13年越しの想い

12/20(日)、日帰り二子山withうっちー
すーさん、ザワミさんも行くはずがまさかの2人きり
皆様も風邪にお気をつけ遊ばせ

天候は晴れ、無風、気温は岩場到着時0℃
向かう途中はマイナス5℃まで下がったし当然あの橋は凍ってました、そろそろノーマルタイヤあかんかも

しかしようやく1週間雨降らなかったおかげで岩はパリパリ、今季最高コンディション

まず悪魔でアップ、氷を素手でつかんでいるようだ
全然温まらないなんだこれ
しばらく時間あけてからもう1トライ
うん、変わらない、さっさと南国(二段岩壁)に行きますか

では本日の【振り返るな 13a】、参りましょうか

day7-1(通算18便)
めっちゃパンプした
核心前の右トラバースでフツーにテンションかけた
その後も核心振られで2回落ちる
うっちーの絶妙なビレイによりゴボウ必要なほど落ちなかったのが救い
とても助かったよホントありがとう
ゴボウする余力あるくらいならそもそも落ちてないってのが私の持論

2便目出そうとしたタイミングで、強いけどナマイキな少年が振り返るな参戦
暑いから長袖脱いでった方がいいよとアドバイスしたけどどうやら長袖しか持ってなかったっぽい、まぁ12月だもんね忘れてたけど
1便だけ出して荷物まとめてたからビレイしてたパパさんに「もうやらないんですか?」と聞いたら「怖いからもういいって、半泣きだった」とのこと
意外にカワイイな、おい
そしてここで無駄にスイッチが入る私
「任侠女の意地、見せてやろうじゃないか」

day7-2(通算19便)
ついに私は決意した、7ピン目クリップを飛ばすことを
6ピン目クリップした後からの20手が私にとっての核心であり、その間ノーレスト
つまりクリップなんかせず駆け抜けたいというのが本心、ただ怖くて結局クリップしてた
だがしかし!スイッチ入った私に怖いものなどない!
自分でも驚くべきスピードで1手1手のばしていったら予想通りいつもよりパンプしない
核心の振られも渾身の雄叫びで止めたった!っしゃあ、来た!
振られに耐えた後は左足を10cmほど上げ…るためには下を見なければならないが、このルート名は、「振り返るな」
振り返りたくなくても、フットホールド見ようとすると足元より更に下のヌンチャク(しかもクリップしてないやつ!)が嫌でも目に入ってしまう
これ、ヤバイやつだ
一瞬ひるんだせいで一気に前腕終了のお知らせ、あっけなく大フォール

KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

あんだけの長距離落下したのはハーネス壊れた兵庫国体以来(懐かしいな)←ってかもはや誰にも伝わらない気がする
多分、見てる方が怖かったと思う
うちだスマン

何人かから「足絡みそうで危なかったよ」と言われるも、足とロープの位置関係を常に気を付けていたはずの私には理解不能
見事シバサンタが動画撮ってくれてたけど、何回見返してもよくわからない

つまりあれだ、落ちなきゃいいんだよ、うんok

da7-3(通算20便)
お昼寝挟んで満を持しての3便目
これまでの6日間、3便目は基本的に高度落ちてたので若干気が重い
年内は23日しか来ないし、そもそも21と23また雨だし、今日を逃すと年内絶望的
この1トライにかけるしかないでしょう
徐々に洗練され自動化されてきた下部では最低限のレストしかせず、コルネを両脚で挟んでのノーハンドレストは力を込めるべきとこそうでないとこ強く意識
呼吸を整え、6ピン目クリップしたら、スイッチon!もう絶対振り返んな!
核心振られに耐えた後も気合いを入れ直し、1手・1歩ずつ確実に、でもできるだけ早く
そういやこのトライでははるか下のヌンチャク目に入らなかったなぁ
幸い8ピン目をかける余力はあったのでそこで一息入れ、苦手意識のあった最終コルネ地帯にて気力を振り絞る
一息入れるといってもシェイクする余裕はなく、指が開いてくるのがわかる
気を吐くといった感じの雄叫びとともに、手に足でコルネのてっぺんに右足乗せた瞬間、やっと安心できた
あとは危なげなくガバを数手つないで、終了点クリップして、絶叫
「テンション!登れたーーーーーー!!!」

クライミングを始めて13年
当初から「いつか登りたいな」と憧れ続けること13年

13aというグレードを、やっと、やっと登ることができた

【振り返るな 13a】 7日、20便

動画もあるよん
https://youtube.com/watch?v=I_Bi3NUQJiY

「任侠道12d」より42便も少なく、さらには「おいしいよー12c」よりも1便少ない
メンタルもフィジカルも強くなったのは確かだけど、やっぱりそれ以上にタイプが合ってた
足位置5mmズレるともう後戻りできない任侠に比べ、動きが大きい分ホールドも大きい振り返るなはリーチ無し子にはありがたい
大した持久力も保持力もない代わりに、単純なパワー、思い切り、怖さを封じ込める精神力は、すべて揃ってます笑

任侠みたいに「あの課題を遂に私が…」という思い入れもないし、何より数字に拘ることのくだらなさを最も感じたこの1年
それでも13年もの間想い続けてきたグレードが登れたのは心底嬉しく、最後ちょっと涙出た
帰りの運転中ひとりふと、この先もし13bやcが登れたとしても数字部分の更新は恐らく一生無いだろうと気づいてしまい、胸一杯すぎて呼吸困難になりそうだったw

そして5.13を登るにふさわしい?ナイスタイミングすぎるこの体重、笑った

なんか任侠RPとはまた別の燃え尽きた感

振り返るなまでは一連の流れができてるけどこれ登っちゃうと次どうしようってなる
男性だとほぼ唐獅子いくけど、女性で唐獅子登れてるのってホントごくごく一部の異常に強い人だからあまり希望が持てないという。。

とりあえず今年の残りはOSグレード更新を目指す

あとはACTIVATORでも見てテンション上げていきますか!笑
わくわく

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱ0℃とか-5℃じゃん!
寒さに弱い北海道民は無理です(笑)

で、この体重はコビッキーの身長からすると軽いのか?
…身長知らないけど^_^;

あっ!完登おめでとう!(笑)

Re: No title

>SSYさん
だって朝5時半集合ですからね、1日の最低気温の時間帯に行動してますもの!道民感覚で考えちゃダメなのは温度じゃなく時間でした( ̄▽ ̄)笑
てことで昼間は普通にぬくぬく

えっと、単に5.13aを登った時の体重が51.3で面白いなっていうだけです…この身長にしては重すぎます…

あっ、ありがとう笑
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR