13年間

連れ添った腕時計をおとしました。
(無事拾われて帰ってきたけど)

ベルトぼろぼろで、知らぬ間にはずれてたんですな。

電車・駅では、傘やら指輪やらネックレスやら帽子やらいろんなものをなくしてきましたが
(どんだけ)
今回ほどショックなことはなかった!!!

なんせ小5のなかばに買ってもらった時計ですんで

どこ行くにもつけてたんで(ぼろぼろにも関わらずよくうっかり面接にもつけてった)

13年間っつったら人生の半分以上ですよ

しかも外出時は常につけてたから、
一日の半分はつけてる日がほとんど。

つまり
生きてきた時間の4分の1くらいは一緒だったということですね。

同じぱんつ毎日履きませんから、ていうか何年も履きませんから、
なによりも密着時間が長かったということですね。

そんな物ほかにありません。

そのようなものをなくしたときのショックたるや・・・

特にこれと言って気のきいたたとえが出てきませんでした。

いらん一言によってぐしゃぐしゃになってしまった腕時計を想像してしまい、
駅から家までの帰り道軽く泣きました。

あーほんと見つかってよかった。
早いとこベルト替えに行かねば。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR