あのときといっしょ

こんなに辛くて悲しくなるくらいならいっそ会わない方が良かったんじゃないかって思わされる別れがある。
翌朝起きて真っ先にその現実を思い出し、一瞬にして体温が2~3度くらい下がったような、視界が一気にくすんだような、そんな気持ちになる。
2年前の今頃だったか、初めてそんな経験をしたけれど、この月曜の朝「あ、あの時といっしょだ」と思った。
そう、この週末は三保子会、今月末にカナダに戻ってしまうみほこさんの送別会でした。

・・・てなわけで先週末も行ってまいりました二子山!(危うくまた泣きそうになったのでいつものノリに戻ろう作戦)
今回は行きはツバサさんと。家一番近いのにお初の組み合わせでございます。車中の会話の99%がクライミングネタっていうね。

GW分空いてしまったけれど、鍼いって実家だらだらが効いたのかいつものアップ【悪魔のエチュード】めちゃくちゃ身体軽い。
日本一かぶってる10Aというだけあって強傾斜+ガバ→身体重いとガバで指もげそうに痛い、but久々にまったく痛くな~い。
あ、ちなみに体重は平常運転です。ミートテックは着脱不可。
最近たまに痩せた?と聞かれるけど顔やつれただけです多分。時折、仕事じゃなくて死事というヴァイさんの名言が思い出される。

んで肝心の【任侠道】。
1トライ目は可もなく不可もなくな感じ。あ、あれ…?ツバサさんにアップ足りないんじゃない?と言われたけどそのとーり。
2トライ目は突然最高高度。ついについに6ピン目クリップホールドの水平カチに手が届いた!が、足滑って痛恨のフォール。「滑った音がしたね」って言われるくらい見事な滑りっぷり。無念。
3トライ目はいつも通り核心で落ち、6ピン目かけた後5手目で落ちる。ランナウトトラバース前の右手アンダーが止まらない。
4トライ目は進歩なし。水平カチ止まったら登れる気がしてたけど、繋げて来て右手アンダー止まる気がしない。せめてもう少し深ければ…あるいはもう少し手汗控えめだったらなぁ。
5トライ目は来シーズンのための動画撮影便、と称しておきながら久々のまともな2テン。動きは一番良かったかも。どんだけアップ必要なんだ私。

・・・てなわけで身体軽いからって調子乗って5トライもしちまいました。
しかも5便目へろへろなんてことはなく、普通にいい動き出来とる。
あのね、まともに5便も出せるくらいならそろそろRPできてもいいと思うんだw

帰りは熊谷組に乗せてもらい恒例シバサンタ亭、からのDog's Nose!なにげにもう4回目?笑
20人ほど集まり、ピュアブラック浮かれぽんち女神三保子様の送別会を執り行いました。
最高以外のことばが見つからないのでここで多くは語らず!

号泣する気しかしなかったので車までお見送りはせず。案の定バイバイしたあと数時間泣き続け目が死んだ。
2次会、3次会も結局ほぼほぼクライミングの話ばかりでしたねー。
ほんと良い岩場だなぁ、二子。最高だなぁ、二子メンツ。マサさんと会えてほんとよかったなー。すべてはそこから始まったからな。

午前4時過ぎにお開き、外に出たらもう空がうっすら明るかったです。笑

日曜は智美様に起こして頂き運転して頂き10時半頃には岩場着。意識高めの茨城組、さすがっす。

二日酔いにならない中途半端な飲みと前日の5便が効いて悪魔のエチュードで指がもげそうだった。
任侠は2便出して終了。無意識のうちにハーネスを脱ぐ拒否っぷり。記念すべき50トライ目、ぐっだぐだでしたw

もう初夏だよ初夏。(投げやり)

夜ごはんは三度目となるダンニャバードにて一番高いセットを頼む。そろそろ二子通い最後かもしれんからねぇ。
尋常ならざる量完食して週末終了。登ったらカレー、これ基本。

そして帰宅して気づいたことがある。

わたし、ピュアブラック(以下略)と写真一枚も撮ってない!!!
おーまい。

ということで今週末は二子を諦め、みほこさま日本ラスト岩場、小川山ボルダーツアーに参戦しようと思いま~す。

任侠RPより女神。らぶ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR