防水マッチが湿気てた件

9/3(日) 珍しく豪華二本立て。
前半戦、まずはボルダー@ビクター with トクさんタラさん。
見たことある人いると思ったらリンボーさんだった。相変わらずゴツかった、そして大量のマットを軽々運んでいた。

いつも通りアップのつもりのコンケーブで5回くらい落ちる(なんか日に日に落ちる回数増えてる)。
からのメインはなんやかんや本腰入れてトライしたことない三日月ハング(私)&two monks(少佐)。
普段は時間中途半端な場合に中途半端な気持ちでトライしてたからちょっと一旦ガチでやろうぜ作戦。

結果、2人とも完登はしなかったものの過去最高更新。特に少佐はトクさんとのセッション効果大の模様!

三日月ハングどうしても左手が届かんぬ…これはもしや短腕族は右手が先?と思って少佐に「右手出すのどうかな」と聞いたら「それは無い!」と一蹴。
しかし後でサイズほぼ一緒のチエさんから「わたし右手先に出したよー、左届かないよね」と衝撃の告白をされる。ほらぁ、やっぱりぃ!!
男のなかでは小さい方とはいえどもコンペと違って岩の前では男も女も関係ないわけで。
やはり160もあれば『「それは無い」というムーブしか可能性がない』なんて状況は無いんでしょうな。
まぁ今までそういう奇想天外ムーブでRPしてきたくせに今更「やっぱ無いかー」と試しもしなかった私はボルダーほんとにヤル気あんのかって感じですけどねw
どうも紐ついてないと保守的。

トクさんタラさん移動するまで、のハズが昼過ぎまで居残ってしまいマラ岩到着遅くなった。
もうアップとかいいだろってことでいきなり久々の【シルクロード】!!!
久々にやると怖い!いや毎週やってた頃から怖かったけど!
あまりの怖さにとりあえず1ピン目(長ヌン)でテンションかけました。たぶん人生初。笑

そっからほぼ各停だったけど縦の核心は進歩あり。
マチコムーブで使うという左ガストンがどうしても私には見つからず(マジでどこ持つんだろう)、えぇいと勢いで行って瞬間芸で寄せたらなんか止まった右回り。
でも真に悪いのはそこからでした。な~む~…降ります。

降りてから気づいたけどロープ結構ヤバかった。笑

切ろうと思ったらライターがない。なぜか少佐もない。俺あるよと言ってくれたすーさんもない。笑
まじか、もう切っちゃったよ。そこでドヤ顔の少佐が取り出したのは…防水マッチ。

マッチでロープの切断面を処理しようってだけでもう充分アレなのに、

なんと、

湿気てる。

おい、防水!

大爆笑しながら結局kinjiさんからライターお借りしましたありがとうございました。

マッチに全部持ってかれたけどこの日ついに【届け手のひら】10cがRPできました。

10年近くかかったくせに扱いが雑!!!

これがほんとのちいさいおじさんか

9/9(土)
昼出発がまさかの渋滞。3時間半くらいかかった気がする。
どこ行く何する~?と延々だらだらしてたらだいっつぁん&ミハエルが通りかかったので便乗してビクター。
マットいらなかったんじゃね?ってくらい人がいた。わーぉ、ジムか。

右端てきとーなの登ってコンケーブでアップの〆をと思いきや落ちる落ちる。
ようやく再登できてさぁ三日月ハングと思いきや雨。
うちら以外の方々の撤収の素早さといったらなかったわ笑
アーバンだねぇ。

アーバンといえばめっきり「最近のジムダラー」っぽさがなくなった少佐。
だいっつぁんが「登りがおじさんになってる…(はッ)…これぞ”ちいさいおじさん”…」とぼやいていたのが地味にツボった。
昭和の登り(ねぇこれ褒め言葉だよね?ね?)と称される私をヨメに貰い、だいたいどの岩場行っても我ら夫婦が最年少、という環境により今の少佐が出来上がったものと思われます。

なぜか【コンパウンド】4級セッションが始まり謎の盛り上がりを見せる我ら4人。
結局登れたのはだいっつぁんだけで、少佐はバラし(というほど手数ないけど)のみ、私は限定解除でカンテ使うも最後のマントルで体上げた瞬間想定以上の水たまりにびっくりしてそっと下降。
完全にスルーしてたけど結構降ってるのね☆

あんまり登れなかったけどめっちゃ笑ったのでよし。
ミハエルの面白さは相変わらずキレッキレでした。
しばらくは10円玉見ただけでフフッてなりそうです。

車のとこで荷物片づけてたらトレビ夫婦とフォト山さんが通りがかった。
ボルダーメインにしようと思ってた来月のヨセミテ、荷物頑張ってでもマルチもやるべきか悩む…

さてさて今晩のご飯は野菜スープとアヒージョですよ~
エビ、イカに加えなんとなく持ってきたツブ貝がすんごい美味しかった。
良い出汁とけこんだオリーブオイルを2人して飲み干したのは言うまでもない。

ワインと椅子持ってH岩家のタープを探してたら水戸組に遭遇、ひとしきりだべってから皆で移動。
思いのほか人数多くて結局そのまま11時くらいまで宴会。
たのしかったわーともちゃんマジ天才だわー笑
最後は我ら2人でたき火の最期を見届けて撤収。

かめむー

週末登らなすぎて更新忘れてた…
というわけで9/3(日)は無念の全力二日酔い。
対照的に珍しく調子よさげな少佐は朝からボルダーでイキイキしとりました。
嫁はテントで寝てました。残念すぎる。

あ、かめむーとはカメムシのことです。byぐっさん。ほんと天才。

午後はお散歩ボルダー@しゃくなげ。
相変わらず【扇子】に1ミリの可能性も感じず。
意外にも(失礼)ぐっさんが一番上手かった、安定感ハンパない!

移動してよくわからないスラブ課題をやった。これ名前もグレードも知らないけどまあいいや。

photo by ツヨポン

自分で思ってたより脚が短くて苦戦しつつもギリギリ一撃。
5級くらい?スラブのグレードよくわからんけど。
見た目より難しくて高さもそれなりで登りごたえあったわ。
→トポ見たら【石楠花遊歩道 6級】らしい…やはりスラブはまだまだのようだ。ぐぬぬ。

謎なタイミングで集合写真!

うちらただでさえ小さいのに一段と小さく写ってる。

移動。マサさんたちはまだ登るみたいだったけど私脱落。
まじでこの週末飲んでただけだわ。笑

草笛で蕎麦食べたかったので佐久回りで帰宅。
くるみ蕎麦はやっぱり美味しかった。

なんか若干不完全燃焼感否めないけど楽しかったからよし。
うちださんワインありがとー。
ありいさん日本酒ありがとー。
最後にコビッキー心の一句をどうぞ。

二日酔い 治ったそばから 酒を飲む

おあとがよろし…くないわ。

もっこりの向こう側

9/2(土) 晴
私10時半少佐12時起床、午前2時まで招待状宛名書いてたせいだと思われ。ねもい。
安定の重役出勤でとりあえず熊谷組のボルダーに混ざりに行く。
そしたら入れ違いで帰るところだったハムスター使いにも会えた。
あとお久しぶりのすーさんにテンション上がり2人して120%の笑顔になったらなんだおまえら気持ち悪いなって言われた、でもそれツンデレだって信じてる。

皆はAITやってるけど私はお呼びでないのわかってるので隣の4級くらいのやつ。
3年前に登ってるはずなのにホールド全然覚えてなくて3、4回かかった挙句上部で本気の狼狽えを披露。
いやぁ怖かった。

他にできるものないしAITに混ざる。
私は全然到達できてないけどリップのキーホールドはもっこりの向こう側だそうです。
あとハリーは色々振り切っちゃってんなーと実感した。笑

クライミング写真ないのでキノコでも。

なんやかんや日暮れ近くまで登ってからこの週末のメインイベント開始。
酔っ払う前に招待状を配って回ったのだけど皆ちゃんと持って帰ってくれたかしら。(不安

それぞれの持ち寄りが毎回豪華になってる気がする。
ナゴ夫婦からは赤ワインとブルスケッタを献上した。両方好評で嬉しい限り。
たしかにブルスケッタは自画自賛できるレベルで美味かった。笑

いつもはほとんど2人だけのキャンプ、正直私はそれもだいぶ気に入ってるんだけど(まぁ新婚ですから!)、たまにはこういう大人数でわいわいやるのもやっぱり大好き。
下吉田閉鎖したりすーさん仕事忙しかったりで特に水戸組は疎遠になりつつあったからなおさら。
幹事シバサンタ&裏幹事マサさん(笑)、ありがと~~~

しかし唯一にして最大の心残りは途中で寝落ちしてしまったこと…!
招待状とか書いてる場合じゃなかった。

しゃきれない

8/27(日) 晴
7時前から子供がうるさくて目が覚める。元気だのぅ…私はもっと寝たかった(遠い目)
前日食べ損ねた玄米を朝ごはんにして優雅なコーヒータイム。うん、合わない☆

そろそろ手のひらが届きそうな気配を感じたような気がしなくもないのでマラ岩。H岩家と我らだけの貸切。
で、屋根タジからの手のひら。

まさかの!

足位置忘れで!

落ちる。

無念。

リベンジを図った2トライ目は暑さで終了のお知らせ。
ミウラーなのに、ぐにゃった。おわた。

なぜかオンサイトトライをモカシムで出してしまった少佐のJECCルートの回収を買って出る。
2年ぶりくらいに触ったところ、途中ミスって1回落ちたもののえらく簡単に感じた。
いや、簡単っていうか多分届け手のひらが難しすぎるんだと思う。笑

なんでグレード逆転してんだろねーって話したけど結論はサイズ差を露骨に感じるため。
あれを2歩でいけるか4歩でもギリギリかってそりゃ相当違うよね、うん。

しかし暑い。できそうなルートがない。H岩家も荷物まとめて移動。
うちらもまったりだべった後同様に片づけました。

しかし時間も早いので再びのビクター。
前日のヨレを感じた。最近しばらく本気で保持って引きつけることなかったからなー…

ってそれだいぶマズくね?
プロフィール

コビッキー

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR