地球は、青かった。

コミネムは、強かった。

というわけで(?)久々の瑞牆にてマルチ。
3連休だけど、土曜は友達の結婚式ゆえ日月だけ。とはいえ土曜は雨でだめだった模様。
結婚式ではブーケトスで花嫁が一気に3つ花束投げたのだけど3つとも私のとこ飛んできて結果的に両手に1つずつキャッチし1つ取りこぼすという謎の事態。わたし2回結婚できるってことかしら。

仲良しクラ友久々集結で2次会行かないわけがなく、午前様帰宅で2時寝。
中央道渋滞回避のため4時半起床、もはや寝てなすぎて眠くないパティーン。
おかげで7時には瑞牆到着。アローンは初ゆえ、1人で行ける岩場また一つ増えた計算。

スムーズではないけどなんとか合流していざ【ベルジュエール】へ!
アプローチは1時間以上の登山。汗だく。

基本的に何も覚えてないのでテーピングの巻き方から教えて頂くもどうやらキツすぎたようで指先がしびれてる。
そのまま登り始めたら1ピッチ目であえなく落ちた。笑
クラックでもなんでもなく、思いっきりスポート要素のとこで落ちるとか不覚。テーピングのせいにしとくわ。
以下、各ピッチの感想!

1P目。
下部の凹角部分で凹角登りの体勢になれず、カンテ登りをしようとしたら正規ラインに戻れず撃沈。
さらに中間部のフェイス面でも沈。花崗岩の登り方忘れました。
アップって、だいじだね。(何度目)

2、3P目。(つなげた)
出だしが一番やばし。あれ何ていうの?ルーフの付け根部分のクラックをフィンガーフレーク的に持ってトラバース。
足がそこそこいいので助けられた感ある。上部は普通。

4P目。
後半ようやくジャミング要素出てきました。ちょうどフィストが決まっていい感じ。
足はフェイス面にあるのでクラック初心者の私でも安心。

5P目。
やばかったす。遠目には顕著なフレークで簡単そうなのに、実際取りつくとあんまりエッジきいてないので結局オフウィズス。
でもオフウィズスめっちゃ苦手な私は無理矢理ニーバーかましたりしてレイバックでゴリ押した。ヨレた。

6P目。
来ましたワイドクラック。私の(実は)大好きなチムニー。が、前日までの雨でびっしょびしょ。何度も足滑るわ、背中びしょ濡れだわ、苦行か。
頑張りの割にちっとも進まず疲労だけが溜まっていき、おまけにフォローなので水と食料を入れたザックを腰にぶら下げて登るわけで腰くだけそう。
とどめは体勢を変えてみようともぞもぞ動いてるうちに全身スタックし、やっとの思いで動けるようになった時は疲労困憊で心折れかけた。フォローだしもう引っ張り上げてもらおうかとすら思った。
でもここをカムたった2つだけ(!)で登り切ったコミネムを思うとテンションとか言ってられん!
良い具合に肩幅と腰幅がフィットする場所を見つけ、しばしレスト。ロープに体重かけてレストしたらインチキやと思い、「ロープちょっとちょうだい!」と敢えて緩めてもらう。
次止まったら負けだと覚悟を決め、「登ります!」と叫んでからは一気に這い上がった。
背中と岩に挟まれて髪の毛が擦れて濡れてぐしゃぐしゃになり、やっとの思いで明るい世界に這い出た私はさながら貞子の気持ちでした。

7P目。
歩き。私のルートファインディング能力のなさ炸裂。

8P目。
コミネムが出だしでスリップしかけ、びっくりした私がコケそうになるというあほな事態。持ちこたえたけど。
中間部もそこそこ難しかった。クラックの途中で体勢変えるのむずい。何度落ちそうになったことか。

9P目。
歩き。私の(以下同文)

10P目。
出だしが地味に悪かった。ジャミング下手なので早く抜けたい&フォローの安心感から、ジャミングの真似事みたいなことして数手耐えてからガバに渾身のデッド。絶対このムーブちがう。笑
そして最後のちっさいスラブも侮りがたし、どうにかこうにか頂上へ…

そして辿り着いた岩のてっぺん。

もう、ね、なんて言ったらいいかわかんない。

ボキャ貧なのでただただ感動したとしか言えない。

景色すごいとか、よく10P登り切ったとか、こんなとこまで自分たちだけで来たんだとか、色んな感情がないまぜになって、2人ともテンションmax。
これあれだわ、彼氏彼女とかで来たらハグしたまま5分くらい経過してそうなやつ。←海外の岩場で良く見る光景ですね

直前まで、かかった時間記録しよう、てっぺんで2人で記念写真撮ろう、なんて色々考えてたのに、全部ふっとんでしまった。

おかげでガスってる写真しかない。笑

ワイドよく頑張った!って言ってもらえたのはじわじわ嬉しかった。
マルチって、想像以上にパートナー重要ね。技術面だけじゃなくてメンタル的な意味でも。
今回のパートナーは、ガメリンやクロヒゲといったベテランではなく、クラック歴2年ちょい。しかも外でザイルを組むのは初、ジムでも1回だけ。おまけに私のクラック&マルチピッチ能力は全くの未知数だったわけで、そんな相手と組んであんな凄いクライミングをしてくれてるんだから、私はフォローだからってロープに頼ってちゃあまりに失礼。てことで普段以上に頑張れた、かな。

まぁそういうのなくても普段からもっと気合い入れて登れよって話なんですけどね!w

回収忘れたものがあったので歩きではなく懸垂下降するも、特にこれといった問題は無し。
どっちかっつーとワイドでへろへろになった足腰での下山がツラかった。笑

ホワイトベルグがしみわたる!たった1缶でほどよく出来上がっちゃうくらいにはヨレきってた。
でも疲労と睡眠不足でハイになってたのかなかなか眠くならず炊事場でうだうだ。眠かったろうに、付き合わせてしまって申し訳ぬ。。
途中まさかの茨城組に遭遇。晩御飯前にもサウザーに会ったし、どこの岩行っても知り合いに会わないことはないね~

投稿ながっ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR