臨界点突破

もう限界でした。

二子のMissネガティブのわたくし最近だいぶ封印してたのですが、それで色々たまってたのか知らんが昨日登りながら(落ちながら?)ついに涙腺決壊。
ちなみに汗腺は物心ついたころにはもう決壊していた…ってやかましいわ。

ほんと登ってるとき情緒不安定クライマーでスンマセン。

なんなんでしょうこの手は。
どうしてこんなにぬめるんでしょう。
どーしてここまで人と違うわけ?
どうすればいいの?

この手がいけないんだ、この手が。

輝いてるね。その輝き、いらないよ。

一般平均以下の身長とかそれ以上にさらに短いリーチとかその割に体重そんな軽くない体格とか手が小さいとかその割に指太くて短いとかその他もろもろは受け入れた。
頑張ればなんとかなることが多いからね。

だがしかしこの汗腺だけはいかんとも受け入れがたい。
頑張ってもどうにもならんからです。

手汗の恐怖を知らない人は、手に油ぬって登る想像をしてみたまへ。
一生懸命握れば握るほど滑る。どうしろってんだい。

昨日も任侠上部の浅いアンダーでの足上げ、ぬめってすっぽ抜けて吹っ飛び、ガチな悲鳴をあげてもうた。
女子か。いや女子だよ。しかしあんな甲高い声初めて出たわ。

もうね、思いつく対策はすべてやったよ。

色んなメーカーの液体チョークに粉末チョーク、写真の現像液、塩化アルミニウム、カフェイン断ち、手首に冷えピタ、等々。

ワキガではありません。

おかげで今ネットの広告欄が手汗対策ばっかだわ。なんかちょっと腹立つわ。

で、なにひとつ効きやしない。
なんだこれ。

ストレスのあまり昨日は任侠5便も出しちゃったよ。怒りのエネルギーを持ってく先が鬼トライっていうね。
さすがに最後はヨレてたのか、最終クリップ直前のトラバースで久々の大フォール(通称、任侠落ち)。

まぁこれも怖いんだけどさ、手汗のせいで登れない方がよっぽど怖いです。
っつーわけでその時は笑いながら落ちた。頭オカシイ。



もう夏だね。

あぁ氷河期でも来ないかしら。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR