人のふり見てなんとやら

大変、大変皮肉なことに、change myselfと書いた翌日に「全然変わってない」とダメ出しされるの巻。
しかも全く別々の2人から。どれだけネタに満ち溢れているの私の人生は。

一方は年単位で見てくれて「まぁだいぶ変わったけどね、あとちょっとなんだよなー」と。自分でも前よりマシになった自覚があったので油断してました、調子乗ってすんません。という感じ。
ただしもう一方からは一週間でわかりやすい結果を求められたので、開き直るようであれだけど匙投げました。たかが1週間足らずで大幅チェンジできるくらいならこんな悩んでないわっ!という感じ。

思考と言動のクセを変えるのは、指摘した方が考えているよりはるかに難しい。
たとえるならば、今まで1日3食で生きてきたところ突然「明日から1日1食で、でも1食の量は変えちゃダメ、尚且つおなかすいたとか言うの禁止」と要求されるようなもの…いやちょっと違うな、よくわからん。笑
とにかく、一朝一夕に変わるようなそんな簡単な話じゃない。
別に開き直ってるわけでも投げてるわけでもないですよ、ちゃんと変われた部分だってあるのがその証拠。

とはいえ変わったかどうか判断するのは他人。
昔上司に言われた「努力してるかどうか決めるのは他人なんだよ」という言葉がよみがえる。
認められなければ意味がないのです、わかっています。
スパンどうこうじゃないんですよね、はい。

おまけに人生初、キップ切られました。
高速でずっと右側にいたという、この上なくしょうもない理由で。

普段忘れがちだけど(というかそんなルールがあること自体完全に失念していたけれど)、ずっと追い越し車線にいるのって違反なんですね。
勉強になりました。

ただ「右側にずっといるとどうしてもスピードが出がちですし…」というようなことを何度も言われたのは、遠回しにスピードも注意されたんだとわかってます。笑

まぁ他にも結構キワドイ運転してきたし、こうやって指摘された部分以外にも目を向ける機会なのかもしれませぬ。さよならゴールド免許…
なんつーか、大事に積み重ねてきたはずのものが終わる瞬間はホント驚くほどあっけない。
原因はいつだってとても些細なことが発端で。
重要なのは同じ過ちを繰り返さないコト。。
気を付けましょうか色々と。

さてさて。若干話変わって。
この1年、1個下の後輩と組んで仕事してきました。
まーーー面白かったわ、あぁ上司から見た私ってこんな感じなんだなーって。

朝6:15始業の日、6時半に「遅れます」とメール。いや、もう遅れてるの知ってるから、ていうかとっくに始業時刻過ぎてんだからそこは電話しようよ。笑
ワタクシ遅刻はしたことないので状況こそ違えども「メールじゃなくて電話!」と注意されたこと幾度か。ははぁこういう心境なのねと妙におかしくなってくる。(笑ってる場合じゃないが)

こんなのは氷山の一角で、他にも「あ~私も似たようなことやったなぁ」と思うことしばしば。
身につまされることばかりなので思わず苦笑しながら注意しましたよって話を上司にしたら、誰もが通ってくる道なんだってば、と、笑われました。

言ってもらえるうちが華。

先日、謀ったかのようなタイミングでこんな文章が書かれたイラストを発見した。
You can apologize over and over, but if your actions don't change, your words become meaningless.

耳が痛いです!

将来、今日のこの投稿を読み返して「こんなバカな時期もあったなー」って笑っていたい。
そのためには0.1だろうが0.01だろうが小さな変化をひたすら積み重ねてゆくしかないのです。まる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR