一般的に女性は割と好きだよね

自分へのご褒美とかいうやつ。
そういうこという人ほど大したことしてない印象。

ボーナスだって会社がお情けでくれてるようなもんであってほんとにその額に値するような働きしてる人なんてごくごく一部でしょうよ。
そんなお金でさらに自分を甘やかし何かを買うなんて噴飯モノだと感じるのは私だけなんでしょか。

なんでこんな話をしてるかというともうすぐボーナスシーズンだからではなく(むしろ忘れてた)、RP祝に買おうと思ってたお酒を買う気が起こらない原因をしばし考えてたからです。

3、4ヶ月くらい前までは一生かけて登るつもりでいたルート、さらに言えば半年前までは自分には無関係だと思ってたルートである任侠道。
いつの日か登れたら、papillonか黒龍(大吟醸)買うつもりだった。どっちも高いとこだと1万円弱…

で、皆様ご存知先月RP。

早くも3週間経つが、全然買う気にならない。

ワ~イ(WHY)? 出川か。

あんなに飲みたかったのに。いや、飲みたいのに!

てことで就活生ばりの自己分析。

浮上したのは下記2点。

1.自分へのご褒美という考え方に対する嫌悪感。
そもそも思い返せばもっと早く登れたんじゃないの?そんなんでご褒美とか言ってていいわけ?甘すぎない?
良く言えば自分に厳しく、悪く言えばめんどくさい奴。

この先、振り返るなとか登る気でいるし。あわよくば唐獅子…ゴニョゴニョ
ま、唐獅子こそ万が一登れる日が来たりしたらpapillonと黒龍のダブル祝杯でもよかろう。

2.登れたこと自体がご褒美。
何十回、何百回と落ち続けた核心を難なく止めた瞬間のなんとも言えない高揚感。
長い長い核心を抜けて久々のガバに辿り着いた瞬間の安堵感。
終了点クリップした瞬間の筆舌に尽くしがたい達成感。

加えて、FBやらなんやらで貰えた沢山のいいね(初の200超!)とコメント。
普段やり取りしない人もくれたりして、あぁほんと色んな人が祝ってくれるってなんて幸せなんだろうと思った。

あ、あと私の初代師匠が日本酒贈ってくれたし。
嬉しくて祝任侠道と書かれた包み紙とってある。笑

そして余談だが、

会社は過程なんかなくて結果が全てなんだよって上司が言ってた。
頑張ってるかどうかは自分じゃなくて他人が判断するんだよ、とも。

どちらも同意。

結論:褒美は人から貰うもの。

てことでご褒美絶賛受付中です♡

っつーのは冗談で、ボーナスいくらもらえるんかわからんけどいつか誰かが何かした時のお祝いのために手堅く貯金でもしておこうと思う。

お金はモノよりコト、自分より他人に使った方が幸せを感じるものだとどっかの誰かが言ってた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR