ニッポンノグレードハキビシイデース

日本ってなんでこんなグレードからいの~~~?
なんでなん、なにがしたいの?
鎖国?

帰国後最初の週末はカサメりました。
日帰りだけども。
岩びたびただけども。
到着してからも軽く振ってたけども。

とりあえず、ちちくりマンボウ10Cでアップ。

なんというか・・・

もう登りたくないランキング不動の一位(笑)

ボルトラインがなんとも。。。
なんでこっちに打っちゃったんかなぁ的なとこ多発により上部でロープの重さ核心(でも絶妙に怖くてクリップ飛ばせないw)
微妙なスラブ地帯とか命取り。おちるかとおもった…
しかも登るというか這い上がる感じ。
石灰岩からの一発目これだとなんかもう花崗岩とかスラブとか嫌いになりそう。涙

気を取り直して、あすか11C
核心2か所、うち1か所はリーチ核心。横に遠かった。
ムーブ考え付くまでに時間かかったわー。
でも取った先ガバなんで、ナナメのふられに耐えつつなんとか2撃…いやぁこれで一日終わるかと焦った。

そして、ギャラクシアン12A
マスタートライ、軽く1時間くらいかかりました。

もうね~~~~~

届かないです。とくにスラブ地帯。
ダイクに立ち上がってって言われても、もうとっくにつま先立ちです!!笑

そして左右かかえこみで登るらしいところは当然できず
(ぎりぎり腕まわるけど、ギリ過ぎて動けない)

いや、リーチあっても難しいってこれ。

なんせ、ほんとに良いホールドが全然ない。
びっくりするわー。

上がれども上がれどもガバが出てこない。
インカットカチすらでてこない。
ひたすらのっぺり。

それが30mほど。

それで12Aかよ!!ワォ!!

Rodellarの7cの下部スラブでひぃひぃ言ってたけどあんなん可愛いもんだわ…
まぁあのルートは上部核心とはいえ、下部もクリップまでなかなかに怖かった思ひ出が。
でもそんなんまるで比じゃなかった・・・

たとえるなら、30m中15mは先月Rodellarでやった7b+の核心ばかりが続く、そんなかんじ。
12Cの核心が延々続く、30mの12A・・・
石灰岩と花崗岩の違いを超越しとるわい。

7A+が12Aくらい、っていう換算、日本には通用しないような。
(ただし鳳来の一部を除くw 卒業は妥当に7bくらいだと思う!)
少なくともカサメリでは通用しませんねぇ。
なんせ十手持ちが11Dだしな・・・あれはムズかった。まぁリーチ微妙に足りんくて皆と同じようにできなかったっていう苦労もあるけど。

別にいいんだけどさー、、、
ここまでグレードがちゃがちゃだと、トライしづらいっす。

帰国したら12B~Cくらいやりたいなーと思ってたけど花崗岩だしなーと抑えて12Aにしたのにこのざま!しょっきんぐ!
何度もう降りますって言おうとしたことか。
何度ヌンチャク残置が頭によぎったことか。

ジムもしかり!!!
グレードからくすると、明らかにそのグレードの実力無い人までもが取りついてハングドッグして大渋滞するからロクなことないと思うんだけど。

うーーーーん。

アプローチびたびたでぢゅるぢゅるで何度もこけそうになり迷子になりかけ、
昨日一日でカサメリの印象が激しく悪くなりました。笑

ま、もちろんまた行きますけどねw

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ちちくりマンボウは素晴らしいルートである。
あのグレードで30メートルのスケールはそうそう無い。
ボルト位置が悪いと思うならナチュプロで登りなさい。
オールナチュプロで無理なく登ることができる。
そうすることでさらにルートの質が上がる。
ギャラクシアンはもともと11Dである。
したがってカサメリではかなり落としやすい12Aだ。
実際この前Nちゃんがマスターで一撃した。
西欧かぶれもほどほどに。
日々精進すべし。

Re: No title

そーか、たしかに、ちちくりマンボウはナチュプロの方がずっとよさそう。
でもボルトルートとして登っても決して易しくなかったから、プロテクションとりまくって結局重くなってなおかつ上部でカム足りなくなりそう私…まぁまずやらないな(こわいから)

そしてギャラクシアンが11Dなことに驚き。
Nちゃんていわれても、、、誰(笑)

とりあえずカサメリのグレードがおそろしいことが改めてよくわかったw
うかつに12とか手ぇ出さんとこ。まずは花崗岩に慣らすとこからやなー。道は長い。。。

あ、

でもプラチナムはやけに登りやすかったな(笑)
同じ12Aとは思えん…

まぁ同じ岩場でも色々あるんやな(笑)
ていう今更な感想。

まんべんなく登れるようになりたいものだ!( *`ω´)
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR