half year

8/20(土) 雨
朝起きて、豪雨。
山梨滞在中の直ちゃんに連絡してみたり天気予報何度も見たりして結局小川山は見送り。
我らダッチオーブンが使えないと晩ご飯にありつけないからな。

てことで日がな一日だらだら。
少佐がだいぶお疲れのようで、不安になるくらいほぼずっと爆睡。

17時過ぎにおやつ食べにカフェにゆく。

少佐は黒蜜きなこ白玉かき氷、私はティラミスかき氷。

とりあえず時間とオーブンレンジがあるのでピザ焼く。

①ブルーチーズ×はちみつ×ローズマリー

②燻りカマンベール×燻りベーコン×バジル

③燻り牛挽肉×ナスとズッキーニ×チェダーチーズ

もちろん生地とトマトソースは手作り。
うんまぁぁぁぁい!!!
もうこの週末これで満足。

そういえばこの日で少佐と出会って半年。
しょっぱなから仲良すぎて正直付き合い始めがいつなのかよくわからないから初めて言葉を交わした2/20をなんとなくの節目のように覚えてた。

あれからほぼ毎週末、金曜夜から月曜朝まで一緒に居るけれども全く飽きず話止まず。
いればいるほど離れがたく、月曜朝のしょんぼり具合といったらもう。

自他共に認めるバカップルだけども当の本人が一番驚いているのは半年経ってなお一度も喧嘩したことがない点。この私が!これだけ一緒にいてこれだけ毎日メールして!
ありえない。

まさに「有難き」こと。

なんて思いながら眠りにつく土曜の夜。

8/21(日) 晴れ
おいおい曇予報じゃなかったんかいってくらいの晴天にもかかわらず灼熱の塩原へ。

着いて車降りて一言「パイセン!これ登る気温じゃないッス!」

お初の少佐に課題案内して回るついでにちょっとだけ靴履いてみる。

頭、腰、肩、背中に引き続き指の痛みを訴える少佐。

とりあえず【後悔 3級】だけリピって終了。この気温この湿度での再登は地味に嬉しい。
少佐は指治してから出直しね。
しかし私毎回ムーブ忘れるな。左左右右左右!

鳥岩の下地がどえらく削れてた。

去年の秋の大雨で、らしい。

【Dライン】なんてもはや離陸不可能。
【鳥】も【ダンニャバード】も上部核心なのにこの下地、もう出来る気がしない。
登れるうちに登っといて良かった!ジムと違って岩場の課題はずっとあるなんて嘘。

あと千だかの水だかの途中に蜂の巣発見。
こわひ。

とても登るどころかそこに居られる気温ですらないのでチーズガーデンに避難。

チーズケーキとチーズケーキとアップルパイとコーヒーゼリーとアイスと。

アジアンオールドバザールなるところへドライブ。
なんか予想をはるかに超えるこじんまり加減につき30分ほどで回りきってしまった。

最大の収穫はコモドドラゴンに乗れたことかな!

帰り道まさかの大渋滞、そっか坊やたちは夏休みなのね。そして那須って観光地だっけね。
まぁ渋滞回避で帰れたけどね。ていうか助手席で寝てたけどね。

そんな感じの普段以上にまったりな週末。

わたしのなつやすみ27 ~後編~

8/14(日) day4 洗濯と買い物
前日ベータからの帰宅が日付超えたために遠出モチベーション急降下、天気良いし普通に洗濯と掃除。時間あるしってことでピザ生地仕込んでからのジョイフル本田。
脱水シートやピートモス、ヒッコリーチップ購入で燻製ライフの充実を、シャブリと獺祭と金しゃちビール購入で晩酌ライフの充実を図る。
帰宅後、少佐はピザ生地とトマトソースを作り、私は具材を燻す。

始めてじゃない共同作業。

何日も前から仕込んでおいた豆腐の味噌漬けを燻り、山椒を乗せ、和製チーズっぽくして獺祭に合わせる。

うんまぁぁぁぁい!

ワインと日本酒とビール、オールスターズ。

写真はないけどラムも開封。

8/15(月) day5 ピーターラビット展
少佐とbickyと3人で行きたかったけど少佐お仕事ゆえbickyと2人で。

お父さんはミートパイ。

連日仕事に飲まれかけてる少佐に何か出来ることはないかと、燻製牡蠣海老蛸帆立&マッシュルームのアヒージョや燻製帆立とアスパラのレモンバター炒め、ジャガイモとバジルのポタージュ等々を作って帰宅を待つ。

自分で言うのもあれだけど相当美味だった。

そして少佐オススメのシャブリが合うのなんのってもう。

正直アヒージョ完食すると思わんかった、ワインは1本飲み干すだろうなとは思っていたが。

少佐のカメラロールの写真たちを2人でわいわい鑑賞してたら午前3時近くなっててびっくらこいた。

8/16(火) day6 パンプ2
朝割と本気で泣きそうになりながら少佐出勤お見送り、華麗なるサプライズ(野菜カレー)を冷蔵庫に忍ばせてから私も実家へ出発。
そしてお盆休み最終日を飾るのは古巣パン2。

人が多すぎてこわい。

超久々のスポートルート、4時間弱で10本でヘロヘロ。
TSUNAMIの12aをオンサイトし損ねた(3手前で落ちた)のが心残り。
ただ不思議なのが昔より「もうダメだ」って思ってから出せる手数が増えてるということ。
単に昔より低グレードで限界感じてるからってだけなのか、岩場のおかげなのかは謎。

すんごいお久しぶりの方、ちょっとぶりの方、色々会えました。
スタッフほぼほぼ変わってて、帰り際カード返してもらうのに「お名前教えて頂けますか?」って聞かれたのが新鮮だった。そうよね、私もう常連じゃないですものね。ここ最近いちばん行ってるのマーブーだわ。(言うても3回だけど)

てな感じであっという間に過ぎ去ってしまった大人の夏休み。
家に帰るまでが遠足です、この台風で帰れるのかしら?

わたしのなつやすみ27 ~前編~

大人の夏休み到来。

8/10(水) day0 仕事からの少佐家
お盆休み前に終わらせたい仕事が若干トラブったせいで予定退社時刻30分オーバー、おかげで道路混んじゃっていつもより30分余計にかかった。
しかし今日から少佐家です、やっほい!

遅くなったから簡易ご飯。

8/11(木) day1 買い物からのジムトレ
立川IKEAで観葉植物その他雑貨購入、また我が家のジャングルが拡張してしまう。
お昼ご飯はザリガニ食べました。とりあえず食べにくい割に身が少ないことにすべて持ってかれて味よく覚えてぬ。エビっぽかった気が。あとカフェラテとカプチーノの違いを検証したために満腹。
次、昭島のアウトドアヴィレッジにてハンモックで遊ぶ。

こわい。

2人してまさかのモカシム購入。

わたくし十数年ぶりのモカシム。

スラブもルーフもミウラーで登るのがシブいと思ってたけど更にその上をゆくのがモカシムかなって(=゚ω゚)ノ
早速マーブーにて履いてみた。かたくてエッジがあって別の靴みたい笑
一通り4級まで登ってアイスカフェラテ飲んで(美味!)、道場参加。

翌日以降とんでもない筋肉痛に見舞われた。

トレーニング後の3-4級ツライ。
でも面白かったなぁ、ほんと良いジムだ。好き。

8/12(金) day2 久々の実家
少佐お仕事ゆえ昼間は久々に実家帰ってbickyとお買い物。

白濁だけでなく赤濁を発見。

パタゴニアセール中だし見に行こうかと言ってたのに、炭酸水1リットルにビール2缶その他諸々で肩がもげそうになり断念。
そして夜は少佐家に戻りご飯作ってお待ちしてました。

ささみの梅紫蘇&紫蘇チーズ焼きは予め片栗粉まぶして茹でてから焼くのがミソ。ぷるぷるジューシー。

8/13(土) day3 パーリヌーンからのジム
お盆渋滞を恐れて外岩行かず、都内で過ごす貴重な土日休み。にも関わらず起き出したの昼近く。
ラーメン食べてだらだらして昼間からワインあけてパーリナイならぬパーリヌーン。

これぞ大人の休日倶楽部。

すっかり遅くなってしまったけどBETAへ。かとぅーさんおのさんトレビまなさんいた( ´ ▽ ` )ノ
一昨日のマーブートレーニング疲れで腹筋を始め全身痛い。3~5級がどうにかほぼ全部登れて喜ぶ。(1つ取りこぼしたけど)

おつよい少佐。

私には1~3級はやっぱ厳しい。あと腹筋がしぬほど痛い。
まぁ、おのさんとだべるのが目的だったからなんでもいいんだけどね。
次はキャンプご一緒しましょう!

KUSANO-Style

不審者とか不審車とか

8/7(日) 晴れ
優雅に燻製コーヒー淹れてたらゆかりさんやら水戸組やら色んな人が通りすがった。
話を聞いてみるとマラ岩方面混んでそう。しかしだいっつぁんショーコさんはバードウォッチングエリア、通りすがりの皆様も行先ばらばら。
いつも通りスロースタートだしどうしようと悩むもとりあえずマラ岩行ってみようということに。

着いてみるとまぁ予想通りの人数。ひとまずカサブランカの前へ。筋肉黒光りマッチョマンが上裸で登っとる…と思ったらヨネさんだった。
前日の鶏の丸焼きとパエリア食べたかった!チーズフォンデュの準備に気を取られ、気づいた頃にはもう皆様寝ておりました。
ヨネさんカオリさんと私が話してるのを横で聞いてた少佐が「俺あのノリ好きだわー」と言うてたので是非とも2人で鳳来行きたいところ。

まずは【龍の子太郎 5.9】でアップ。なぜかC#0.4ではなく0.5を持って行ってしまったため乗っこした後でキャメ決められず。仕方なくナッツかませてみたけど回収時びびるくらいあっけなくとれた。あらこわい。

だいぶ並んで【カサブランカ 10a】少佐から。前回ラスト数mで敗退したので上部オンサイトトライだけど、問題なくサクっと。てことで無事RP。おめ!
私は前回から更に使用カムを1個減らし、ついに9個で登り切った。何ヶ所か進みながらずらしたけど。

そしてメインディッシュ【ジャックと豆の木 10b/c】まずは少佐のオンサイトトライ。
前半乗り切ったらもうあとは頑張れ!と大して役に立たないアドバイスを授けた。
出だしから濡れてるわ小さいカムしかとれないわでだいぶ怖そうだったけど、どうにかこうにか中間部へ。
これはいけそう!とはやる気持ちと、そう見せかけて最後でテンションかける(※前回のカサブランカ参照)のが少佐…と心配な気持ちがないまぜになり、祈るような心持ちでビレイしてた。
結果的にまさかのオンサイト、おめでとーーーう!
なにやら自分が登れたくらい嬉しかったです。

さて、私の番。去年トライした時は「こんなん登れるのかなー」と思ってた。
カム全然きめられなかったり4~5番サイズのとこに全身ねじこもうとしたり下部ぐちゃぐちゃ。正直どう登ったか覚えてない。
必死すぎて前腕パンプしてきて何度もテンション言いそうになったけどその度に少佐のオンサイトトライが思い出されてなんとか耐えた感じ。
後半はフェイス面に若干ホールドあるのだけど、いつまでもフェイス能力に頼ってたら意味がないとばかりに敢えてなるべく使わず行ってみた。
裏を返せばそういうことを考えられるくらい余裕が出てきたということ、てなわけで無事RP!やっほい!

2人そろって登れた嬉しさよ。ふふ。

いいお時間だし2人とも出し切ってるし本日終了。

夜は2週連続の141、会計時「いつもありがとうございます」と言われる。
ま、まぁ目立つよね、双子スタイル。うん。

141出てから「なんか後ろの車が煽ってくる」と話してたらまさかの熊谷組。
セブンでしばしおしゃべり。ちょっとぐっさん、故コビッキーとか言わない!ちゃんと登ってますよ、まったく。

てな感じで色んな人に会えた週末。

しかしなんとユカジラ先生も小川山にいらっしゃっていた模様。ユカジラblogを愛読する少佐、紹介したかったぜ。

あとそのうちゆかりさんとクラックご一緒したいわぁ。

あとあと花崗岩の申し子すーさん&最近成長著しいトクチエ夫婦とも登りたひ。

ていう希望と裏腹にお盆休みは外岩お休みです。久々の少佐家拠点ゆえ中央道、あの殺人的渋滞ほんとムリ。てことでジムめぐりかなぁ。

非売品とか卑猥品とか

8/6(土) 晴れ
我らにしては頑張ったつもりだけど、家を出たのは水戸組が小川山に到着するくらいの朝8時半。
昼過ぎ到着して早速お昼ご飯食べたり、だいっつぁんショーコさんと合流したり、ハチに刺されたり(少佐が)、てんやわんやで気付けば15時近く。
ミツバチ、アシナガバチに続いてクマバチと28年で3回も刺されるなんてよほどハチに好かれてるのね…嫉妬。(違う
ショーコさんや私が持っている簡易型ポイズンリムーバーは無力だと知った。しっかりしたやつ買わねばと思ったけど少佐が持ってるからいいや。
とりあえず大事には至らず一安心。

近場にしておこうってことで親指岩へ。

【小川山レイバック 5.9】再登
相変わらず出だしで発狂寸前。使用カム7個から6個に減った!と喜んでたら少佐は6個から4個に。なにこのひとゴイスー。
滅多にヒモ結ばないというショーコさんもTRで一撃、だいっつぁんは言うまでもなくサクサク。この2人は朝から登ってるので買い出しへ。

【クレイジージャム 10d】4~5テン?
ついにリードで行かせて頂きやした。しかし1時間近くかかったせいで少佐登らず、ごめぬ。。。
もうね、ひどかった。

痛い、怖い、しんどい、もうやだ、疲れた、進まない、カム足りない、出来る気がしない、むしろ出来ない気しかしない、時間もったいない、ほんと申し訳ない、まじで情けない、、、
マイナス感情オンパレード、岩の割れ目に挟まりながら久々ガチ泣き。変態か。
エリアに少佐しかいないのをいいことに感情むき出し。
どこぞの誰かさんに言われた「その歳でそのキャラは痛いよ」という言葉がリフレイン。さすがの少佐もこれは呆れただろうなぁ、こうやって嫌われてくんだな…ふふふ…と諦観する私。

ただ、何と思われようと途中棄権で人に回収を頼むのだけは避けたかった。文字通り血と汗と涙の結晶トップアウト。

こんなパートナーさすがにイヤだよねごめんねと物凄く落ち込む私に対し、嫌いになる理由がないと一笑に付した少佐。神か。神なのかこのお方は。
しかもこうやって自己嫌悪に苛まれてしょんぼりしてるだろうということまで読まれておった。さっきと別の意味でまた泣きそう。
何年一緒にいると思ってるんだ的な空気を醸し出したけど会ってまだ半年経ってぬ。
付き合って半年未満ですらなくて、出会って半年未満。奇跡だ奇跡。幸せすぎてそろそろ事故るんじゃないかと割と本気で心配な日々。

挟まる少佐。

さてさて今日のご飯はシェフ少佐によるチーズフォンデュですよ~。
ソーセージを燻し、野菜と海老をダッチオーブンで蒸し焼きに。
シュレッドチーズと牛乳と片栗粉をあたため出来上がり。
もーーーー美味かったっすわ。

そしてゆかりさんに頂いたタルト!

これはコーヒーに合わせたいけど待てるはずもなく瞬殺。

もう何年も前だけど、ゆかりさんのカム借りてゆかりさんにビレイしてもらってカサブランカを超絶ギリギリで一撃したのを今でも覚えてる。
正直あの頃はボルトルートで手一杯でクラックをマジメにやる日が来ることなんて(それも最高のパートナーと!)、まったく想像してなかった。

クラック本気でやり始めて改めてゆかりさんの凄さを思い知らされる。
とはいえ。
自分が今やっていることのはるか先ではあるけれど、それは断絶された道じゃなくて細く長く続いてる道なんだろうなと、うっすら思う。

そんな週末。
プロフィール

Author:コビッキー
クライミングがないと生きていけない。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR