色々悪循環

そろそろもう聞き飽きたと思いますが祝日がないので土日のみ。まぁ登れないよね。ちぇ。ほんと腹立つ。祝日とか全部土曜とかぶればいいのに。なんだよハッピーマンデーって。せめて半分くらい金曜にしろよ。(※月曜よりは金曜の方が有休取りやすい)

10/7(土)
移動しただけ。まさかここまで水没してるとは。

なんで昼過ぎに出ちゃったんだろう。夜移動で良かった。ちぇ。

ボンゴレ作るのに夫婦そろって冷凍庫のアサリの存在を忘れるという笑うしかないミスをおかしたので、瑞牆に向かう道中唯一と思しきスーパー「やまと」にて買い出し。
この時買ったノンアルが史上最高品だった。大手メーカーのノンアルに必ずと言っていいほど入っている人工甘味料とかそういった類のものが皆無。それに加えて味が良い。

隣にまつぼっくりを置いて秋を演出。

自家製ベーコンとルッコラの炒め物は私担当、スープパスタ風ボンゴレは少佐担当。
どっちも超絶美味かった。
夜はひたすらにソロストーブで枝を燃やし尽くした。

10/8(日)
前日より多少はマシになったのでお登り。【日々の暮らし】とか【普通の日】とか。
【普通の日】の前にマット5~6枚、さらにその後ろに1人1枚風呂マットひいて皆体育座りして観戦しててすごく気持ち悪かった。なにこれ花見会場?どうでもいいけど通り道ふさがないでくれない?
もうそれ見ただけで帰ろうかと思った。

それよりは空いてた【日々の暮らし】をやるも、先週のカラクリに引き続き(別の人だけど)ひたすら岩にチョークパフパフしてる人々が。
先週耐性がついたので落ち着いて注意しようとした矢先、トライしてた少佐が見事なすっぽ抜け落ち。あっ良い実演。
というわけで「岩にチョークつけてもブラシで落とさなきゃどんどん凹凸が埋まってフリクション悪化してすっぽ抜けますよ、今みたいにw」と引き合いに出させて頂いた。
そうなんですね!ありがとうございます!って、ホント知らなかっただけなんだろうけど、なんだかなぁ。考えれば(っていうか実際触ってれば)わかりそうなもんだけど。
実際適度なブラッシング後は次々完登していらっしゃいました。言わんこっちゃねぇw

水戸組と合流、【エレスアクベ】…と見せかけて私だけその右の3級。ラインが見えません!岩の弱点どこ!
あーでもないこーでもないやったけど敗退した。
ワン撃どころの騒ぎじゃなかったぜ。フォト山さんやっぱすごい。名前もついてない3級でそんなん言われても嬉しくないかもしれないけど笑

すーさんがあまりにあっさり登ってしまったのが衝撃的。やっぱすごい。

あと戸田親子とジム仲間と思しき人々がいたけど強いとかそーいうとこに意識がむかないくらいタバコの煙がうざくてかなわんかった。
なんで週末はるばる岩場まで来てけむくてくっさい思いしなきゃなんないんだよ周りの迷惑考えろ。って言いたかったけどもはやそんな元気すらなかった。
最近岩場来ると逆に疲れる。
火気厳禁っていう至極まっとうな情報に今更気づいたので次回元気あったら怒ってやるっ

移動して【夜を待ちながら】2級だっけ?やってみたけど全然できん。もうだめだ。
【瑞牆レイバック】だいぶ前に登ったっきり一度も触ってないから久々やってみようかと思ったけど見てやめた。もうだめだ。
チエちゃんワン撃さすがです。

夜待ちの隣の【スーパークーロアール】?っていう7級?をマットしかずにやってみたら思いのほか上部が怖くて焦った。
登れてよかったです。

明日雨降ればいいと愚痴りながら帰路につき、ロビンにてきむ兄に招待状を渡して任務完了。
だいっつぁんミハエルと5人での晩ご飯めちゃくちゃ楽しかったです。雨とかチョークとかタバコとかで受けたダメージがだいぶ帳消しにされた。
モノレールにも乗れるとかダウンブーツ履いてるからとか名言いや迷言がいっぱい生まれたんですがメモるの忘れた。
なんかよくわかんないけどとりあえずすごい笑った。

〆は連休中日と思えない中央道渋滞。なんやねん。

どこ行っても人人人

10/1(日)
目が覚めて最初の衝撃「えっもう10時半?!」
はい、やらかしました大寝坊。珍しく私の方が死んだように寝てた。おーまい…

土曜は私の希望でカラクリだったんで日曜は少佐の希望で言葉と物、いきなり行くとアップ課題無いからまずは皇帝岩へ。
ついてびっくりジャンボさん一家が。2人とも大きくなってる~そして葉くんが我らと干支が同じ(2回り差)ということにびびった。
そりゃそうかうちら2人とも自分が生まれた時の親の歳超えてますものw
一緒にどんぐり飛ばしたりして遊んだ。たのしかった。
あと超久々のツバサさんにも会った。良かった、クライミングしてたのね。笑

ひとしきりいろんな課題おさわり。
名無しの4級にてこずる。
なんとかギリギリ登ったが後日確認するところによると5年前おそらく1人で来た時にちゃっかり登ってた。
わかってたけどやっぱ昔の方が真摯に取り組んでたな、今回これ諦めそうになったし。
三大登りたいルート(任侠道、スモーキーマウンテン、エクセレントパワー)のうち2本登ってしまってからどうにもモチベーションが上がらない。
エクセレントはシルクはおろかロッキーすら登れていないのでこれまたモチベーション上がらない。
ってボルダーの話とちゃうんかい。ボルダーは登りたい課題特にないからね。はっはは。
はぁ。笑

【フリークエントフライヤーズ】やってみたら後半に絶望。
正規ラインと思しきところに全然チョークついてないのを見ると、皆さま隣の6級に抜けてるんじゃなくて?それ、全然初段じゃなくね?
ただ今回は幸いジャンボさんがラインを示してくれたので「まじか~ムズイわ~」ってなったけど多分これ何の情報もなく登ってたら絶対6級の方に抜けるわ怖すぎる。
「岩の弱点をつきながら登るのがクライミングよっ」とか言いながら。笑
いやしかし上部ほんとなんもなかった。こわやこわや。

少佐が「ちひろさんの登りと直ちゃんの登り似てる」って言ってたのでじゃあ私は誰似?って聞いたら特にいないらしい…
上手い人の真似て登ってみようかしら…

【言葉】とか【物】とかやろうかってことで移動。
が、あのちっさい岩にうじゃうじゃ人が群がってたのでドン引きしてそのままそっと立ち去った。
Oh,ナジメナイ…

んで【指人形】まで移動。
わ~誰もいない、貸切!なんて喜んだのもつかの間、すぐにその理由を知る。

あ、もうこの時間帯終わってるわ。

NUMENUME

10トライくらい試みるも2人してすっぽ抜け連発で身の危険を感じ、撤収。
ぐぬぬ。

出だし少佐、立ち上がり私、最後少佐、って感じで各々得意分野が見事に出てる課題なので、2人で手分けして登りたい心持ち。はい、意味不明。
しかし出だしできないったやばいな。マントル返したことほとんどないから何をどう頑張ればいいのかわからない。

ナイスカラーリング。

夜ご飯はパスタと肴 morimotoにてプチ贅沢。
和風×リガトーニというよくわからない組み合わせでおまかせパスタ頼んだら茄子と鶏の絶品パスタが出てきて感動した。
ここ何たのんでもうまい。

サバ缶とか大葉とかベンゼン環とか

9/30(日)
先週とは打って変わって渋滞知らずにつき10時半発の13時着。
そして今年初、車に積んだのはマット2枚でロープ&ハーネスなし。
そうですヨセミテマルチはあきらめました。ボルダー1本に絞ります。

ひとまず向かうは【黎明期】5級/SDで3級。
水戸組に出会う前の宇都宮時代以来。
SD出来るようになっただろうとタカをくくってトライするも撃沈。調子乗ってすんません。ていうか地面近い課題ほんと好きになれない。笑

しょぼくれて移動、【カラクリ】初段へ。
RP済の少佐による楽勝の再登にやたらと「ガンバ」を連発する妙な先客が気になるが、心を無にしてトライ。(のちに少佐が「俺そんなガンバるとこあったかなぁ」と言ってたのがウケた)
私は昨年惜しい感じだったやつ、とはいえムーブ全然覚えてないから「こうか?いやこっちか!」と思い出し便を何回か。
そしたら例の先客が鬱陶しいのなんのってもう。「左足高いんじゃないですかねー?僕もっと下でしたよ」







「うっせぇバーカこちとら意図があってこのムーブにしてるんだよサイズ考えろこのボケ」と言いたいのを全力でオブラートにくるみ「自分で考えたいんであんまり言わないでもらえますか?」と変換した。うん、わたし、大人。

しまいには「掃除しますよ」と言って岩にチョークをパフパフするという珍パフォーマンスを始めたのでこちらも動揺して全力でブラッシングする対応しかできなかった。
そしてその直後にサラッと登ったった。あ、あっけない…なんだろう、あのアホのせいでイライラしてたから全然嬉しくない。
チョークは滑り止めの魔法の粉じゃないですよって教えてあげるべきだったけども正直それすらできないくらい動揺しました。

瑞牆ってこういう意味わからん輩いないと思ってたんだけど。いつの間にこんっなに敷居の低い岩場になってしまったのか…
その後ちょろっと触った【倶利伽羅】の隣で一人黙々と【竜王】トライしてた無愛想な少年の方が個人的にはよほど好印象。
なんかもう最近「普段は街中どころかジムでも面識ない人には挨拶しないくせになんで岩場だと会う人会う人こんにちはって言ってくるのか理解できない」とまで思う。
思ってたのは山岳部(中学)時代からだけど最近またすごく感じる。薄気味悪いとすら思う。

馴れ合いとか社交的とかそういうのと縁遠い世界に感じたからクライマーは魅力的だったんだが。

排他的だったかつての二子の方が、薄気味悪い馴れ合いボルダラー集団に比べたらずっといい。

あぁ、ツラい。笑

最後にちらりと見に行った【エレスアクベ】の前でフォト山さんに会って若干元気を取り戻した。
次回は明るい時間に出向いてエレスアクベの両隣の3級をワン撃狙いますわ。

日暮れ早くなってきたよねー。

夜は蕎麦の実ときのこのチーズリゾットとポトフ。美味。でもすぐ冷めるくらいには寒い。
時間差で橋本さん、コブさんY花さま、直ちゃんK大くん合流で大爆笑の宴。

当事者しか知り得ない千日の瑠璃ウラ話とかサバ缶グラウンドフォールとか紫蘇を買いに行ったら大葉しか売ってなかった話とかコンタクトレンズをゴミ箱に捨てがたい話とか酔って帰宅してベンゼン環を語りだすとか、ってほとんど某バカ夫婦(褒め言葉)の話やないかーい。
彼らに比べたらうちらなんてかわいいもんじゃないか、と少佐が言うほどのバカップルならぬバカ夫婦っぷりで安心しました。
あと少佐がY花さまに大変感銘を受けていて面白かった。

なんか愚痴多いな

9/24(日)
我らは迷っていた。トクさんとボルダーに打ち込むか、他の皆がいるマラ岩に行くか。
我らっつーか私が1人で迷ってたんだけど。折衷案としてルートの道具一式持ってボルダーに出向いたけど結果としてボルダーだけで一日が終わった。笑

せんちょーとかグロバッツとか真面目に打ち込んだことないよねってことでクジラ岩いくもあまりの人の多さにそのままそっと立ち去った。
マットの量尋常じゃないしその割に落ちどころに隙間があったりするしなんかもう近寄りたくない。あと総じて下手…笑
いやエラソーなこと言えた立場ではないんだけどさ、怪我しておおごとになったり岩欠かしたりすんのだけは勘弁してくださいよ。

移動先はビクター。こちらも人がうじゃうじゃ…マットの量(以下同文
岩っつーか人のすぐ近くでプカプカ煙草吸うわ常にiPhone見てるわでなんかもう近寄り(以下同文
トクさんと3人でげんなりしながら「クライミング界ダイジョブか」って何度ぼやいたかわかんないよね。
オメー何様だって言われそーだけどちょっと前までこんな気持ち悪い光景なかったよね。

あと昔ユカジラやガメリンが「ガンバ」とかいらねぇって話をしてたんだけどようやく気持ちがわかりました。
先日【The Two Monks】登ったばっかのトクさんがコンケーブでアップ中に「ナイス!」とか言ってんの聞いた時は苦笑せずにはいられませんでしたよ。
そんななか最近コンケーブでよく落ちる私がおさわりするのは非常に勇気のいる行為でございました。
ま、久々に一発できめたりましたがね。腐っても元コンペティター、ここぞというところで発揮される謎の力。

さて前回悔やまれた「三日月ハングの右手出し」ですが、結論から申し上げますと「助けてチエさん!」つまり全然できやしねぇー。
何度も「右手出ない~!」と言いながら落ちる私に浴びせられる「?」という白い目。
もし「そこ左手出しですよ」とか言われてたら「届くもんなら出してます」って氷の微笑をお届けするところだった。

飽きてきたし人も減ったので【The Two Monks】お触り。
意外にも「豚鼻持って完全に立ち上がるところ」までアッサリ行ってしまったけど問題はそこからですよねわかってます。
案の定リップ(のホールド)遠い。リップには触れてるけど止まるのはもっと奥っていう。
そして少佐のトライ見ててわかるけど、本当に遠いのはリップ止めてから。
そしてそしてそれ止めたら終わりと言いますが正直マントルも見てて怖いっす。
うーむ。でも具志頭のストレートノーチェイサーほどの絶望は無かったので細々やってみよかな。うふ。

もう伸びしろ無いんだけど笑

途中【モファットトラバース】で「これで動けるかッ!」とか遊んでみたりして結局一日居座った。
久々にボルダーが楽しかったな~。

夜ほうとう小作にてたまには違うの頼んでみるかと「おざら」なるものを選んだら、具がほとんどないわ超絶しょっぱいわで残念感ハンパなかった。

うちだロス

9/23(土)
今気づいたけど秋分の日だったのね。
旗日が休みではない(ついでに言うと月によっては土日休むにも有休)私にとっては土曜と重なるとむしろ喜ばしいw
ちなみに先週末は祝日の月曜だけ晴れててすんごい腹立たしかったです。

朝まで雨だったのを言い訳にいつも通りのんびり11時出発したところまさかの中央道25km渋滞、小川山到着15時。
4時間かかるとか宇都宮から行くより長いわ。

途中ウチッシュに似た車を見つけて「あれうっちーじゃない?!」とか盛り上がってみるけど後から知るところによると色が違った。
もはや内田ロス。うっちーかむばっくーーー!

さて相変わらずの夕方着なので手頃なボルダー。
なんとなく【ギガント】とかの岩に行ったら先客あり。まぁ感じ悪い人たちじゃなかったんで混ざることに。
感じは悪くはないけれど、目ぇ悪くたって間違えようのない超どガバに長々ティックひいたり「1day二段登りたかった~(※ギガント登れてファルコ敗退した模様)」とか意味不明な発言したりしててこちらの気分は悪かったわ。
えっと、1day二段っていうのは二段の課題を1日で登れることですよね?初段×2本=二段ってどういう計算?
まぁそこは別に至極どーでもいいんだけど、課題は面白いのにこういう明らかにグレード狙いの輩が群がってくるのが本当に不快。4級ってついてたら絶対ここ来ないだろw

話を我らに戻しましょうか。
初段とか書かれてるけど甘めに見積もっても3級くらいしかないギガントでアップ。
まぁ落ち(降り)ましたがね!だめだ、ひらけたとこ以外でのボルダー久々すぎてこわい。あの下地を怖いと言っちゃうレベル。これヨセミテ大丈夫?w
5トライくらいかかりました。ひどいね。
うん、やっぱり面白い。いい課題だねグレード以外は。

ほんとは低空トラバースからの背後岩注意な1級、【モンスリー】をやりたかったんだけどさすがにしっとりしすぎててやめた。
リーチ核心でどうにもこうにも見込みがない【ファルコ】の解明にとりかかる。
【ギガント】【ファルコ】ともに瞬殺した少佐も参戦。

皆と逆手を出して持ち替えを試みるも、悪すぎるっ!せめて乾いてる時に!笑
これでできたら正真正銘の初段だろうね~なんて話しながら終了。
ぐぬぬ、また来よう。
完全にホールド無いならまだしも、アレを保持り倒して持ち替えることさえできれば可能性あるんだから。

車に戻る途中で水戸組に遭遇、車移動して近くにテント張って夜ご飯後合流して飲んだ。
ちなみに今回のピザ生地は私が作ったんだが少佐のとは全くの別物で面白かった。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR