ブラックスワン

見ました。
見ちゃいました。
with se。

分類するならば、エロくてスプラッタな追いつめられる系ホラー。
邦画にはこういった衝撃は無いね。
R15だったけど、20でいいんじゃないかい。
まぁでもこの区分て微妙だと思うんだよね。
私の今の人格は9割方12歳で完成しとったし。ゆえに。小5以前はどんな思考回路だったか定かではないけれど小6以降は物

事をどうとらえてどう考えてたか、今とだいたい同じ。覚えてます。

さて。感想としては
・振付師が某カメラマンクライマーO澤氏に似てた。氏の数十年後の姿を見た気分。
・ナタリー・ポートマンのギャラどんくらいなんだろう。R15たるゆえんと思われるあのシーン…アレをアレしてる姿が全世界の映画館の大スクリーンで公開されるんだよ。それに見合う対価が支払われて当然だよなー。
・ブラックスワンの舞台化粧がKISSに見えて仕方なかった。

で、まじめな感想としては

恐ろしく感情移入。

主人公ニナは
突出した才能を持ち、まじめで努力家で、素直を通り越して愚直な、完璧主義者。

まぁとにかく、思い当たるフシがありすぎて…笑

幸か不幸か、私はニナのような非凡な才能は持ち併せていなかったのでニナにならずに済んでるけど。
ってか、ここまで愚直でもクソマジメでもないわ。
まぁそのへんが私が何においてもNo1になれないゆえんなんでしょうけど。

あとは、現実と幻覚の境界線がわからんかった。
ゆえにより一層移入しやすいんでしょうな。
話が展開するほど、どれが現実か相当わかりにくくなってくる。

ただ、2つだけ確かなことは、
ニナの舞台は大成功だったこと、
そして彼女の舞台はそれが最初で最後だろうということ。
ま、この2つは現実なんでしょう。

太く短い人生とはまさにこのこと。

手を差し伸べてくれてるかと思いきや実際は陥れ蹴落とそうとしてくる友達、
自分が成し得なかった夢を娘に投影し追い込む母親、
誰一人、損得勘定無しで心から純粋に喜び祝福してくれる者のいない、一回きりの成功

あまり羨ましいものとはいえないな。


そんな映画。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR