二子動物園

獣の咆哮をあげてなお突破できない唐獅子牡丹、そろそろ本気でツライ。

朝日が眩しくて8時に目覚め、工事の音がうるさくて8時半に完全起床。若干頭痛い足元ふらふらする。
朝ご飯はもちろんバタコ。その後セブンにて「タバコ」が「バタコ」に見えたのは私だけではあるまい。

3/27(日) 曇り
土曜より一段と人多め、足元覚束ない重役出勤の私たち荷物置く場所ぬ。悪魔の指の真下に陣取る。
なんと全体的に染み出し悪化、おーまい。

悪魔でアップ。少佐、弓状デビュー。最後直登するというボルダラー的強さを発揮。
先週の宿題【レイラ 11d】、ありがたいことにもうヌンチャクかけられてたので初っ端から本気で狙いにかかります。

…と言いながら2人して落ちました。うわーい。

岩めちゃくちゃ冷たくて持ってる感覚皆無。やばい登れる気がしないとネガティヴ発動。
だがしかし!パワー持久力系なこのルートが登れずしてエサオマンなんか登れるわけなかろう!と謎のスイッチon。
次の便で無事RP、久々のギリギリクライミング。後半もう指開きかけてたけど、声援に後押しされ最後のデッドはなんとか指が引っかかった。嬉しい!
そしてそれに続く少佐、こちらも最後ギリギリ!核心超えてからのギリギリ感がすごい!笑
これにて少佐はお外のスポートルートRPグレードを10cから大幅更新、私は広場のRPグレードを10bから大幅更新。
…弓状では13aまで登ったが、広場は【高く登れ】がMAXなのよ私。しかもOSじゃない。ムラありすぎ。

お互い良い登りでした。それぞれトータル6便&7便、さすが双子。そしてここは二子。ちょっと今体感温度下がったね、ごめん。

順番も回ってきたことだし、本日の唐獅子牡丹。

day14-1(計33便) ようやく3ピン目テンション言わずにカチ→カチデッド手が出たけれど止まらずうわーい。ただ、なぜか核心の右手ゴミピンチが人差し指中指薬指で持てた(普段は2本)。なんかもう色々よくわからない。そして段々左手がホールドを一瞬でも捉えられるようになってきた。そして期待したより浅くて絶望。
day14-2(計34便) 久々にカチデッド止まった!からの高速クリップ!振り絞る一手一手が全力!水平カチにマッチの時テンション言おうか一瞬悩んだけどそこは愛と勇気と気合と根性(主に最後の2つ)で耐えて手を出した!が、さすがに次の右手ゴミピンチは保持れずフォール。久々にここまで来た、そして久々に出し切った。ま、核心前に出し切ってどーすんだって話。しかも小美濃さんと動きが全然違うと言われ更なる絶望感。本日のメンタルこれにて終了。

トップアウトに100便かかりそう、そもそもトップアウトできる日来るの?
対照的にすーさんも小美濃さんもさっくり核心止めていて、物凄く遠くに置いて行かれた気持ち。時間は余裕あったのにあまりの絶望感に3便目が出せなかった。
ここ1年でオトナになったので顔は笑ってたけどホントは泣きたかった。辛すぎて今これ書いてるだけでちょっと胸苦しい。ビョーキ。

一方の少佐は色んな人に意見聞いて回り、まずは【ホテル二子】に照準を定めた模様。
が、コルネ超濡れてる!こわっ!これよくザワミさんトライしたね?!水戸組やっぱ皆ヤバい。笑
だいぶ頑張って行きつ戻りつしてたけどそこは勇気ある撤退で。次回乾いてる時に是非!

んで私はとりあえずトレーニングせな、と【おいしいよー】全然ダメ。メンタルが底を尽きたせいか、頑張れない、力が入らない。
あかん、負のスパイラルに堕ちてる…

最後もっかい悪魔登って終了。わざと力こめて登ってみたらいい感じに背中~腰が疲労、さすが日本一かぶった10a。

夜は矢嶋食堂、相変わらずの駐車核心。すーさんに代打お願いしました。ありがとう助かります。
縦列駐車よりも真っ直ぐ後ろに下がる方が苦手な私。

日曜の二子、うっちーがお風呂上りのお父さんだったり、すーさんが染み出しからの滴でパフを湿らせてたり、ほださんがおみのさんの娘さんを狙ったり、金田さんと食の好みが合いすぎてやたら盛り上がったり、少佐と2人並んで納豆まぜまぜしてたらシュールだ!と笑われたり、ブラックまおさんにいじめられたり、ちえさんにあることないこと吹き込まれそうになったり、まーーー楽しかったわ。
寝不足なはずなのに楽しすぎて日中全く眠くならず。

…なんだけど。

全力でふざけて本気でゆるりと楽しむがモットーである以上、それだけじゃダメ。

これが本当に全力?本気?
振り返るなを20トライで登っておきながら、唐獅子核心までノーテンで辿り着くのですら26トライ。しかもその後1回しかできてない。
タイプが違うから比べてもしょうがないけど、多分それだけじゃない。

お前には無理なんだよ、現実見ろよという声が常に頭の片隅で聞こえてる。
もうその時点で出来るもんも出来なくなる。そんなこと13年間も登ってれば嫌でもわかる。
絶望の声を消したくて、足がロープに絡まり頭から落ちる怖さよりもはるかに強烈な「登れない怖さ」を誤魔化したくて、獣の咆哮を上げる。
なんの意味もないけど。

私の実力はこんなもんじゃないぜって調子乗ってるわけじゃない。
ただでさえセンスないし体型的にも体質的にも恵まれてないのわかってるから、持ってるもの全部ぶつけないとダメなのにこの有り様、というのを嘆いてる。
恵まれてるのは体力と気力だけ。そのうちの気力が削がれてるようじゃ、話にならない。

さて…
どうしようね。

ほださんでさえ「やめる」と言い出した唐獅子牡丹。未だ進歩のない核心、未知すぎる任侠への合流部分。
絶望して3便目が出せないなんて甘っちょろいことぬかすくらいならやめた方がいい。吼えようが泣こうがどうしてもやめられないのなら、何かを劇的に変えていくしかない。

わかってる。わかってるけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR