FC2ブログ

2019年も早くも

24分の1が終わりました…えっ、早くね?
こわい。

乳飲み子かかえてのおせち作りは断念し、そのかわり(?)我が子のお食い初めはオール手作り。

歯固めの石代わりの水晶、花崗岩クライミングうまくなりますよーに

鯛めし美味かった。

そんな感じで日々てんやわんやですが先日ベーキャン行きました。
久々の別ジムは案の定全然登れないね。4級が登れたり登れなかったり。

ドキドキしながら子連れで行ったんだけど、なんと同じく子連れの方に遭遇。6ヶ月の男の子だった。
うちと同じで片親が抱っこしてる間にもう片親が登るスタイル、なので登ってない間も抱っこ係同士喋れて楽しい。全然昼寝しないとか19時寝かしつけ後は0時くらいまで寝るけどその後は朝になるまでに1~2回起きるとか色々共感。

そしてその方は常連さんなのか、色んな人に抱っこしてもらっててリードもやってた。
うーむ、ホームジムがあるといいなぁ。しかもただ常連ってだけじゃなくしばしの間我が子を託せるくらい信頼できる人がいるという…

うちだったら、二子かしら…笑
本気トライ勢に嫌な顔されるかな…(しょぼん…

ベーキャンくらい広いジムだと多少泣いても気にならないのが良かった。登ってる人たちの方がよほど騒がしいので気が楽。笑

偶然ユージさんにも会えて、飯能にできる新しい店舗も広いから子連れでも居心地良いんじゃないかなって言ってもらえて嬉しかった。
機会があれば飯能の方も行ってみたい。

ちなみに娘っこ、恐れていたギャン泣きも寝ぐずりもなく、適度に昼寝してくれて助かった。

私のあぐらベッドで寝る娘。

輪郭がクレヨンしんちゃん。

育休終わったら正直平日登る時間ほぼなくなるだろうけど、腐らず頑張ろう…

2018年振り返り

2017年の総括の締め。
「正直、今ならこのままクライミングやめられそうだなと思った年だった。
と言いつつ2018年の目標はクライマーに戻ること。」

なんたる皮肉。笑

正直、本気でクライミングやめるつもりだった。
13aやら初段やら登ってた状態から一転、腕立て・腹筋の1回もできないところまで堕ちた上に今後数年は自分の時間が劇的にとれなくなる=好きな時に好きな岩場に行けるのが一体いつになるのかわからない、となればそりゃやる気も失せますよ。
でも気づいたら本気のリハビリクライミング始めてた。
クライミング自体を始めた時と同様。その時も、気づいたらハーネスとシューズ買ってた。

というわけで2019年の目標もクライマーに戻ること!笑

1月
瑞浪にて何もできず荒れ放題、思うところあり帰宅翌日に検査して妊娠発覚。
しかし当初の予定通り翌々週も関西遠征、天気悪くて豊田ほぼ見学するだけ・宮川ボルダーは楽しんだが翌日大雪による大渋滞により復路12時間という地獄を見る。
早くも妊娠による味覚変化が起こり、薄味派の私が岩塩をなめたいくらいしょっぱい味を求めるようになった。

2月
またしても関西遠征。車で北山公園まで行くという暴挙。翌日笠置は寒すぎて見学だけで撤退。
食べづわりっぽくなり何故かラーメンにハマる。
子宮の成長に押されて異様にトイレが近くなり夜中に起きるため早くも睡眠不足。

3月
久々に二子行くも全く楽しくない。絶対フォールできないというのはかなりのストレス。もう行くのやめようということに。
歯科検診行ったり美容院行ったり前職の後輩とランチしたり人生2回めのネトラバスティを堪能したり。
8月に臨月とか絶対あかんやつやと思って急いでエアコンを買う。
気づいたらつわりがなくなってたけど他のマイナートラブルに次々襲われる。

4月
頻度は下げたものの相変わらずジムは行く。しかし絶対に落ちられないとなると5級かせいぜい3,4級までしか登れずやっぱりストレス。
胎動がすごい。

5月
というわけでジムももう行くのやめよう。
妊婦としての登り納めはDRTと瑞牆。
胎動が目視できるレベルに。

6月
N海家に遊びに行き、先輩として色々お話を伺う。笑
びちびち動く娘。

7月
産休は8月からだけど20日くらいから有休使って休みに突入。
腹が重い。

8月
早くも保育園見学。
図書館通いの日々。基本、産院と図書館くらいしか行ってないわ。
腹が重すぎる。

9月
予定日よりだいぶ早くおしるし、驚き焦りながらとりあえずものすごい集中力で夕飯を作る。
しかし思った以上に早く陣痛がやってきて焦る焦る。あっという間に耐えられないレベルになるけど産院行ったらまだまだみたいなこと言われて絶望。そこからは以前書いた通りの生き地獄を十数時間耐え抜き、ついに我が子とご対面。
感動とかそういう言葉では表せないよくわからない感覚だった。
というかあまりの痛みと疲労とで意識が混濁しかけてた。
しかし出産に負けないくらい新生児育児も過酷だった。
あまりの痛みと疲労とで意識が混濁する毎日だった。昼夜問わず1時間おきくらいに泣かれてた。
産後うつにも母子無理心中沙汰にもならずに済んだのはただただ少佐のおかげ。

10月
新生児育児の過酷さは続く。
ほとんど記憶がない。
育児記録見たら夜も2時間ずつしか寝てない日々。

11月
ようやく慣れてきて娘が劇的に可愛く思えてきた時期。
というか実際劇的に可愛さが増してきた。
少佐に促され夫婦揃ってジム会員登録、1時間交代のリハビリクライミング始まる。

12月
1時間という時間制限は今までにありえないくらい集中して登り倒す力を養ってくれた。
が、1時間登り続ける体力はついても逆に1時間で力つきる登り方になってしまっていたと気づいた久々の岩。
そして追い討ちをかけるかのごとき御岳チッピング事件。
忍者返し再登を産後の目標にしてたので即刻目標喪失。
朝起きて子供の機嫌見ながら行くかどうか決めて実際に連れていけるほどよい距離の岩場で、かつ、以前それなりに苦労して登った課題、というのは忍者返しくらいだった。
妊娠出産育児はブランクの長さとしても骨格変化としても普通に生きてたら絶対経験しないレベルのリセットをくらう。
もはや自分で自分の状態(どの程度まで登れるか)を判断できないので、「かつて登れた課題」というのはものすごく大事だったのに。

来年は岩場でリードクライミングしたいなー

正しいエンクラ続き

続き。

12/24(月) 御岳
朝起きて強風にビビり、行くかやめるかの逡巡を経て昼前出発。
思ったより風あったけど、結果的に行ってよかった!最近絶好調のK西くん、産前から色々お世話になりっぱなしのN海家、一緒にやろう詐欺で有名なY花様、といった超豪華メンツとの再会。
相変わらずマミ岩の右ラインは登れないし忍者も核心の送りで固まる体たらくだけど、前回よりは多少マシ。
しかしまぁデッドの感覚がわからん。届く気がしないにもほどがある。
意外にもGNKさんが「わかる~、遠征後とか届く気しなくなるよ」と共感してくれて、「しばらくやらないと感覚忘れますよね!」と盛り上がる私。そこへToscoさんの冷静な「いや遠征と出産全然違うでしょ、何も産んでないでしょ」というツッコミが入ったのがツボでした。笑
あと今日は別行動で二子に行ってるという愛しのM也さんについて、弾ける笑顔で「RPの距離感を読み誤ってる」とコメントしてたY花様もツボでした。笑
もうほんと、皆、すき。

そして会うたびに顔つきがしっかりしてくるN海家の姫よっちゃん(娘よりほぼ丸1年お姉さん)、我が娘にそっと触ってくれてたらしい!(少佐談)
何その微笑ましい光景見たかった!いつしてたの?と聞いたら私が忍者やってる時だったそうな。まじかよオカーサンそんな素敵な光景じゃなくて岩見てたのかよ…つらい。

いやーやっぱり岩はいいね。
結局2回とも娘ほぼずっとご機嫌だったし(お外が好きらしい)、あんまり登れてないけど岩登り楽しいし、ロッククライマー面白いし。

まぁ、欲を言えばリードしたいけどねw

正しいエンクラ

嘘だろう前回投稿してからもう1ヶ月以上経つのかよ…時間の流れが早すぎる。
そもそも今年気づいたら夏が終わって冬になってたし。秋どこいった。(※出産と産後1~2ヶ月が辛すぎて本当に記憶がほとんどない)
春夏娘冬。

さてそんなこんなで産後3ヶ月ちょい経ちまして、ついに娘をお外遊びに連れ出しました。
ほんとは初岩場は二子がよかったんだけど、気温やらアプローチやら現実を直視して無難に御岳。
まぁここなら観光地だし、万が一ギャン泣きしてうるせぇと文句言われたりしても「あなたそれ観光客にも同じこと言えるんですか」って切り返せるし、っていうポジティブなんだかネガティブなんだかわからない理由も。

で、久々のエンクラ。純粋に、クライミングをエンジョイ。
巷で使われる「エンクラ」とは違い1トライ1トライが本気、だって次いつ来られるかわかんないしそもそも今日だっていつ娘が手のつけられないほどのギャン泣きするかわかんないし、どんな岩のどんなラインでももはや登るだけで幸せ。
これぞ正しい意味のエンクラ。

12/19(水) 御岳
人多いとつらいから平日を選んだのに、人多ッ。
マミ岩にこんなに人が群がってるの初めて見たよ。皆マミちゃん大好きか。(誰
左のラインでアップして、いまいちよくわかんないけど右のラインここだろうってとこでわちゃわちゃ頑張ってたら先に来て登ってた人が聞こえよがしに「あっまた新しいスタート」とか「あれ何て課題?」とか喋ってて非常に鬱陶しかった。
こちとらリハビリで色んなホールド持ちたいだけなんでそういうのどうでもええわ。ただ「岩登り」しに来ただけだわ。
まぁ登るも何も右のラインは結構ホールド小さくて、産後3ヶ月の指で持てるようなシロモノではなかったんだが。笑
色んな意味でつらい。

とりあえずわかりやすい指標として忍者返しの再登を狙うもまぁ話にならない。うん。
岩の登り方すっかり忘れてるので無駄に1手1手かためすぎて数トライでヨレた。待って、核心まだ先なんだけど。
しょぼぼーんとなりそうだったけど、この日は3児の母と思えないほどの強さと美貌を併せ持つ驚異のママクライマーみつきん様に会えたのでよし。
妊娠出産育児のつらさやクライミングで積み重ねてきたものがリセットされるつらさを分かち合える人に会えてテンション上がりすぎた私、赤子の泣き声の方がマシなのではと思うほどのマシンガントークかましてしまいました。失敬⭐︎

子が起きたのでとりあえずここまで。笑

予防接種トラップ

子の予防接種、一言だけ声を大にして言おう。

「わかりづらッッッ!」

ここ最近知ったこと気づいたこと気になったことメモ。

・1ヶ月=4週間、ではない
各ワクチンが接種可能になるのは「生後○ヶ月」、これは生まれた「月」に単純に足す計算。生ワクチン接種後に次のワクチン接種可能なのは「4週間後」、これは4週間後の同じ曜日から。
この「生後○ヶ月」、1月生まれと2月生まれじゃ計算3日は違うじゃん、ってことは1ヶ月=4週間計算でよくね?と思ったら、どうやら法律でダメ出しされているらしい。生まれ月にプラスして計算しろとな。
仮に1/1生まれの子が生後2ヶ月から可能なワクチンを3/1ではなく2/28に接種すると自費扱いかつ何か重篤な副反応が出た時の保証対象外になるとか。
なにそれしょうもない…と思ったけど、1ヶ月4週間計算で可能にすると計算できない親いるだろな。
そういや産院では1ブロックにつき水20mlを必要とする固形ミルクを使ってたんだけど、前日30ml用意した(2ブロック入れて作って10ml捨てた)親が「次は40ml用意してね」と言われたとき「50ml作って10ml捨てるんですよね」と答えてるのを聞いたのを思い出した。どうやって一発で50ml作るねん。
ちなみにその後助産師さんから40ml作る説明受けてたけど、「そうか濃度違っちゃいますもんね」とこれまたトンチンカンな返答をしていたので、その人の子供が心配になった。

・B型肝炎の予防接種3回目は「1回目を起点とする」
小児科で初めて知りました。だって予防接種の案内には「3回目は2回目から4〜5ヶ月の間隔をあけて」と書いてあるんだもの。起点、違うじゃん!
うちが提示されたのは1回目の20週間後。これ、医者によるんだろうか…

・ロタのワクチンどっちにしたらええねん
1価のロタリックス(2回接種)と5価のロタテック(3回接種)、どっちにするか迷ったわー。
日本では、ロタリックスが2011年、ロタテックが2012年に発売。
ロタリックスは一番多い型、ロタテックは上位5型に対するワクチン。ただしロタは1タイプに免疫がつけば他の型に対しても効果があり、あまり大きな優劣はない模様。
ある程度月齢いくと腸重積のリスクが上がるのでロタリックスは生後24週までに2回接種、ロタテックは生後32週までに3回接種、どちらも初回接種は生後14週6日までと決められている。もちろん低月齢ならリスク0かというとそうではないので、「じゃあ接種回数が多いロタテックの方がリスクに晒される回数が多いってことじゃん!」と焦ったが、どうやらワクチン接種によるリスク上昇は初回接種後21日間とのこと。なのでまぁその点でも各ワクチンであまり大きな優劣はない模様。というか海外の大規模調査(対象3万人・365日観察・ロタテックのみ)では、プラセボ群と比較して投与による腸重積症のリスクの増加は認められなかったという…
経口投与なわけだが、ロタリックスは1回1.5ml、ロタテックは1回2.0ml。内服直後に吐いた場合、ロタリックスは飲み直しが必要、ロタテックは飲み直しは行わないとか。製薬会社いわく1滴でも体内にとりこまれればOKらしいけど。
費用はロタリックス1回14000〜15000円、ロタテック1回9000〜10000円、これも合計ではほぼ同じ。

ていうか調べれば調べるほど微妙に情報違ってて草。
あと接種後10日くらいはウイルスが便に排出されてると注意書きを読んでびびって帰宅後布おむつから紙おむつに替えたけど、それで感染した報告例は今の所ないとな。まぁ考えてみたらそれで感染するくらいならそもそも子が重症やて。

参考URL
http://www.koizumi-shigeta.or.jp/yobou3-18-rota.html#rota_intussusception
http://www.ikomaiin.com/index.php?ロタワクチン
http://www.know-vpd.jp/vc/vc_nw_rota.htm

・経口投与の場合は授乳は接種の1〜2時間前、接種の30分〜1時間後が望ましい
予約時間やその日の授乳時間により、我が家はナチュラルに接種の2時間前・接種の1時間後授乳となっていた。イッツミラコー。

そんなところでしょうか。

うちの最寄り小児科は駅前という立地のせいか1ヶ月先のweb予約が受付開始(午前7時)1分で埋まるレベルなのですが、6時からスタンバって(6時に子に起こされたのでそのまま起きてた眠い)無事2回目の予約をもぎとりました。ふぅ。
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
生活クラブ
Amazon
ICI石井スポーツ
カリマー
アウトドア用品宅配買取
楽天
QRコード
QR