血の滲むような努力…

ではなくて咄嗟のハンドジャム。

実物は全体的にもっと赤い(笑)

昨日は栃木県某所に案内してもらう。
凝灰岩、鳳来と同じ岩質か?
垂壁~薄かぶりハイボール多めという大好物な感じ。

…なんてことは到着するまで知らず、
前日東京から宇都宮への終電逃すまで飲み→早朝鈍行で宇都宮へ→駅からチャリ10kmという、登る前に疲れてるパターン。
岩場着いた途端昼寝。

起きて早速2級。(アップしなよ)

ブローのアトンション並フルリーチ

回数重ねる毎に高度のびてます

実際5~6mはあるんだけど…全然伝わらん…

てかブレてるし!笑
たのむわー笑

多くて週1クライマーという堕落しきった私ですが、イブキ(2級)なんやかんや2~3時間でいただき。まじか。
自分よりデカイ男性陣が軒並み敗退というのは、思わず「週1でもいけるんちゃう」と勘違いしちゃうね←調子乗った

次、飛燕(2級)。
オンサイトトライでリップまであと2手に迫る。まじか。
うわ~手ぇ出しときゃ良かった~とは言ったものの、リップまでが果てしなく遠かった。飛燕という名前を侮るべからずw

さすがに敗退。

気持ち良く帰ろうぜ~って隣の3級を触るも、なにこれめっちゃムズイってかホールドどれやねーん。
みんなでムーブ以前にホールドを探すところから始めました。

1人がキョンムーブを発見し完登者が続くも、キョンかますためには手しっかり保持らなあかんやん?
私持てんやん?
できやんやん?

でも秘技「持てないホールドは使わない」戦法により完全独自ムーブで登ったった。
流転(3級)、いただき。

もう完全に諦めてたもう一人もそのムーブ伝授したらでけた。
これにて全員完登!
やっと気持ち良く帰れます。笑

帰り道肉食べて終了。
指先めっちゃヒリヒリする。

この痛さがたまらん( ̄▽ ̄)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR