穴とムジナのあいだにはー

きょうーもつーめたーい染み出しがあるー
きみーが登ってくーれるならー
僕は悪にーでもーなるーー
(音源:中島みゆき『空と君とのあいだに』)

初めて少佐とカラオケ行ったら驚愕の上手さでビビったを通り越し笑ってしまった日曜日。
はい、クライミングはお休みです。

今まで単に歌上手い人なら居たが、それに加えて似せるのも上手い人は初めて見た。
特に十八番:尾崎豊の15の夜は「私これサビしか聞いたことないと思ってたけど歌い方があまりに似すぎてて実はそれ以外の部分も聞いたことあったと思い出したわ」レベル。
歌そのものではなく歌い方で思い出させるとか最強。

ちなみに私の歌声も想像と違った模様。
夫婦になって一週間。まだまだ知らない面があって面白いねぇ。

つい1年と2ヶ月前までは言葉を交わしたこともないまったくの『赤の他人』だった人が、信じがたいくらいの速さで『他人とは思えない存在』になり、『家族』になった。
なんたる不思議。

書類を提出しただけで特別何が変わったわけではない(氏名変更による膨大な量の手続きは未だ一切手つかず)。
当の本人たちにはあまり実感がなく、FBでの未曽有のリアクション数&コメント数にただひたすら驚き「結婚て凄いことなんだねぇ」とぼやくくらいである。

初めましては昨年2月の下吉田だけど、実はその数ヶ月前に一度小川山で会ったことがある。
一時帰国中のキム兄とクジラ岩で合流した時、キム兄が連れていたのがだいっつぁんと少佐。
当時は「こんなイケメン絶対彼女いるでしょ、好きになったらあかん!あんま見んとこ!」と意図的に見ないようにしてた。

その数ヶ月後だいっつぁんと城ヶ崎行った時、少佐という面白い奴が居てね…と話が出る。
今後ぜひ、ということでついに二子に連れてきてもらうことに。
お2人は土曜夜から参戦、ウッチーと4人で宴会@下吉田。
見た目が好みなのに加えてノリも合うことこの上ない。これは…もう手遅れ。好きになるなという方が無理。
翌朝だいっつぁんに「少佐は今フリーですか」とひっそり探りを入れておいたことは言うまでもない。

とはいえ諸事情あって珍しく慎重になっていた私はとりあえずFBでお友達になることから。ご挨拶程度のメッセージを送信。
まさかその日から同居するまで1年以上毎日続くことになるとは誰が想像できようか。

翌週、日帰りで太刀岡山に行くことに。
予定決めてからハタと「会うの2回目、しかも意識しまくってる相手と素面で丸一日2人きりって大丈夫?!」と不安になる。

が、見事、真逆の結果。
本っっっ当に話が尽きない。誰かとここまでノンストップで話し続けたの人生初。
岩バカの私が登ることを忘れて話し続けるくらいマジで尽きない。朝から岩場来ておきながら1本目は昼頃。
おまけに中高は武道(少佐剣道・私弓道)&バンドとか弟同い年とか共通点が次々出てきて「これは一体どういうことだ」と次第に動揺するレベル。

意気投合具合が尋常じゃない勢いそのままGWの青巌峡ツアーを即決。
知り合って間もない男女2人で北海道1週間、いくら勢いだけで生きてる私でも普通はしませんよ。
まだよく知らない相手といえばそうなんだけど、少佐だけはなんとなく別格な気がした。これは絶対楽しいという確信もあった。

翌々週、3月末の三連休。キム兄、だいっつぁん、少佐、私、の4人でジャンボ家へ。
笑ったり登ったり食べたり飲んだり超絶充実。
相変わらず話の尽きない我ら、2日目の夜は皆が寝静まった後もひたすら喋り通して気づけば明け方4時半。なにごと。

そして運命の最終日。
ムリだと思ってた2級が登れてテンションあがりすぎてアホ全開なところを撮られる私。
夜ファミレスでそのアホ写真をアップしようとした少佐に対し、一世一代の賭けに出た。
「そんな写真アップされたらお嫁にいけないじゃん、アップするなら責任とってよ~笑」

それを聞いた上でアップした少佐。
動揺のあまり、私の手汗はとどまるところを知らない。(たぶん人生最大に流出した)

しかし一年後本当に嫁にもらってくれるなんて。
有言実行した少佐、そして引き合わせてくれたキム兄・だいっつぁんに、ただただ感謝。

そんなわけで婚姻届の証人はこの2人に、と思ったのだがあいにくキム兄は日本不在。
であれば今の私を語るには欠かせないお方、すーさんにお願いするほか無いでしょう!

少佐が"クライマー"コビッキーをカッコイイと思ってくれたのは、水戸組との週末岩通いの賜物。
その中でも特にすーさんから多大なる影響を受けたのは紛れもない事実。
彼が居なかったら任侠も振り返るなも登れてなかっただろう。そしてなんやかんや言いつつも諦めずに挑み続ける精神と肉体を手に入れることもなかっただろう。
その背中を追うつもりで、二子では同じ順番で同じ課題にトライしていった。そして唐獅子牡丹までたどり着いたのが私。

一方、マサさん相手に同じこと(課題のトレース)を試みたのが少佐。
いつでもがっつり楽しんでしっかり登るそのスタイルはまさに我らの理想。ゆえに、結婚にあたりマサさん要素も組み込みたい!
そんな想いを込め、広場で13まで登ってから弓状に行ったマサさんへのオマージュとして、広場の13aつまり好色一代男をケジメのルートに掲げたのでした。

いやー、いいね!笑

話を戻すと、GWの青巌峡は天候に恵まれないながらもそんなの関係ねぇとばかりに大満喫。
その半年後に沖縄・具志頭ボルダーにこれまた1週間行ったのだけど、さすがにこの頃にはエンリョなくモノ申すようになっていた(主に私が)。
が、それでも喧嘩らしい喧嘩にならないのが少佐のスゴいところ。おかげで私もだいぶ人の話を聞けるようになりました。って子供か。


遠距離ながらも毎週末会って毎日連絡とってたこの一年。
一緒に暮らすようになったこの一ヶ月。
時折お互い「ぐぬぬ」と思うところはあれど、これ以上ないくらい仲良く楽しくやっております。

長くなりましたがこれからもバカップルをよろしくお願いします。

ワロスふんすバルス!

滅びよ、負の感情
ラピュタ見たことないけどバルスとか言ってみる

次回へ続くとかもったいぶってみたけど実際たいしたことない内容が続きますよ、ひぁうぃごー
(そういえば前々回のタイトルでyearのrにつられてhalfをharfとタイプミスしてた残念な事実発覚、もう直したけどね)

本題:好きってなんぞや

好きになる条件、みたいなのはある
実は結構いっぱいある、でもそれって結局どれもただのとっかかりに過ぎない
となると行きつくのはシンプルな答え「どれだけ一緒に居たいか」
極論を言えば相手が植物状態になったとしても傍に居たいかどうか
もはや一緒に居て楽しいとかそういうのを超越したなにか
何もしなくても何も話さなくてもただただ隣で手を握って顔を見てるだけで幸せを感じられるかどうか

昔読んだ【クライマーズハイ】の登場人物で植物状態になっちゃう人がいるんだけど、その奥さん、これからは2人でゆっくり過ごせるわねみたいな感じで至極穏やかに受け入れていたのが大変印象的だった
あぁ凄いな、でも赤の他人と一生添い遂げるのならばこのくらい深い愛情を持てる相手じゃないとな、と思ったものよ
当然そこまで思える相手ってそうそう居ないけど、裏を返せばそんな風に思える人と出会えたらそして付き合えたらもはや最強

というわけで現在最強なはずなのに何故もやもやした部分が消えないのかは例によって自分でもよくわからない

ぬーん

話かわってwikipediaの【喧嘩】の項より

【女性は、言葉が達者なので、無自覚なままに男性に対して《言葉による暴力》をふるっていることが多い。女性がその攻撃的な口を閉じることが 夫婦喧嘩防止の有効策である。】

ワロス。バルス。ワロス。

いや、笑ってる場合ちゃうわ。

ちょっと黙ろうか私。

びしょうじょ

微少女
微妙な少女あるいは微かに少女
だから何とか言わないで

またしても雨でキャンプできず

土曜日、クライミングせず一日中家にいるのに買い物くらいしか行かなかったことに対して得体の知れない自己嫌悪的な感情発生
自分でも何をどうしたいのかわからず、どっか行こ?とか映画見る?とか色々考えてくれた少佐にただただ申し訳ない気持ち
クライミングが好きなんじゃなくてクライミングに依存してるだけなんだろうかと考え込んでしまうくらいには重症

ぬーん

ただし低燃費少女ハイジをyoutubeで全話見たおかげでそれ以降はテンション高め

日曜日、前日買った豚ブロックに塩諸々をまぶしてベーコン仕込んでからロスキャニ
私だけセッターによる課題の得手不得手があまりに顕著でやさぐれる
追い打ちをかけるように、助言くれた少佐の言い間違いか私の聞き間違いか定かではないが何故かお互い一歩も譲らず珍しく若干険悪な空気

なんという週末でしょう
つまらないことで喧嘩なんかしたくないというのは互いに不変の共通認識ゆえ事なきを得たのが唯一の救い

ふと【喧嘩】というのをwikiで調べたら【互いに相手に対する怒りの感情を込めた言葉を言い合うこと】と出てきたのでやっぱり私たちは喧嘩しようがないと再確認
少なくとも私が少佐に対して怒りの感情を持つことは有り得ない
怒りの矛先は自分であって、少佐に対して負の感情を持つとしたら申し訳なさとか哀しさとかまぁそんな感じ

てなわけで別に喧嘩したとかじゃないです
にも関わらず久々ダークサイドに堕ちてるのは自分の言語能力というか表現能力の低さを嫌というほど思い知ったせい

文章を書くことを上達させるにはとにかく場数が必要だそうな
15年以上ずっと一日も欠かさず日記つけてるしここ数年ブログもマメに更新してるしそれなりに色々書き続けてきた私は(自分でいうのもあれだけど)「書くこと」であればそこそこ自信がある
就活で選考過程に作文があった会社から後日「作文でマルがつく人はあまりいないんだけどあなたはついてた」と教えてもらい心の中でガッツポーズしたことも

でも「話すこと」は未だに苦手
自分の考えを伝えようと話せば話すほど裏目に出て、それを訂正しようとすればするほど深みにはまる
こんな話しなきゃよかったと後悔すること数知れず
逆に100%の回答を返さなければと思うあまり結局0%しか答えられなかったりしてなんというかもう話すも地獄黙るも地獄、all or nothing 両方アウト

そしてもう一つ、抽象的なことへの理解力欠如がすさまじい
何でも具体化しないと理解できず、そしてそれが逆効果になるのもまた言われるまで気付かず

たとえばどれだけ好きか伝えるために好きなところを列挙してみる
言ってる本人はいくつも挙げることで「好き」を定量化してるつもり、でも言われる方はそれが当てはまらなくなったら好きじゃなくなるのかと逆に世界を狭められているように感じるという割と深刻な認識の乖離
oh,衝撃的

低燃費ってなーにー?
…あっ間違えた、好きってなーにー?

ていう疑問に捕らわれあまり仕事にならなかった今日一日、これが恋の病というやつか…(違う)

そして行き着いた結論は。

次回へ続く。

出逢いと別れの春

この週末は大学同期カップルの結婚式ゆえ変則的

4/16(土) 晴れ
まずは愛車を12か月点検へ。担当のお姉さんが前日付で退社してしまったので寂しい限り。
正直その人がいなかったらこの車にしてなかった。親子そろってお世話になっていたということもあり、この先もずっと担当してもらえる気でいた。
諸行無常はここ数年で一番学んだことなのに、やっぱり未だに突然の変化には慣れない。

そして友達の結婚式。久々のドレスアップ。
買った時意識してなかったけどドレスは安定の赤。
買った時そんな思わなかったけど肩周りめっちゃキツイ。
裂けるかと思った。なんとか乗り切った。

逞しい腕ですこと

ちなみに大学生の時に好きだった人が新郎、一番仲良かった友達が新婦という、個人的には大変しょっぱい思い出のある組み合わせ。
しかし絶望感に満ち溢れていた当時の私に教えてあげたい。あと数年も経てば顔も性格もドストライクな素晴らしい出逢いが待っているよと。

久々に会う2人は9年前の大学時代そのままのノリで、会話の大半がコントのよう。(ん?どこぞの双子のようだ)
変わらないものもあるのだなぁとほっこり。諸行無常を感じた直後だから尚更。
結婚式の常套句に「笑いの絶えない家庭を云々」とあるけど、彼らにとってはそれは決して形骸化した言葉ではなく極めて自然な状態に見える。
幸せをものすごくシンプルに定義するとしたら「2人でずっと笑っていられること」だと思う今日この頃。
この2人は間違いなく最高の組み合わせだろな。いつまでもお幸せに!

もうひとつ印象的だったのが、新郎側も新婦側も会社の人がオモロイ。類は友を呼ぶというやつか。
エライ人の挨拶=つまらないものと思っていたのが、見事イメージ覆された。こういうのも良いな。
余談だけどその挨拶の中で結婚の先輩としてアドバイス的な話になり、挙げられたのは「感謝」。
いつまでも、当たり前のことを当たり前と感じずきちんと「ありがとう」を言える2人であってほしい、と。
まさに最近私たちが話題にしていた内容だったので、じわりと心に沁みました。タイミングってすごい。

そんなこんなでテンション上がってデザートバイキング私だけ大盛り2皿ぺろりと平らげてしまった。
いや、まぁ、テンション関係なく食べてるけど。知ってる。自覚してる。
美味しゅうございました。

明日に備えて2次会を途中で抜け、先日ラジオから奇跡的なタイミングで流れた米津玄師のFlowrewallを聴きながらの幸せな帰り道。
結婚式もかすんでしまうくらいのとんでもない朗報が入って参りました。

まおさん唐獅子RP!

まおさんらしい(?)淡々としたFBの投稿を見ただけで、涙がにじんでしまった。
RPの現場に居合わせたわけでもなく文字情報のみで泣くなんて人生初。
何せ、苦節10年という。泣くよ、そりゃあ泣くよ。
実際に惜しいトライを何度も目の当たりにしてきた身としては、自分のRP以上にぐっと来るものがありました。

私の任侠RP時に居合わせたのは、動画撮ってくれたまおさんとビレイしてくれたちえさんだけ。
私が唐獅子始めたのは、苦節8年ちえさんの任侠RPに触発されて。
そして今回まおさん唐獅子RPの報せによって、私程度のクライマーがたかが50便くらいで音を上げてる場合じゃないと改めて覚悟を決めた次第。

移住前に2人とも登れてほんと良かった!って言ったらそれで尻に火が付いた感じもあるよね~と笑ってらっしゃいました。
それで登れちゃうのがすごいわ。

やっぱり私はOSより打ち込みまくった末のRPが好きだなぁ。
自分が打ち込み型なせいもあるかもしれんけど。

ふと、半年間の研修@北海道の最後の日曜日にダイナマイトボンボンをRPした瞬間を思い出した。
ビレイしてくれたりえさんの涙は一生忘れないと思う。あと、終了点クリップ後「これで帰れる!」と叫んだことも。笑

ギリッギリで登れたことよりも人を感動させる登りができたことが何倍も嬉しくて、またそんなクライミングがしたいとずっと思ってる。

改めて、まおさんおめでとう!そしてありがとう!

bio-hacking開始まであと1週間

めっきり春めいてきましたねぇ。
いや私じゃないです、気温的な意味でです。私は安定の厳冬期です。ってだまらっしゃい。
今年に入って初めて運転中に内循環から外循環に切り替えただけでなく窓まで開けちゃいました。だって暑いとハンドル手汗でぬめって危ないんだもん。

そういや神様ごめんなさいは二子の祠エリアのルートでした。はるばるスペインからyukajira先生が教えてくれました( ´ ▽ ` )ノあざす
二子はホームと大口叩いてるくせに、祠に全く行ってないのがモロバレですね。

さて、あまり知られてないけど実は冬というのは減量に最適な季節なのでした。
寒いなか体温を維持するのにエネルギーを使うからです。
ちなみに私は年間通じて平熱36度後半~37度という、まるでひと昔前の小学生のような体温であるがゆえに、食べてる量ほどは太っていないんだと思います。

てな具合に私は減量マニアなのです。ダテにコンペ時代ドクターストップかかるまで減量してませんよ。
まぁ今より10kg軽かったコンペ時代と今と比べても脚の太さとかはあんまり変わってないんですがね。ってだまらっしゃい。

どのくらい突き詰めていたかというと、のど飴のカロリーが怖くてどれだけ喉痛くても飴舐めず、挙句の果てには切手を舐めて貼ると1kcal摂取することになる(デンプン糊だから)と知って以来絶対に切手を舐めなくなった、そのくらいです。
ヤる時ゃ、とことんヤったるのだぜ。

そんな私が久々に人体実験を開始します。

教科書はコチラ。

わたしがクライミングを始めるきっかけとなった通称"隊長"から、bicky経由で、この本を知る。

朝はグラスフェッドバターを溶かしたコーヒーのみ。
糖質(果物も!)は夜に良質なものをちょこっとだけ。あとは厳禁。
食べていいのは野菜(一部除く)とグラスフェッドの肉と脂だけ。
酒全般ヨクナイ。←これが一番ショッキング

はっきり言ってすんごいめんどくさい。制限多すぎ。そしてツライ。私がこよなく愛するチーズとアイスと日本酒と赤ワインと玄米、全部NG。
そもそもグラスフェッドかつグラスフィニッシュト(穀物飼料を使わず、搾乳or屠殺直前まで牧草だけで育てられた)ってのがなかなか入手できん。

でもやるよ!グラスフェッドバター、Amazonで買うよ!10kg!笑
だってやるならとことんやらなきゃ面白くないでしょう。今までだってそうしてきたもの。0か100か、それが私。完璧主義。

ということで比較するためにここしばらく敢えての高炭水化物生活実行中。

元々岩場でしか米食べない生活だった(平日朝昼ごはんはスムージーと納豆だけ、夜は肉or魚と野菜)のを、朝昼晩、餅や米やパスタやらフツーに炭水化物摂る生活にチェンジ。

まぁ、そこまで劇的には変わんないかな。

ただし、ものすごくお腹がすく。スムージー生活と比較して、何か食べたいと常に思う。そして欲望に忠実に食べると、更にまだ食べたくなる。

スムージー生活で50~51kgだったのが、最近52~53kg。さすがに重すぎる‼︎

あ、なぜ来週からかというと、今週は出張&会社の飲み(不可避)で食生活コントロール不可だからです。
あとこのプログラムは最小単位2週間なのだけど、3/31にこれまた不可避の会社の送別会があるので、2週間プログラム終了後に飲み会参加=糖質&低質の脂肪&アルコール解禁でどんな変化があるのか見たいってのもある。

セルフ人体実験は、去年の任侠RPに向けての手汗制御以来。
あれも色々やったなぁ。

将来の夢マッドサイエンティストだった子供時代を思い出すぜ。
バイオハッカーコビッキー、久々稼働。

上を目指す道はまだまだ沢山あるのです。
あぁ、なんて楽しいんでしょう。にやにや。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR