系もあるけれど、総じて言えるのは「ボルト間隔がとにかく長い」こと。
入山条件に「岩場で11が安定して登れること」とあるけれど、ホントこれ必須。
地獄を見ますよ。本人だけじゃなくて周りもね。

その他注意事項も必読。読んでない奴は行くな。別にロクスノ買わんでもセンターに看板あるから。何は無くともそれを読むこと。
ノブさん晴美さん夫婦を始めとした方々の努力(と一言でまとめるにも気が引けるが他に言いようが見つからない)を無下にしないよう、

クライマー諸氏、
全力で気をつけましょうや。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR