AKBからのK2

パンプ秋葉店はまぁグレード崩壊してましたわ。
やけに水色(1級)やってる女のひと多いな~と思ったら、
パン2の3級の方がよっぽどムズイわってね。
ウェルカムグレードにも限界ってもんがあるよ。

まぁ3級一撃が関の山でしたけどね!
遠いんだよ!終了点かすり落ちばっかし。苗。
とりあえず、1級にガバつけんなよ。

で、クライミング映画祭(レイトショー)シリーズ第二弾(ほんとはもっとやってるけど他興味ない)
「K2 ハロルドとテイラー」

なんというか

茶番。笑

岳と同レベル…

滑落したやつがC3?C4?のテントまでキレイに落ちるかよ!とか、
藤岡弘かよ!とか、
藤岡弘のセリフほとんどないのかよ!とか、
あったと思ったら思いっきりカタカナ読みかよ!(「あい あぐりー」)とか、
標高8611mでそんなはしゃげるかよ!とか、
そんなところで運よく滑落したもう一人のやつ見つかるかよ!とか、
しかもそいつが持ってたロープ持ってハロルドのところ戻れるのかよ(吹雪の中そんなあっさり元来た道戻れるかよ)!とか、
骨折して雪に8割埋まってんのにハロルドどんだけ元気なんだよ!とか、
ヘリでそんなすぐ見つかるのかよ!とか、
最後、ヘリ見っけて喜んで終わりかよ!!!!とか。

なんかとにかく話がひどかった。笑

まぁでも前回のはアルパインクライミング、今回のは高所登山、が、どんなもんか知ることができただけよかったのかもしれませぬ。

荷物多いなーとか、ポーターってめんどくさいやつらばっかだなーとか、アッセンダーってこうやって使うんだ!とか、周りのすごい山々が全部自分のいる地点よりも下に見えるということとか、
私の崇拝するK岡さんやBickyの世界をちょろっと垣間見た、のかな?

いくつか印象的だったセリフは、あまりの茶番ぶりに吹っ飛んだ。

いっこだけ覚えてるのは、
物理学者のハロルドが、答がないのになんで実験(?研究?勉強だったっけ?)するのかってこと聞かれて山登りと同じだよって答えたとこ。

たしかにね~
高校以下の内容では、答が必ずあったよね。
あいまいな採点基準の文系科目と違って、わかりやすい答が一つしかない理系科目が好きでした。(ただし証明問
題を除く)

大学以上の勉強は、正直、正確な答がないもんばっか。
で、好きでやってる。(まぁ日本の大学はそうでもない奴らがほとんどだろうけどね。)

ま、んなことどーでもいいんすけどね。

*****

今弟とメールしてて、洗濯物と食器の片づけを頼んだら返事が「はい^^」だった。


かわいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ


保護。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR