なんか愚痴多いな

9/24(日)
我らは迷っていた。トクさんとボルダーに打ち込むか、他の皆がいるマラ岩に行くか。
我らっつーか私が1人で迷ってたんだけど。折衷案としてルートの道具一式持ってボルダーに出向いたけど結果としてボルダーだけで一日が終わった。笑

せんちょーとかグロバッツとか真面目に打ち込んだことないよねってことでクジラ岩いくもあまりの人の多さにそのままそっと立ち去った。
マットの量尋常じゃないしその割に落ちどころに隙間があったりするしなんかもう近寄りたくない。あと総じて下手…笑
いやエラソーなこと言えた立場ではないんだけどさ、怪我しておおごとになったり岩欠かしたりすんのだけは勘弁してくださいよ。

移動先はビクター。こちらも人がうじゃうじゃ…マットの量(以下同文
岩っつーか人のすぐ近くでプカプカ煙草吸うわ常にiPhone見てるわでなんかもう近寄り(以下同文
トクさんと3人でげんなりしながら「クライミング界ダイジョブか」って何度ぼやいたかわかんないよね。
オメー何様だって言われそーだけどちょっと前までこんな気持ち悪い光景なかったよね。

あと昔ユカジラやガメリンが「ガンバ」とかいらねぇって話をしてたんだけどようやく気持ちがわかりました。
先日【The Two Monks】登ったばっかのトクさんがコンケーブでアップ中に「ナイス!」とか言ってんの聞いた時は苦笑せずにはいられませんでしたよ。
そんななか最近コンケーブでよく落ちる私がおさわりするのは非常に勇気のいる行為でございました。
ま、久々に一発できめたりましたがね。腐っても元コンペティター、ここぞというところで発揮される謎の力。

さて前回悔やまれた「三日月ハングの右手出し」ですが、結論から申し上げますと「助けてチエさん!」つまり全然できやしねぇー。
何度も「右手出ない~!」と言いながら落ちる私に浴びせられる「?」という白い目。
もし「そこ左手出しですよ」とか言われてたら「届くもんなら出してます」って氷の微笑をお届けするところだった。

飽きてきたし人も減ったので【The Two Monks】お触り。
意外にも「豚鼻持って完全に立ち上がるところ」までアッサリ行ってしまったけど問題はそこからですよねわかってます。
案の定リップ(のホールド)遠い。リップには触れてるけど止まるのはもっと奥っていう。
そして少佐のトライ見ててわかるけど、本当に遠いのはリップ止めてから。
そしてそしてそれ止めたら終わりと言いますが正直マントルも見てて怖いっす。
うーむ。でも具志頭のストレートノーチェイサーほどの絶望は無かったので細々やってみよかな。うふ。

もう伸びしろ無いんだけど笑

途中【モファットトラバース】で「これで動けるかッ!」とか遊んでみたりして結局一日居座った。
久々にボルダーが楽しかったな~。

夜ほうとう小作にてたまには違うの頼んでみるかと「おざら」なるものを選んだら、具がほとんどないわ超絶しょっぱいわで残念感ハンパなかった。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR