最終日と総括と

5/8(日) 雨のち晴れ
せっかく早起きしてリエさんにコーヒー淹れてもらって気合い入れて出発したのに地面濡れてる。
先に着いてたSSYさんタロさん曰く、朝まで降ってたらしい…ASKちゃんがかなりの雨女らしいけど、北海道上陸日に雪だった我ら何も言えずw
おかしーなー、晴れ女晴れ男のはずなのに。パヤついてるからでしょうか。じゃあしょーがないか、パヤつかないとかムリだし。

てことで絶賛染み出し中の岩を見てテンション地の底、やけ食いに走る私。
前日買った燻製焼き菓子たちを貪る。味が微妙だったことが更に追い打ちをかける。

この日一番にハーネスを履いたのはなんときむ兄。
花崗岩連日登り倒したとはいえ2日もレストしたら染み出しとか関係ない感じね。
オンサイトしづらいと評判のジェロニモをあっさりマスターオンサイト、さすがです。
愉快な仲間たち(少佐・私)も便乗ジェロ。

しかしエサオマン相変わらず染み出し。
いーもん、2人で居たらどこで何していようが楽しいもん。

二子の双子、青巌峡に参上。

ずっとこの調子でいたらSSYさんから「乾いてきたぞー!」とのお声が。
お、じゃあやろう。ほくほく。

day4-1(計11便) 3テン。左手サイドアンダー、ガストラバース、富士山から奥深いカチへの送り、がダメ。上部ガバ地帯は突破。しかし濡れてる。富士山近辺は前日自分の過去の動画見てたら最終日直前にして突如存在に気付いたカチを活用、これ良さげ。
day4-2(計12便) 1テン…になりそうだったのに、やらかしました。最後7ピン目直前で足切れて盛大にふられ落ち、右尻強打。やばいと思って足で岩蹴ったはずなのに、衝撃吸収しきれずに足滑ってそのままガッツン。まーーーじーーーで痛かった。悶絶。
day4-3(計13便) 出すんかい。出すよそりゃ。出だしの右ヒールからして激痛で苦悶の表情を見られてしまったけども。ビレイしてた少佐も「ガンバ!」ではなく「無理すんな!」とな。笑 一応3テンで抜けたけど、もやもや。

てな感じで結局進歩なし、少佐もトップアウトならず。

これにて青巌峡ツアー終了。うわぁ不完全燃焼ーーーー!
せっかくヌンチャクかけてもらったのに不甲斐ない姿しか見せられず、もやもや。

ぬーーーん。

一方きむ兄は我ら敗退した狼少年を2撃!つおい!

きむ兄の紐姿、レア。

なんやかんやギリギリまで居座ったもんで帰りは高速使用。
千歳まで1時間ちょいでした。近っ!!

車返して、空港向かって、色々済ませて。
到着日に目星つけてたお土産屋さんがどこだかわからず、ぬーんってなったけど諦めてご飯食べよっかって切り替えた途端見つかった。
世の中そんなもん。

3人で海鮮丼。左わたし右少佐。

いいことあったからご褒美ではなく、残念なことあったから慰みに贅沢をする私は一番高いヤツ+ビール。
いいことあったらそれ自体がご褒美だからそれ以上のものは望まない。

きむ兄ANA我らJALゆえここで解散。お世話になりました、ありがとう!
きむ兄の強さと面白さを再確認した3日間。
また一緒に登りましょい!!

帰りの機内は手繋いだまま爆睡というバカップルぶり。
最終便ゆえ帰宅は真夜中。へろへろです。

以上。

せっかく有休とって睡眠時間削って10日間フルで行ったのに、ベストコンディションは1日もなくクライミングは不完全燃焼。
一緒に行ったのが少佐で良かった。我らたとえ何もない部屋に2人閉じ込められてもずーっと笑ってられる自信ある。
食べたかったものだいたい食べたし、小樽観光デートしたし、ペアククサもネックレス・ストラップも買ったし、普通の旅行としては満足。

ただ、何かを得るためには何かを犠牲にしなければならないという考え方の私は、だからクライミングは駄目だったのかな~なんて。
二者択一。高難度課題狙う時は心の中で、あれを手放すからどうかこのライン登らせて、と祈ってた。
今までそうやってきちゃったし、ここ2~3年急激に強くなったのもそのためかもね。

でもねー
唐獅子もエサオマンも少佐のビレイで登りたいんだよねー

フィジカルもだけどメンタルというか根本的な考え方どうにかせんとな。
ぐぬぬ、フィジカル鍛えるよりよっぽど難しい。

ま、何はさておき、北海道やっぱり大好き!

故障してクライミングできないのに私たちを泊めてくれたリエさんにはほんと頭上がらない。
どうかこっち来ることがあれば最大限の恩返しをさせてくださいませ。というか早くまた一緒に登りたい。そのためには私自身も故障や怪我にはマジで気をつけないとな。
そしてヌンチャクかけてくれたりアドバイスくれたりなんやかんやおもてなししてくれたタロさんSSYさん。
2人とも青巌峡だいぶ登りつくしちゃってるだろうに、こんな時期に来てくれて嬉しかったっす。
そして北海道時代にお世話になった小松くんやASKちゃんも今回1日だけだったけど顔見られて良かった。

みなさまホントにありがとう。
やっぱり北の大地は半分「ただいま!」な場所です。

少佐がFBにて書いてた通り、また絶対2人で行くのでよろしく!

登れても登れなくても楽しいんだけど、やっぱり登れて楽しいのがいいよね。
てことで秋、休みとれるといいなぁ。(切実)

反省。

鍛え直して出直します。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回は何のおもてなしもできずごめんねi-195
せっかく来てくれたのにまたしても一緒に登れず、私の方が頭が上がらないっすi-282
コビッキーと本気で登る為にも、怪我治してまた強さ取り戻すわ!

つかの間の共同生活楽しかったよ^^
今度は一緒にクライミングしたい!

それから、何度も北海道に帰ってきてくれる事自体が恩返しみたいなものだから!

Re: No title

>りえさん
充分もてなして頂きましたぜっ!
まぁでも、次回はエサオマンセッションというおもてなしを期待します(`・ω・´)キリッ

そしてお互い同じタイミングで春が訪れててホント良かった!笑
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR