俺の屍を超えて行け

クライミングは見るものじゃなくてやるものだ!でおなじみコビッキーですこんばんは。(なじんでね)
日曜まさかの国体関東ブロック大会の応援に行って参りました。

写真と本文は関係ありません。

見に行くとかないし最後に出たの大学2年だから国体の空気6年ぶり。
もはや成女でも出てる人の半分近くわからない。

それでも想像以上にみんな私のこと覚えててくれてめちゃくちゃ嬉しかった。
一回り近く年下の選手やら二回り以上年上のスタッフやら懐かしい面々。(やっぱり話が盛り上がるのは年上のほうw)

個人競技のクライミングで唯一団体成績を問われる特殊な大会、国体。
生まれて初めて嬉し泣きってのを経験したのは高3の関ブロだったな…
その時の本国体でできた友達に初の海外ツアーに誘われ、そこから外岩に傾倒してゆくこととなる。つまり、今の私につながるというわけ。

レベル的には私が出てた頃よりはるかに高くなっててもはや私クリップせずに落ちるんじゃ?って感じなのだけど、実際見に行ってみると関東といえども未だ数人は「お、大丈夫か?!気をつけて!」ってレベルの選手もいた。
失礼を承知で言うと、予選会参加してたら私出られたかもしれん感じ。

ま、予選があった4月は今よりボロボロだったから出ようなんて微塵も思わんかったし、しゃあないのだが。

それらも含めて、蓋を開けてみるまでわからんのがコンペだと痛感、良くも悪くも。

と、思うと、やはり勝負好きの血がうずうず…

なんかもうね、いつまでも精神的にふらふらしてるのも嫌だしね、なんかちょっと気合い入れ直す時なんじゃないのかこれは?

Y森さんにも「ぼちぼちコンペ復活してくれるんでしょうね!?」と言われたことですし。
別にお呼びではないのはわかってるけど、なんか嬉しいわ!ψ(`∇´)ψ

まぁ有言不実行不言実行なのでこんだけ書いたら書いて満足して終わるパティーンかもしれませんがね。笑

何はともあれ、選手、監督、セッター、スタッフ、その他もろもろ皆様お疲れ様でした。行って良かったよ。やっぱり私はこの世界が好き。戻る戻らないは別として。

タイトルは、まぁ、なんだ、ちょっと盛りました。笑
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR