出逢いと別れの春

この週末は大学同期カップルの結婚式ゆえ変則的

4/16(土) 晴れ
まずは愛車を12か月点検へ。担当のお姉さんが前日付で退社してしまったので寂しい限り。
正直その人がいなかったらこの車にしてなかった。親子そろってお世話になっていたということもあり、この先もずっと担当してもらえる気でいた。
諸行無常はここ数年で一番学んだことなのに、やっぱり未だに突然の変化には慣れない。

そして友達の結婚式。久々のドレスアップ。
買った時意識してなかったけどドレスは安定の赤。
買った時そんな思わなかったけど肩周りめっちゃキツイ。
裂けるかと思った。なんとか乗り切った。

逞しい腕ですこと

ちなみに大学生の時に好きだった人が新郎、一番仲良かった友達が新婦という、個人的には大変しょっぱい思い出のある組み合わせ。
しかし絶望感に満ち溢れていた当時の私に教えてあげたい。あと数年も経てば顔も性格もドストライクな素晴らしい出逢いが待っているよと。

久々に会う2人は9年前の大学時代そのままのノリで、会話の大半がコントのよう。(ん?どこぞの双子のようだ)
変わらないものもあるのだなぁとほっこり。諸行無常を感じた直後だから尚更。
結婚式の常套句に「笑いの絶えない家庭を云々」とあるけど、彼らにとってはそれは決して形骸化した言葉ではなく極めて自然な状態に見える。
幸せをものすごくシンプルに定義するとしたら「2人でずっと笑っていられること」だと思う今日この頃。
この2人は間違いなく最高の組み合わせだろな。いつまでもお幸せに!

もうひとつ印象的だったのが、新郎側も新婦側も会社の人がオモロイ。類は友を呼ぶというやつか。
エライ人の挨拶=つまらないものと思っていたのが、見事イメージ覆された。こういうのも良いな。
余談だけどその挨拶の中で結婚の先輩としてアドバイス的な話になり、挙げられたのは「感謝」。
いつまでも、当たり前のことを当たり前と感じずきちんと「ありがとう」を言える2人であってほしい、と。
まさに最近私たちが話題にしていた内容だったので、じわりと心に沁みました。タイミングってすごい。

そんなこんなでテンション上がってデザートバイキング私だけ大盛り2皿ぺろりと平らげてしまった。
いや、まぁ、テンション関係なく食べてるけど。知ってる。自覚してる。
美味しゅうございました。

明日に備えて2次会を途中で抜け、先日ラジオから奇跡的なタイミングで流れた米津玄師のFlowrewallを聴きながらの幸せな帰り道。
結婚式もかすんでしまうくらいのとんでもない朗報が入って参りました。

まおさん唐獅子RP!

まおさんらしい(?)淡々としたFBの投稿を見ただけで、涙がにじんでしまった。
RPの現場に居合わせたわけでもなく文字情報のみで泣くなんて人生初。
何せ、苦節10年という。泣くよ、そりゃあ泣くよ。
実際に惜しいトライを何度も目の当たりにしてきた身としては、自分のRP以上にぐっと来るものがありました。

私の任侠RP時に居合わせたのは、動画撮ってくれたまおさんとビレイしてくれたちえさんだけ。
私が唐獅子始めたのは、苦節8年ちえさんの任侠RPに触発されて。
そして今回まおさん唐獅子RPの報せによって、私程度のクライマーがたかが50便くらいで音を上げてる場合じゃないと改めて覚悟を決めた次第。

移住前に2人とも登れてほんと良かった!って言ったらそれで尻に火が付いた感じもあるよね~と笑ってらっしゃいました。
それで登れちゃうのがすごいわ。

やっぱり私はOSより打ち込みまくった末のRPが好きだなぁ。
自分が打ち込み型なせいもあるかもしれんけど。

ふと、半年間の研修@北海道の最後の日曜日にダイナマイトボンボンをRPした瞬間を思い出した。
ビレイしてくれたりえさんの涙は一生忘れないと思う。あと、終了点クリップ後「これで帰れる!」と叫んだことも。笑

ギリッギリで登れたことよりも人を感動させる登りができたことが何倍も嬉しくて、またそんなクライミングがしたいとずっと思ってる。

改めて、まおさんおめでとう!そしてありがとう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR