どうしてくれんのこのかんじー!

※タイトルは低燃費少女ハイジ第5話クララのセリフより引用。

あっという間にスペインツアー開始。

3/4(土) 移動日
少佐に駅まで車で送ってもらうも電車が遅れてヒヤヒヤするスタート。
どうにか出国までは無事完了。
今回の航空会社はアエロフロート。ロシア好きとしてはわくわくしたけど機内食のロシア感のなさと機体のボロさにしょんぼりする。
日本語吹き替え映画を探し出し「Genius」「creepy」と観るも凄く微妙。後味わるっ。
すでに2回見てるけど口直し的に「Inception」を見て満足。好きすぎて見終わった後すぐまた再生。2回みました。

乗り換えのモスクワ空港に着いたのが現地時間の夕方、すでに若干の疲労感。(機内で寝ないから)
することないし早めにゲートの前の椅子にて待機。
時間になってもゲートの表示はヘルシンキ行き。全便掲示されてる電光掲示板見ても該当ゲートはヘルシンキを表示しており、バルセロナ行きはboardingにならない。
遅れてるんだろなーと思って待機、離陸時間の20:10をすぎてようやく表示がバルセロナになった。
待ちくたびれたわぁと乗り込もうとすると止められた。

「これはミラノ行きだ、バルセロナ行きはもう離陸してる」

・・・は?

え、何言ってんの?ばかなの?だって表示バルセロナになったばっかじゃん。

電光掲示板指差して主張しても何しても無駄。

やられた。はめられた。こんにゃろう。

半狂乱でチケットカウンターに向かうと同志がたくさん・・・
しかし全員チケット取り直し。くたばれアエロフロート!
ロシア好きだったのに、どうしてくれんのこのかんじ!

まさかの復路までキャンセル扱いで想定外の13万の無駄出費。
おまけに最速で翌朝便のため、人生初の空港ビバーク。
こんな予定じゃなかったからダウンは預け荷物の中。
機内持ち込みにしたクライミングザックに足突っ込んで就寝。

わたしの寝床。

しかしまぁ全然英語できなくて今ならそのへんの小学生にも負ける勢いだったわたしもここまで切羽詰まると思いのほか会話できるということにきづいた。笑
中1英語だけど。

なんとかバルセロナまでの往路および帰国便をおさえた次なる心配は迎えに来てくれる皆への連絡。

しかし救世主現る。
怒りのあまりfacebookに罵詈雑言ぶちまけてたら、微妙な時間帯にもかかわらず偶然それを見たかおりさんが電話してくれてどうにかこうにか現状共有完了、翌朝改めて迎えに来てもらうことに。
ほんと申し訳ない・・・・・・・・そしてロサンゼルス-ビショップみたいなとんでもない長距離じゃなくてまだ助かったぜ・・・

空港明るいわうるさいわ椅子かたいわ狭いわで2時間仮眠。ねもい。

800円のココナツウォーター買ったら全然美味しくなかったの図。

もうロシアきらい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR