それでも登るつもりだった

えー、前回、「今度こそ、ここからが正念場!!」とかテンション高めな感じで投稿しておきながらなんですが、

やらかしましたⅡ度熱傷つまりは大火傷。

泣きたい…(というか既に2回号泣)

熱湯たっぷり(20リットルくらい?)のバケツ持ち上げたら水面たっぷーんと揺れて大惨事。
よりによって脚の付け根と前腕。
ハーネスはけないし懸垂もできない。
冷静に考えて20kgって無茶やろ!あと80℃ってそんなたいしたこと無いと思ってたけど危険物だわ。

やらかしたの木曜で「良かった、1日挟めば土日行けるやろ」と思ったけど(もはや狂気)、

よく見たら皮はがれてた。
痛みに強いのも考えもんだわ、事の重大さがよくわからない。

部分的に人体模型と化していた。
これはさすがに無理だ、細菌感染する。

もう完全終わったよね。
おいしいよー登る気満々だったんだけどね。
病院行って死んだ皮切り取ってもらって車内戻って声上げて泣いたよね。
はぁ。

そして心折れてようやく気づく。

これけっこう痛いわ!笑

女性は元々痛みに強いというが、クライマーモード入ってるとさらに強化される模様…
クライマーモード解除されて気づいた。これめっちゃ痛いやつだった。

*****

さてこれを機に怪我故障カテゴリ作成してみた。
後学のために記録しとこうと思ふ。

キズパワーパッド信者としては今回も湿潤療法でいくつもり。

だが1件目の病院ではそれっぽいことするもなぜか消毒される。
おいおい湿潤療法で消毒はNGやで。正常な組織まで破壊するので傷をひどくするだけ。
そしてキズパワーパッド的なの貼られたが、Ⅱ度火傷の初期は密封NGが後に発覚。
はい、もうここ来ない!!ヤブ認定。

翌日2件目の病院はちゃんとした湿潤療法やってるけど今度は大げさな感じでパッドあてられる。
ちょっと待ってそれ高いから使用は適正量にとどめてほしいんだけど。
挙句「軟膏ぬるから」と言われ「え?!」と聞き返すと(抗生物質の軟膏はNG)どうやら精製ワセリン的なものらしいけど、言い方w
感じ悪かったわー。はい、もうここ来ない!!

で、元々実家帰る予定だったんで、ちゃんとした医者探してbickyに車で連れてってもらう。
関町内科クリニックというとこ。ここ、とてもいい。
申 偉秀先生がめっちゃいい先生で泣きそうになりました。
てきぱき合理的に説明してくれるんだけどわかりやすくて親切丁寧、医者にありがちな威圧的な態度が皆無。
心身ともに大変ラクになりました。ありがたやありがたや。

なんか回し者みたいな書き方だけど、内科がメインだから私みたいなのが行っても多分ほとんど儲けになってないと思う…
外科じゃないからここで売ることはできないけどAmazonとかで買えるから、って自分で使える資材教えてくれたり。

そうだよなー、ほんとは医者って患者を救いたい気持ちで目指すものなんだよなー。金とか地位じゃなくてさ。

そういう想いを微塵も感じさせない糞医者ばかりで、たまにこういう真の医者といえる人に会うと感動するわ。
3件目で巡り会えて良かった!ちと遠いけど。

あと先生の机の脇に貼ってあったカレンダーがマッターホルンを中心としたツェルマットの写真で地味に感動した。笑
なんだかとっても親近感♡


記録っちゅーことで写真も。
ピントぼけた写真だけども、
グロいのダメな人は見ないよろし。















受傷から3日目。


うで


あし

コメントの投稿

非公開コメント

大火傷

二か月程前からkobicky blogに辿り着いてコッソリ(-_-;) 読ませて頂いてますが今回の余りにも痛々しい衝撃的な画像を見てしまい思わずの初コメをしてしまいました。
傷が傷だけにどうぞ大事に至らぬ様十分な配慮を尽くして下さい。

>Tockyさん
コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
実物は3割り増しくらいグロいです(笑)
何枚も着込んで紫外線の心配がない季節なのが救いです。これ夏だったら蒸れて大変だっただろな〜
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR