ついに

再公開されました、御前岩。

月曜夜にblog書こうとしたけど、これはロクスノの記事読んでからにしようと保留にしたままもう金曜。
とはいえ内容はロクスノ読む前後であまり変わってない。所詮私は御前岩に関しては新参者。なにかを語れる立場じゃござんせん。
たまたま良いタイミングでこっちの方に引っ越してきて、カランバに登りに行き、二子でマサさん等が私の名前を出してくれてたおかげでノブさんと話す機会があり、御前岩の話を聞かせてもらい、春に一度整備を手伝ったに過ぎない。
なんという棚ボタっぷり。

それでも、経緯を聞いたり苦労を垣間見たりしたわけで、無事再公開となった時は少なからず心を動かされた。
今だから言えるけど実は今回もまた再公開は見送られるんじゃないかと思ってましたw そのくらい難しい案件だったってことですよ!
だからこそ、なんというか、ロクスノを手に取って改めて「おぉ…!」と感動した次第。
こんな新参者ですらこんななんだもの、長年関わってる面々の想い、推して知るべしって感じ。
(なんか最近うまい日本語が全然出てこない。本読んでないからか。)

はい、ということで12/2-3の週末は御前岩の公開前最終整備のお手伝いしてきました。
何を隠そう我ら夫婦も奥多摩クライミング委員会の一員。

これまで結婚式準備で全然なにもできてなかったのでさすがにこの日こそはと久々の早起き(にも関わらず集合時刻に30分ほど遅れたのは何故)。
エリア周辺の集落をお掃除したり、センターの看板取り付けたり、排水溝の目詰まりをほじほじしたり。

いじけてるわけではない。

昼過ぎ整備完了記念集合写真。

前列約2名、慣れない土曜早起きで顔死んでます。

夕方ちょろっと時間あったので各々登りにゆく。

半ばリハビリクライミングの私、前回来た時にOSしたはずのルート2本ともテンションかける残念っぷり。前腕が張るとかじゃなくて単に頑張れないというある意味重症な感じ。これどうしたもんか。大問題や。
少佐は問題なく登るも前回登った記憶がないとかよくわからないことを言い出す。いや絶対2人で登ってるし。

早々に切り上げてセンターに戻り、早々に飲み始める。

どういう経緯か忘れたけどなぜかガチ語りが始まりなぜか泣く私。
いろんな意味で濃い夜だった…

そして迎えた絶賛二日酔いの日曜日。
とりあえず岩場へ行く。そして寝る。建物内で寝てるくらいなら岩場で寝る、それがクライマー。(え?)

7時半に起きるも結局岩場で昼過ぎまで寝て、どうにか復活。
ドラゴンロックの左端の簡単なやつ登って(名前忘れた)、【ハートブレイカー】再登して、その左・前回来た時は無かった【わがままボディ 7a】をOSトライ。もちろんマスター。
核心以外のとこで何回か心折れそうになってたけど、そこ越えたからこそ核心は「ここまで来たらもう絶対登る」精神で乗り切った。
というわけで無事OS。よっしゃ。だいぶカンが戻ってきた気がする。

そういえば初めてOSした7aは、人生初海外ツアーのスペイン、モンサンにて。
当時はコンペクライマーを脱したばかりで全然岩登れなくて、それでも頑張れば7台だってマスターでOSできる(課題もある)んだ!って光が見えたのをよく覚えてる。コンペティターをやめた、ロッククライマー・コビッキーの原点かも。
そんな感じで7aは「始まり」のグレード。

結婚式云々でばたばたして弱体化した私がクライマーとして再始動するタイミングで、
長年の禁止期間を経て再公開されることとなった御前岩にて、
7aをOSすることができてうれしい。

当然、グレードだけじゃなくて中身の面白さが伴ってなきゃ私は興味ない。
その点これは長いし内容濃いし、更に上部ほどボルト間隔が長くなってくのはシビれますね~。
前ちゃん、いいルートありがとう!

写真もありがとう!!

そんなわけで普通にクライミングも満喫した週末でしたとさ。

長~いルートもあればみじかしい系もあるけれど、総じて言えるのは「ボルト間隔がとにかく長い」こと。
入山条件に「岩場で11が安定して登れること」とあるけれど、ホントこれ必須。
地獄を見ますよ。本人だけじゃなくて周りもね。

その他注意事項も必読。読んでない奴は行くな。別にロクスノ買わんでもセンターに看板あるから。何は無くともそれを読むこと。
ノブさん晴美さん夫婦を始めとした方々の努力(と一言でまとめるにも気が引けるが他に言いようが見つからない)を無下にしないよう、

クライマー諸氏、
全力で気をつけましょうや。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとう。
そういう言葉が今までの苦労を癒してくれるんです。
もういろいろありすぎてね、思い出すとすぐに涙が出るんです。
公開してよかったと、心から思います。
これからもよろしくお願いします。

Re:

のぶさーーーん!
こちらこそ、この春知り合えたばっかりだし何も出来ないし、なのに連れてってくれて本当にありがとうございます!
今まで岩場に関することはルートそのもの以外についてはどこか他人事に感じてる面があった点、否めません。ホームと称してた二子ですらそうでした。でも御前岩問題の一端に触れられたことで、自分たちの好きな岩場は自分たちで守るという意識をようやく持てるようになったと思います。そういう意味でも感謝です!
今後ともよろしくお願いします!
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR