接待クライミング②?

2/12(月) 強風、笠置
なんか笠置っていうと恵那の方(笠置山)だと思う人がいるみたいなんだけど腑に落ちない。恵那は恵那でいーじゃん。
京都の笠置は笠置でしかないし、そもそも京都の方が先だし。

というわけで行ってきました笠置。
朝起きると正直岩場行くのもはばかられるほどの強風。とりあえず道の駅で朝ごはん。
たこやき・肉巻おにぎり買ったけどいまいち。新東名SAのレベルの高さを知ってしまった後というのもあり非常に残念な感じ。
出来たばっかの新設道の駅なのに…あ、ほうじ茶みたらし団子とほうじ茶ラテは美味しかったです。

最大限まったりしたところで岩場へ向かう。
駐車場降りてみると風そうでもなくね?と安堵し、岩場に着いてみると風そうでもなくもなくね?と驚愕。
つまり極寒。

山下氏に課題いくつか案内してもらって、とりあえずフィネスの横をてきとーによじよじ。
フィネス再登を試みるも強風にあおられバランスとれず敗退。これ登れる時はあっさりだけどできない時は永遠にできない気すらしてくる。
以前若干可能性を感じた黄色い博多なぞトライしてみるも寒すぎて指が岩を持つことを拒否。0.3秒の離陸が限界。
暖かい時期だとぬめってできないんだが…ここまで寒くても無理とな…

いましーを待つ間、岩場見学に勤しむ。

これがかの有名なReBirthですか。

昼過ぎいましー合流、寒すぎて耳とれる!とか嘆くばかりで結局誰も登らないw
持ってきた昼ご飯を食べ、「撤収!」うちら一体なにしにきたのかw

木津川市のレストランやましろにて昼ご飯第二段。やました+いましろ=やましろw
グラタンうまかった。

てな感じで雨や雪こそ降らなかったものの全然登れない2日間でしたとさ。いや、昼食べてる時降ってたよね雪w
やましろさん次こそ一緒に登りましょう。(ついに2人まとめた)

接待クライミング①

2/11(日) 晴曇、北山公園
SAにて神戸牛感の無い神戸牛肉まんを食べて出発、北山公園まで1時間弱ってとこ。車で行ったことないから駐車場とか全然わからんかったけど普通にわかりやすくあったわ。
まず駐車場にてコボ夫妻と合流。ムスメさん(ちあきちゃん)かわえぇ…!
ほっぺが、もう、ふにっっっふに…!一挙手一投足すべてがかわゆい。
なんかもう今日この小さい生き物に会えただけで満足。

ちょうど4年前の同日に北山公園来てたらしい私の記憶なぞ忘却の彼方なので夫妻に案内してもらう。
とりあえず荷物広げてアップでもするか~ってとこできたやまにあ氏も合流!
これがあの有名な…!と驚くコボさんに何つながりの知り合いなのと尋ねられたけど、考えてみたらまだ会うの2回目とかそんなもんな気がします。笑

超簡単なスラブで足慣らし後、5級のマントルに敗退し、5級(だっけ?)のスラブに敗退した挙句左ひざを強打。いたい…
花崗岩の登り方相変わらずわからんぬ。

で、股フックカンテという、聞くからに怪しげな、もとい、面白そうな課題を教えてもらい皆でセッション。
どこ踏む?いや、どこひっかける?右手出し?左手出し?と試行錯誤するも全然解明ならず。
しかし「ちょいと昼飯休憩」なんてミホさまと戦線離脱してる間にコボさん&少佐が登れたらしい。ぐぬぬ、見たかった。

移動して、過去敗退した木下フェース。またも進歩なし。少佐も敗退。
お次は因縁の(?)アドカン&アドスラ。こちらに至っては退化を感じた。
アドレナリンスラブは少佐のOSトライがいい感じだったけどその高度に再び至ることはなかった。笑
そしてきたやまにあ氏のお手本が圧巻だった。
何なんだこの違いは…!

我らは要修行。。

次、ショーギに行くと見せかけて別のお初の岩。
林トラバースは出だしはちいさいひと有利な足位置、ただしその後がリーチ無し子にはツラかった。後半未解決。
コボさんが後半の核心と思わしきポイントを超えこれは登れたなと誰もが油断した瞬間にトップアウト失敗して降ってきた時は爆笑した。
そしてそのびっくりトライに教訓を得た少佐、後半めっちゃ慎重に上がっていきRP。よかったね笑

で、男性陣3人は飛龍トライ。あまりの要横リーチっぷりに私はトライせず。
さきほどの雪辱を果たすがごとく一撃のコボさん。左手3回くらい飛ばしてたけど後半の2回は見ててヒヤヒヤでした。よく止めたなぁ。
リーチより股関節の硬さに泣かされた少佐がいろんなムーブをひねり出すもどれも微妙な感じ。
1トライごとに微修正してるきたやまにあ氏の登りをガン見する少佐。彼にあんな安定したヒール乗り込みができる日が来るんだろうか。笑

写真以上に傾斜を感じる。

てな感じでなにも登れなかったけど大充実な一日でした。あざした!!
少佐は「もっと色んな話聞けばよかった~」と若干後悔していた模様。まぁ、初の岩場は登ること優先になっちゃうでしょうよ。
てなわけでまた夫婦でお邪魔したく思います。

夜は京都・新福菜館にてラーメンとぎょうざとチャーハン。がっつりいきましたねw
名前を呼ばれたちあきちゃんの低音返事「ハイ。」が超絶ツボった。
未だ我が家で真似が流行しております。

ひじりのねという温泉入って移動して道の駅南山城村にて車中泊。

今年まだ西でしか登ってない

気付けば2018年の岩場は2週置き、すべて関西。
そして2017年度最後の3連休も雨。これにて4戦4敗、悪天率は100%。
なんですかね、登るモチベーション低い奴が3連休とる資格なしってことですかね。つらい。

2/10(土) 雨、移動日
初日雨だもんで前日移動の意味ないよね。それにしても優雅にコーヒー淹れてピエールマルコリーニのチョコを仲良く半分こしたりして、これから神戸まで行くとは思えないまったり具合。一応7時に起きたんだけどw

9時半に家を出て、11時半に清水SA到着・お昼ご飯。
少佐は清水ラーメン、私は参鶏湯ラーメン食べたんだけど最近のSAってごはんめちゃくちゃ美味しいのね。びっくりしたわ。
SA内に伊勢丹なんかもあるし、新東名まじ謎。

本日の戦利品みっひーちゃん。

どうもね、うさぎ飼ってたせいか、ピーターラビットとミッフィーちゃんが大好きなんですよ…えぇ…
いや飼う前から好きだったような気がするので飼ったのはもはや定めだったのか…ごにょごにょ…
犬派?猫派?と問われて躊躇なくうさぎと即答するくらいには大好きです。

そんなこんなでまたしてもまったりしてしまい13時に清水発。
15時半~16時甲賀SAにて休憩を挟む。とメモにはあるんだけどどうやら甲賀SAというものは無い。どこ?笑
で、神戸の焼肉屋「深山」に着いたのが18時。
えぇ、また焼肉です。笑

食べるのに夢中で肉の写真がない。

希少部位なんかも色々あってステキ。普通のタンよりタンスジの方が好みと知った。
ただスープしょっぱかったのと2人で1万円軽々超えたのとカードで払おうとしたら手数料5%上乗せするといわれたのが残念。(※手数料上乗せはカード加盟店規約違反ですよ!)
宮川帰りの「山小屋」の後だとちょいと惜しい感じ。

からとの湯という温泉に行き、漫画読みまくり、せっかく暖まった身体が冷めきったところで車に戻り高速に乗る。
宿ナシだもんで西宮名塩PAにて車中泊。

初日終了。

3連休の呪い

祝日のない会社に転職して1年目、有休でひねり出した3連休まだ3回目。
1回目、雨。2回目、雪。そして3回目の今回、大雪。
もうやだわたしの有休返して。

というわけでナサ崎ボルダー目指して1/20-22波乱のショートトリップ。

1/19(金)
約500kmの長旅なので前日移動。まずは牧ノ原まで。

1/20(土)
浜名湖SAにてあおさうどん&あおさそば&うなぎ飯&餃子というヘビーな朝ごはん、そしてナサ崎エリア立ち入り自粛を知る。
えっ私たち何しにここまで来たの。
土砂崩れによる通行止めに伴いエリア自体への立ち入りを遠慮願いたいとのこと。そのうち復旧予定らしいのでほんとタイミング悪かった。

さて困った、とりあえず豊田でも行くか。
気乗りしなかったこともあり、太田エリアの【北陵 a】に敗退して初日のクライミング終了。少佐は同じ岩の他の課題も登ってたけど。
別のエリアに移動しようとしたがなかなかわからず全然テンション上がらず本日終了。豊田って有名どころは立派な岩多いけど大量にある課題のほとんどが“日本的”なイメージを今回持ってしまった。なんか残念。

早々に切り上げ亀山まで移動。「肉の水炊き むかい」という店にて松阪牛しゃぶしゃぶと亀山ラーメンを堪能。


食ツアー?

どっちもめちゃくちゃ美味しかったんだけどしゃぶしゃぶは単品で良かった。コース選んだがわずかな口取と漬物とデザートがついただけで2000円upはぼったくり以外の何物でもない。
亀山ラーメン、はなびらたけ・はたけしめじ・ひらたけがトッピングされてるのが基本とのこと。これは美味い。
松阪シティホテル泊。

1/21(日)
前日ナサ崎いけないどうしよって嘆いてたら宮川行けばいーじゃんとonoさんから神の啓示(エリア情報)を頂いた。ありがたやありがたや。というわけで宮川ボルダー。松阪から1時間半くらい。ちなみにonoさんからの情報なかったら明らかに道間違えてた。笑
更になんと駐車場で少佐の知り合いに遭遇、案内してもらえることに。ありがたやありがたや。

3級を中心に色々登って大満足。
登れた→タマナツ/エリーゼ/バームロール/古希/ノコ/ぷるぷる降臨/一期一会/はるかスペシャル/(その後ろの無名)/石鹸
ド敗退→あめご/亀/モルモット
10課題以上触ったのなんて久々。ようやく岩登りの楽しさを思い出せた感じ。来てよかったぁ~!

なぜか干し柿。

ついでに夜は宮川から1時間くらいの「焼肉 山小屋」にて松阪牛の焼肉!まじで美味い。肉はもちろん、冷麺は食感モチモチだしスープは野菜モリモリだしすべてがスバラシイ。おまけに毎日ハッピーアワーで17時~20時(だったかな?)はドリンクめちゃ安。ノンアルビール1杯180円ってもう店の経営心配するレベルやわ。



こちらです。

2時間半くらいで刈谷ハイウェイオアシスまで行き、風呂および車中泊。ここ便利だな。

1/22(月)
名古屋コーチンの親子丼を堪能しつつ、まっすぐ帰るか否か悩んだ末、刈谷から30分くらいで豊田着。結局また行ったんかい!
大給城址エリアを見学。前々日の残念イメージと打って変わってミテとかダイヤモンドスラブとかポールポジションとかはやはりかっこよかった。
小雨ぱらつき始めるなか少佐が【こいのぼり】登って終了。車に戻る途中でびしょ濡れ。

そこからは地獄であった。

豊田から高速に乗ったのが午後1時半。
帰宅したのが日付代わって午前1時半。

途中掛川にて静岡おでん食べてたあたりからすでに雪やばくね?という気配。
やばいなんてもんじゃなかった。
東名高速は途中で通行止めになり、1mmも動かない時間が相当あった。
一般道に降りてからも乗り捨てられた車のせいであちこち立ち往生。乗り捨てるくらいならこんな日に運転すんなよ…
てかスタットレスですら滑るのに雪予報の日にノーマルタイヤで出かけるってどんだけ頭悪いの?
あとで知るところによるとノーマルでの雪道走行は違反らしいね。
そんなアホは一発免停でいいと思うわ。軽微な飲酒運転よりよっぽど危ないだろが。

てな感じで超絶ストレスmaxな3日目が終了。
そんな状況でも平静を保つ少佐は神。

パッションと情熱の間

暑苦しいほどに仲良しの双子、九州上陸。

6/4(土) 晴れ~曇のはずだったのに雨
車を少佐のご両親から、マットをjoywallいっぺーさんからお借りして身軽な我ら竜体山へ。
着いたら雨。うん、何これ。

ぬーん。

登れなくても2人で居るだけで楽しいからいいし、とかなんとか言ってるうちに雨降られ癖がついてきた気配。
晴れ男×晴れ女だったはずなのに…多分2人ともテンションクライマーだから登るモチ低いと降るんだな、うん。

マジメに登らずスミマセン。

反省ごっこ。キリッ。

一応クライマーなので濡れてない下部で遊ぶ。


改めて見るとほんとに同じ格好してるんだな(今更)

寒くなってきたのでサーティーワンに避難。
ちょうどダブルの値段でトリプルにできる期間だったので2人で6スクープ。

6分の4が茶色。

少佐:ガミーベアースワール、ポッピングシャワー、チョコレートクッキークラックル
私:大納言あずき、オレオジャモカコーヒー、ロッキーロード
めっちゃ美味しかった。特に大納言あずき。

中途半端な時間ゆえ鳥栖アウトレット寄り道、NIKEのエアマックス購入。
いつも通りの標準装備(上は白、下は赤)なのでオシャンティな店には入れず、結局ナイキとかアディダスとか見て回る。

そして夜ご飯は少佐家にてモツ鍋。
さらっと書いたけどすんごい緊張してたからね、ツアー最終日の本気トライかハイボルダーかってくらいの心持ち。
まぁびっくりするくらい一瞬にして馴染んだけど。

すぐに緊張が解けた要因のひとつ、味覚の一致。
シソ&みょうがたっぷりの鰹のたたきも、野菜多めのモツ鍋も、bickyご飯に限りなく近い。
お、おいひい。なんという安心感。
あれだけ緊張してたくせに「良い食べっぷり!」と言われるくらいにいつも通りの大食い発揮。
だって美味しいんですもの。

加えて、色々話せば話すほどわかってくる価値観の近さ。
少佐と私の双子設定はあながちネタでもなかった説。こんなにも似てるものなのかと驚きを隠せない。
bickyの特徴:愛ある放置と謎の人望。コビッキーの特徴:好奇心旺盛&手先が器用で一人遊びが好きな変な子。
親子ともどもソックリ。もはや面白い。

ビールとワインと日本酒と梅酒と…って実は相当飲んでる!砂糖控えめの自家製梅酒もまた親近感。
途中ハイパーヨーヨーやらけん玉やら懐かしい遊びに白熱したり、幼少時の少佐の話で爆笑させてもらったり、スモークチップもらったり、なんかもうカオス。
一言で表すと、すんごい楽しかった。

気付いたら、3時半だった。

…さ、さんじはん?!笑
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR