お盆の華1

13日の夜、出張から帰る
14日の朝、電車で小川山

佐久平で乗り換えるとき外を見たら雨降っとるw
まぁ元々雨予報でしたが。その予報その日程で行くとか狂ってると褒められる。(褒めてない)

いいんだ、rieさん達北海道組に会うのが目的だから!
と言いつつなんやかんや終日登れた一日目!

まずファンタジー岩なるところで3級、2級、スラブの6級・4級。
スラブってなんでこんな盛り上がるんでしょうねw

生け花ごっこ。この子病んでる!と言われる。やんでないよ。(棒読み)

で、神の瞳のスベスベっぷりに全員1秒以内の敗退。
あれさ、ダム?の、横にあるから、しぶき飛んでくるじゃん?
なんか上からもしぶき飛んでくるねと思ったら雨だったっていう。
っつーわけで湿度敗退だったんじゃないか説浮上。

移動、崩壊岩へ。
ギガントという果てしなく簡単そうな初段やったら果てしなく簡単だった。
まさかの1抜け。

こういう薄被り正対引きつけはマイワールドでございます。
クロスとかヒールとかトウとかそういうカタカナよくわかんないんで。ええ。

腕ふと…

同じスタートからトラバースする1級もやってみたら、こっちのがはるかにムズイやーーーん。
これが1級ならギガントは3級、ギガントが初段ならこっちは二段や。笑

最も悪いホールドが最もヨレた頃に出てきてなおかつ背後には尖った岩が待機してるっていうなんともしびれる課題でございました。翌日のことなど何も考えず打ちまくり、結局誰もできず。よれたw

18時過ぎまで登って、風呂に入りそびれ(笑)、下界にてゆっくり湯船につかりアイス食べて、たき火しつつすぱげっちー食べつつだべる。
途中しげさんのりさん夫婦のとこにご挨拶に行ったらあっという間に1時間くらい経過してた。
数えてみたらこれで会うのまだ4回目!(しかもそのうち3回は偶然の遭遇)
なのにお互いなんとなく長い付き合いみたいな感じがするからクライマー友達って不思議だよなぁ。

うちらのテントサイトに戻ったらもう終了していた。は、はやいよー。笑
たき火の最期を見届け、就寝。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR