瑞牆は、緑だった。

愛車で一泊、迎えた月曜は快晴。確実に前日より暑い。
お互い帰りの運転もあるし早め出発で【ワイルドアットホーム】へ。
カンマンボロンが近く感じる…と言いたいところだけど前日の全身疲労である意味日曜よりツラい。
では今回も各Pの感想。ゴーカイに懸垂下降するためにバックロープひいてきました。

(コミネムが)←心底感謝

1P目。
「太陽のエリア」だもの、そりゃ暑いよね。ということで2人して落ちました。あちゃー。
前日に引き続きまたもやフェイスで落ちてしまってなんだか悔しい。

2P目。
頑なにクラックを使わず凹角に足つっぱってフェイス面のカチ保持ってたら岩かけた。びびった。足しっかりしてたからなんとかセーフ。セカンドでよかったです。。

3P目。
来ましたフェイスのカチルート!これは落ちられませんね。後半濡れてるけど関係ありませんね。二子の染み出しで鍛えた私をナメんなよ~。
ということで上でビレイしながら見てたコミネムが笑っちゃうくらい、がっつりしっかり保持って登りました。いぇい!

4P目。
最後が面白かった!出前一丁~みたいに張り出してる岩でまさかのチムニーと思いきや私は天井裏にカチを発見してラクラク通過。
その手前でニーバーかまして両手フリーになったり。
しかし終了点が狭い。おまけに足場がなく、完全にハンギングビレイ。

5P目。
地獄を見ました。笑
まずそこそこ登り始めてからコミネムがビレイ器を忘れてったことに気づく。バックロープあるしどこか安定したとこで送ろうという話に。
しかしいくら登れど安定した場所などなく、やがて私からは見えなくなり、結局登り切ってしまった模様。見えない上に声が届きづらい。「バックロープどうする?」の私の声はどうやら届いてないが、とりあえずメインロープ引いてくれてるので登り始める。
クラックからフェイスへ、さらに回り込んでよじよじ。ボルトが圧倒的に少ない、これリードめっちゃ怖いだろうな…とか思いながら登ってたら、最後の強烈なスラブにバックロープ残置。まじかーと思ったけどよくぞここまで重いカムとバックロープ両方連れてきてくれたよね、ちょっとくらい私も頑張らねば。
「任せて☆」とばかりにバックロープを腰に付けると、重~~~~ッ!!なにこれ!!想像を絶する重さに絶句。腰くだけそう。そしてこの2日間で最も悪いスラブ。足はちらほらあるけど、手、ないッス。しぬほど重いバックロープに負けず地獄の片足スクワットしか、抜ける道は無い。
いつもなら「帰ったら片足スクワット頑張ろっと」なーんて思ってテンションしちゃうところだけど今回は「リードで登りきった人の目の前でたやすくロープに頼んな!帰ってからじゃなくて今頑張らなくてどうする!」と鬼の立ち込み。自分でもちょっとびっくりするくらいの力が出て、なんとかノーフォール!これは嬉しい!
しかも登り切った先がちょうどよくテラスになっており、久々に座ることができたのでお昼ご飯。明らかに水が足りない2人。笑

6P目。
トポにチムニーとあったのでヒヤヒヤしてたのだけど、実際ほぼチムニー登りせず。しかもボルトあるし。どっちかっつーと後半オフィズスでした。オフィズス嫌いだったけどこれは楽しかったなー。嫌よ嫌よも好きのうちってね。ふふ。いやマジで実は結構好きかもしれん。オフィズスとワイド。(変態認定頂きました)
ちなみに表記はオフウィズスだというのはわかった上で口語で書いてます。だって書きにくいんだもの。

7P目。
出だしトラバースめっちゃ怖そうに登ってたけど、私これ怖くないわ。小川山の【かたつむり】の出だしと似つつもこっちの方が手足しっかりしてる感じ。「ここリードしたかったな」と思ったくらいデス。が、そんな考えは後半打ち砕かれた。
トラバース後、ややクライムダウンして、その先しばらくプロテクション皆無。さらに岩ぼろぼろ。思わず「うそでしょ?」と独り言。コミネさん、ハンパないっす。。。途中の木とかフル活用してなんとか落ちずに登ったけど、これリードとか、死ぬる。
最後のスラブ(?)はロープを引くより早くかけあがり、てっぺん到着!あっつい!!!!笑

昨日より高度はないけど、晴天で空も岩も緑もホント綺麗!今日こそはと、十一面をバックに記念撮影。すんごい良い笑顔してるけどここには載せませーん。笑

夏やねぇ。

たそがれ。

暑すぎるのと明日から仕事という現実によりそれなりに満喫して降りる準備。
あんだけ苦労して引っ張り上げたバックロープは7P目で岩にひっかかり途中残置、ゆえに回収せねばなりませぬ。
しかし最終ピッチの終了点からは7P目の出だし=6P目の終了点に戻れず、結局6P目の終了点まで逆トラバース。絶対に落ちられない、と思うとさすがにちょっとだけ怖かった。

どうにかこうにか回収し、太陽のテラスにてついに2人のロープを連結させて60m一気に下降。もうね、声全然聞こえないよね。適当なところで見切り発車、そしたらハング部分があり、ここで声が途切れてしまったんだなーと。無事合流していざロープを抜こうとすると、はい来たスタック。まさにハングのところでひっかかってびくともしない。
コミネム全力で引っ張るもロープが伸びるだけ…まじかーーー、とりあえず代わって私がぶんぶんロープ振って引いてを繰り返したら、突然動くようになった。助かった!

ほっと胸をなでおろし、さて最後60mで降り切れるかな?私のロープ何回か切っちゃったやつだからダメかな~とりあえず行ってみるかとロープを投げたら、今度は木に引っかかった。
コミ「地面まで届いてる?」
コビ「多分届く!でも木に引っかかった。」
なにこの絶望感。

今度は振れども引けども悪化するばかり。とりあえず長い方のロープは地面まで届いてるし、えぇい行ったれと木に向かって懸垂下降。結び目まではいかないけれど若干絡んでた部分が見事に枝に引っかかってた模様。
ほどいて投げると、地面まで届いた!よっしゃ!
ATCがアツアツになる勢いで降り、次いでコミネムも、無事帰還!!
最後ロープ抜くとき軽く木にひっかかりかけたけどさすがにもうそれ以上なにも起こらなかった。笑

いや~~~~まじ濃ゆい。
日曜朝7時について月曜夜7時に出たので滞在時間は72時間なのだけど、こうして数字にするとその短さにびっくりするくらい、異常に濃ゆい時間でした。
5.8のワイドと10Aのスラブでそれぞれ一皮むけた感があるよ。
Special Thanks to コミネさま。お世話になりました、ありがとう!ぜひぜひまた一緒に登りましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR