FC2ブログ

なんで行ったんだろう

11/4(土)
足首全然治ってないけど花崗岩のカチ握りたい欲に負けて小川山。
といってもシーツ洗ったり布団干したりし始めてしまったので昼出発。

16時到着、雨。ていうか霰?
ちょうど帰路につくH岩家とすれ違うw

え、なにこれ帰る?と悩み始めたところでmasaさんやハリーにも会う。
とりあえずもう入場しちゃったしキャンプしようというよくわからない結論に達した。

雨は意外とすぐあがったので(そりゃそうだ予報にもなかったし雨雲レーダーにもなかった)、ビール飲んでまったりしてからたき火おこしてピザを焼く。

カマンベール×チェダー×ブルーチーズのピザが焼きあがったところにローズマリーとはちみつかけたら最強だった。
美味すぎてどうしようかと思った。

月めっちゃ明るいわ~トイレ行くのにヘッデンいらんわ~と思ったら満月だった模様。

11/5(日)
シルクロードやりたいのでマラ岩に行こうとするも、川かなり増水してて挫折した。
カチ握りたいとか言っといてこの気温で裸足渡渉するほどモチベーション高くはない。

緊急家族会議の結果、親指岩へ。なかなかやる機会のない★つき12a【本気のライン】でもやるかということで。
ひとまず小川山レイバックでアップしようと思ったら団体様による占拠。おわた。
2~3回ほど心折れそうになるも意を決して「何人待ちですか?」と聞いたら10人ですって。おわた。
出だしから滑りまくってんの見るとこれは1日がかりの予感…
「俺なら3分で終わるからトップロープかけてきてあげるのに」とぼやく少佐。わたしはむりです(白目

本気のラインいきなりやるのかー、としょんぼり準備してたら団体様のなかのおばさまが「途中入りますか?登るの早そうだから…」とお声掛けくださった。
「ほんとですか!ありがとうございます!このひと3分で終わるって言ってます!w」と即答し慌ててギアを準備し始めた。
突如順番入れてくれたのでテーピングは太いの一枚手の甲に貼っただけで出陣。少佐は素手。

さくさく登り始める少佐を見ておばさま方は「ほら凄い早いわよ」「テーピングも巻いてないし」と謎の絶賛。笑
「さっきの高校生とは違うわよ」という声が聞こえたんだけど察するに強そうな高校生に順番譲ったら時間かかったとかそんなじゃないかしら。知らんけど。
若いからって岩登り上手いとは限らなくてよ。特にクラックは。笑

ほんとに5分くらいで登ってしまった少佐の後は正直登りづらいw しかも夏以来のクラックこわいw
とはいえさすがにあの緩傾斜なら問題なく登れた。というかハンドジャムの感覚ちょこっと帰ってきた。
camp4朝散歩でバーカークラック寄り道してハンドジャムコソ練した甲斐があったぜ。(何してんだ)

てな感じで無事にアップ完了。
お待たせしました、ありがとうございました言うたら「もっと早く気付けばよかったわね、ごめんなさいね」なんて返してくれた。
山岳会って十何人もの団体で来てすだれのようにトップロープ張って1日中我が物顔で占拠してるイメージ(ていうかよく出くわす現状)だったけど、中にはこんな人もいるのね…!

それでは早速本気のライン。
負傷者コビッキーに代わりまして(←何で来たんだろう。今更)、少佐によるマスターオンサイトトライ。
1ピン目が高くてびびってた割にさくさく進むも、後半失速。どんどん悪くなってくみたいで途中敗退。

交代して私が登り始めると、風。
ただでさえアップから時間経ってて寒いのに、風。
ていうかここ北面なんですけど、風!
かじかんで心折れて各駅停車途中敗退。

その後2人とももう1トライするも結局最終クリップがかけられず、クライムダウン回収。

しょぼーーーん。

そしてあまり登ってないせいか、ヨセミテで育った指皮は後日みごとに脱皮した。

しょぼぼーーーーーん。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本気のライン・・・ムズイだろ!
俺もたろーも完登出来てないから~(T_T)
ってかムーブ繋げてトップアウトも出来ませーん(笑)
もっと言えば君たちと高度変わらないし~(^^)

>SSYさん
まじすか!SSYさんタロさん出来てないなんて今のうちらに出来るはずもない笑

少佐は「次登るも〜ん」と言うておりますがw

てか寒過ぎて心折れました。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
生活クラブ
Amazon
ICI石井スポーツ
A&Fオンラインストア
カリマー
アウトドア用品宅配買取
楽天
QRコード
QR