泣ける

11/25(土)
お初の岩場、北川。
リードものすんごい久々な気がしたけど、正確には久々なのは前腕パンプするようなルート。

初夏~秋は天気悪くてほとんど登れなかったりスラブだったりクラックだったりで、もしかしたら二子以来かもしれん…
というか平日ジムですら、式の準備で忙しく、少佐は残業ばっかで全然帰って来ないし、私はヨセミテでやらかした捻挫が全然治らんし、で結局ほとんど行ってなかった。

案の定、ひどかった。
【桧フェイス左 5.8】【桧フェイス右 5.7】【もうすぐ七夕 5.8】【天の川 10b】まではなんとか。
【茶摘み唄 10c】あたりから「これ、やばいんじゃね?」と不穏な空気に気付き始める。
【謙譲の美徳 11a】で、ついに敗れる。

まさかスラブ・垂壁ではない被った11aがオンサイトできない日が来るとは。
衝撃的。
正直こんだけ登ってなかったら落ち込む資格もないわって感じだけど、以前の怪我レストあけと比較にならないくらいひどい。ここまで落ちたことない。

ていう話をしたら登ってない間に考えてたことが今までと違うという点を少佐から指摘された。そうだ、たとえば直近だと3年前くらいの二子シーズン真っ只中に火傷で強制レストになった時は早く二子に戻りたくて仕方なかった。まだ許可出てないのにコッソリ懸垂したりとか、うん、なんか先週末友人代表スピーチしてくれた某ゆかじら先生のようだね?笑
ギリギリ今できることを探し出し見極めて、常に岩に想いを馳せていた。
ムーブを忘れないようにイメトレという名の妄想に励んだり。

対して今年はどうでしょう。
このままクライミングやめちゃうんじゃないかってくらい、なんにもしなかったね。
せっかく背中のあいたドレスを選んだのだからせめて肩回りあんまり貧相にならないように、という不純な動機で懸垂は多少やってたけど。多少ね。
それだけ。
めちゃくちゃ行きたい岩場も早く登りたい課題も、ぱっと浮かばなかった。
登りたい欲にまみれてた以前の私にすらトップアウトできなかった課題を、今このタイミングで目標に掲げられるほどメンタル強くなかった。クライミングへの興味が薄れていたといってもいい。

それでもやっぱり5.8とか5.7とかですら「あ~コレよコレ」と登りながらニンマリとしてしまうあたり、結局クライミングやめられないんだろな。
で、やめられない以上、目標云々とか言ってないでとりあえずヤルしかないんだろな。
しかしモチベーション湧かないな。笑

同じく「目標が最大のモチベーション源」仲間のK大くんに「どーしたらいーですかね?」と聞いたら単純明快かつ分かりきった答えが返ってきた。
「目標を見つけるしかない」

ですよね。笑

とりあえず当面の目標は二子の思い入れあるルートの再登かな。
火の鳥、おいしいよー、任侠道。
キビシイねー。

あ、ちなみに【謙譲の美徳】はOSこそ逃したものの、意地のヘッデンRPしました。
ヘッデンつけて登ったのなんか初めてだわ。

夜はK大くん&なおちゃんにもてなしていただいた。
巨大ベーコンも豆カレーも美味でした!

K大くんと少佐、なおちゃんと私で持ってるものが酷似してて面白かった。
次回は我が家にもお越しくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR